So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年9月初旬の探鳥 [探鳥]

9月二週目の土日は、晴れて探鳥に出掛けたものの全く成果のない
哀しい二日間となりました・・・。

先ずは例年ならツツドリが見られるN市の公園。
観察できたのは百舌のみでした。

20180920a.JPG

近くの田園では虫を捕えた鷺が舞うばかり。

20180920b.JPG

場所を変え向かった埼玉県の沼でも出会ったのは鷺と、

20180920c.JPG

遠くのセイタカシギのみ。

20180920d.JPG

千葉県手賀沼傍の庭園で出会ったカワセミ。

20180920e.JPG

すぐ傍にもう一羽居たことは、飛んでから気付きました・・・。

20180920f.JPG

此方は翌日向かった谷津干潟。

20180920g.JPG

出会えたシギチはキアシシギのみ。例年ならもっと多くの鳥達を
観察できるはずなのですが・・・。

20180920h.JPG

帰り道、嬉しそうに虫を捕えるシジュウカラに出会いました。

20180920i.JPG

こうした時こそ、じっくりと観察すべき鳥なのかもしれません。

20180920j.JPG

今年の9月はとにかく雨が多いですね。
この三連休もすっきりと朝から晴れる日は少なさそうです・・・。

次回から先週末に出掛けた対馬探鳥を掲載致します。
nice!(13)  コメント(8) 

2018年9月上旬の利根運河 [探鳥]

この三連休はアカハラダカの渡りを見に対馬へ行って来ました。
後日此方でその様子を掲載させて頂きます。

半月前、今月最初の日曜に出掛けた先は利根運河。
雨が上がった昼過ぎにそれっと出掛けましたが、思った程天候は
回復せず、暗い雲が午後も立ち込め雨もぱらつくなど探鳥には
不向きな日でした・・・。

20180918a.JPG

ホオジロは換羽中でしょうか。羽がぼさぼさです。

20180918b.JPG

シジュウカラ。

20180918c.JPG

頭の黒い部分にぽつぽつと白い羽が見えます。セキセイインコは
年配になるとこうした羽が頭に出て来ますが、シジュウカラも同様
なのでしょうか。

20180918d.JPG

ケーン、ケーンではなく、ケッ、ケッ・・・といった感じに短く
鳴いていた雉。

20180918e.JPG

此方は別の個体。尾羽が短いですが、これは今年生まれた個体なの
でしょうか?

20180918f.JPG

暗いですが、チョウゲンボウが獲物(バッタでしょうか?)を掴んでいます。

20180918g.JPG

初秋になると、こうして田圃でチョウゲンボウを見るようになりますね。

20180918h.JPG

一羽、アマサギの冬羽と思われる個体が居ました。

20180918i.JPG

帰りに公園で出会ったコゲラ。

20180918j.JPG

9月に入りはっきりしない空模様が続きますね。
気温も下がったり蒸し暑くなったり・・・早く青空の下、心地良い
乾いた風を感じながら探鳥を楽しみたいものです。
nice!(14)  コメント(10) 

2018年8月末の三番瀬 ~その3~ [探鳥]

この所、東京でも涼しい日が続いています。
このまま秋に・・・と期待するも、週末はまた気温が上がるようですね。
空模様はパッとしないし、鷹の渡りは遅れているのでしょうか。

さて、先月末の三番瀬探鳥を再び掲載です。
この日はキョウジョシギの幼羽個体を複数観察することが出来ました。

20180912a.JPG

20180912ab.JPG

アジサシの群。

20180912c.JPG

20180912d.JPG

多くのカメラマンが見つめていた先に、ぽつねんと一羽。

20180912f.JPG

この秋初のオオメダイチドリです。

20180912g.JPG

その後、この個体はすぐに飛び立ちました。
昼前ですが辺りにはまだ沢山のシギチが残っていました。

20180912h.JPG

9月も半ばとなりましたし、次回からは今月の探鳥を掲載します。
nice!(11)  コメント(10) 

2018年8月末の三番瀬 ~その2~ [探鳥]

今月に入り鳥運に見放されたのか、さっぱり出会いがありません。
ツツドリやムシクイ、サンコウチョウを少しでも見られたらと出掛ける
先々で全く鳥果がなく、出掛ける度にそれが顕著になってきております。
時期も時期でそうした事もあると思いながら、猛暑や豪雨、台風等で
鳥の渡りも変わって来ているのか・・・鳥見を始めて数年経ちますが
こんな初秋は初めてです。

ということで、先月末の三番瀬のシギチ続編です。
この日は長い時間シギチが相手をしてくれました。
すぐ傍までやって来たキアシシギ。

20180909a.JPG

20180909b.JPG

何だか頭でっかちなメダイチドリ幼鳥。

20180909c.JPG

2羽のダイゼンが不思議な動きをしています。

20180909d.JPG

20180909e.JPG

相手の目の前で屈んでは立つの繰り返し。

20180909f.JPG

20180909i.JPG

ちょっとダンスを踊っているようにも見えます。

20180909g.JPG

20180909h.JPG

息もピッタリ。

20180909j.JPG

この2羽は番なのでしょうか・・・。番だとしても秋にここまで
仲良しなダイゼンは初めて見ました。

20180909k.JPG

20180909l.JPG

20180909m.JPG

私が観察しだしてから、時間にして10分くらいはこうした動きを
繰り返し、やがて2羽は離れていきました。
野鳥のこうした動きは興味深いですね。

20180909n.JPG

夏羽と冬羽に移行中のミユビシギ。

20180909o.JPG

20180909q.JPG

20180909p.JPG

次回も三番瀬探鳥は続きます・・・。
nice!(13)  コメント(9) 

2018年8月末の三番瀬 ~その1~ [探鳥]

台風21号は想像を絶する多くの被害を残して去って行きました。
風速50メートル強、車を持ち上げ錨を下した船を動かし屋根を砕き
・・・現実とは思えないニュースの画像をただただ眺める事しか
出来ませんでした。
温暖化が進み、これから益々こうした勢力の台風が増えるのでしょうか。

9月に入り探鳥には厳しい天候が続いています。
以下掲載するのは先月末日に撮影した三番瀬でのシギチ達です。
この日の潮は良くはありませんでしたが、潮干狩り客がいない事も
あってか、比較的長い時間近距離で観察することが出来ました。

先ずはオオソリハシシギ。前回は一羽だけでしたが、この日は数羽
観察することが出来ました。

20180904a.JPG

20180904b.JPG

20180904f.JPG

20180904g.JPG

食べ物探しに夢中です。これから豪州まで渡ることを踏まえれば
栄養を蓄えるのは当然ですが。

20180904h.JPG

この日はオバシギも近くで観察することが出来ました。

20180904c.JPG

見られたのはこの一羽のみ。水浴びも行っていました。

20180904d.JPG

20180904e.JPG

一瞬舞い降りたアジサシ。

20180904i.JPG

片足を怪我していたダイゼン。

20180904j.JPG

この日もミユビシギは多かったです。

20180904k.JPG

久々にシロチドリにも会いました。独特の可愛いさがある鳥です。

20180904ll.JPG

オオメダイ?と一瞬思ったメダイチドリ。

20180904m.JPG

20180904n.JPG

トウネンも居ました。

20180904o.JPG

もう少し探鳥を続けましょう。(その2へ続く)
nice!(14)  コメント(16) 

2018年8月末の公園探鳥 [探鳥]

ぼちぼち夏鳥達も帰路についている頃と先週末の暑い土曜に
向かった先は柏市の公園。
以前は初秋にツツドリも見られた場所ですが、この日は期待した
ムシクイやコサメ、サンコウチョウ、ツツドリとの出会いは
ありませんでした。

それでもカラ類の混群はやって来ました。

20180901a.JPG

20180901c.JPG

久々に出会ったエナガ。

20180901b.JPG

このところ、鷺やシギなど大きな鳥を撮る事が殆どだったせいか
素早いカラ類の動きにカメラが追い付きません・・・。

20180901d.JPG

20180901e.JPG

他に見られたのは物凄い数で群れになっていたムクドリ。

20180901f.JPG

獲物を咥える雀。

20180901g.JPG

11時頃になると気温も上がりカラ類もすっかり姿を隠しました。
そんな中、すぐ傍の庭園で水浴びするカワラヒワ。

20180901h.JPG

幼鳥の姿を沢山見掛けました。

20180901i.JPG

20180901j.JPG

暑そうなカワラヒワを撮っている自分もそろそろ限界とその場を
切り上げました・・・。

20180901k.JPG

9月に入り気温が下がりましたが、今度は空模様がイマイチで
台風もやってきてと探鳥予定が立ちません。
nice!(16)  コメント(10) 

2018年8月中旬の茨城県探鳥 ~その2~ [探鳥]

8月中旬の茨城県探鳥、その2は昼食後蓮田で出会ったイソシギから。

20180826a.JPG

逆光ですが、コチドリ。

20180826b.JPG

遠くにミサゴが居ました。

20180826c.JPG

雉が田圃で夢中になって何か食べていました。

20180826d.JPG

さて、ここからはアマサギです。群でいたものですがまだ綺麗な亜麻色の
羽の個体も居ました。

20180826e.JPG

20180826f.JPG

20180826g.JPG

この夏のアマサギもこれが見納めでしょうか。

20180826h.JPG

20180826i.JPG

何かに興奮しているようなアマサギ。

20180826l.JPG

20180826m.JPG

20180826n.JPG

この田圃では稲刈りが行われている最中で、鷺達はコンバインが反対側へ
行くとサーッとまだ駆られていない稲に駆け寄り獲物を探します。

20180826o.JPG

獲物のバッタを捕えました。

20180826p.JPG

コンバインがこちら側に来ると少し離れて静観、

20180826r.JPG

そしてまた、近付いていきます。

20180826s.JPG

アマサギは、ダイサギの後方をとることが多い様です。

20180826t.JPG

ダイサギは蛙を捕えていました。

20180826u.JPG

虫や蛙は稲刈りが始まると稲穂が残る田圃の中央へ集まるので鷺達に
とっては期間限定の夢の様な食べ放題の狩場なのでしょうね。
此処で栄養を蓄え、アマサギは旅立って行くのですね。
nice!(13)  コメント(10) 

2018年8月中旬の茨城県探鳥 ~その1~ [探鳥]

先週土曜に出掛けた先は茨城県稲敷市。
この日は温度は上がりましたが、乾いた風が心地良かったです。
田園では電線にホオジロの姿。

20180825a.JPG

稲刈りはもうすぐですね。

20180825b.JPG

上空にシギが舞います。

20180825c.JPG

蓮田にはタカブシギ。

20180825d.JPG

コチドリも居ました。

20180825e.JPG

名残の蓮の花。

20180825g.JPG

セセリチョウ。

20180825h.JPG

ヒメアカタテハ。

20180825i.JPG

今回もコジュリンに出会いました。

20180825j.JPG

20180825k.JPG

美しい囀りが響きます。

20180825l.JPG

この日はチョウゲンボウの姿もありました。

20180825m.JPG

幼鳥でしょうか。あどけない表情です。

20180825n.JPG

20180825o.JPG

昼食は稲敷に来た時によく利用させて頂く洋食。

20180825p.JPG

もう少し、探鳥を続けましょう。(その2へ続く)
nice!(14)  コメント(12) 

2018年8月中旬の利根運河 [探鳥]

先週末、南風から北風に空気が入れ替わった金曜に久々に出掛けたのは
利根運河。
運河沿いではぽつぽつ彼岸花が咲き始めていました。

20180822a.JPG

耕地へ出ると強風が吹き荒れており、ムクドリもじっとしています。

20180822b.JPG

上空にシギが舞いました。

20180822c.JPG

強い北風の下、稲穂にセッカ写真は全く撮れませんがアマサギがふわりと
舞いました。

20180822d.JPG

降りた先には数羽のアマサギ。冬羽へと換羽が進んだ個体も居ます。

20180822e.JPG

と、アマサギ数羽が急に飛び立ったと思ったら目の前にチョウゲンボウが
現れました。

20180822f.JPG

久しぶりのチョウゲンボウ、この後物流倉庫の方へ飛んで行きました。
この日は耕地西側に富士山の姿も浮かび上がりました。

20180822i.JPG

それにしても、空気が乾いていると探鳥は楽ですね。
強い日差しが照り付けてもさほどバテません。

その後もアマサギを観察しました。

20180822g.JPG

夏羽個体、冬羽個体と様々です。

20180822h.JPG

20180822j.JPG

20180822k.JPG

強い風で鳥との出会いは少なかったですが、ぼちぼち見納めのアマサギを
じっくり観察することが出来ました。

20180822l.JPG

20180822m.JPG

アマサギも今のうちに栄養を蓄えて渡りに備えないと・・・ですね。

20180822n.JPG

また猛暑が戻って来ました。
この週末はシギチやツツドリとの出会いを期待したいところですが
無理のない探鳥を心掛けましょう。
nice!(13)  コメント(12) 

2018年8月中旬の三番瀬 ~その2~ [探鳥]

昨日は乾いた涼風の下探鳥へ出掛けましたが、田園のシギチはまだ
これから・・・といった風情でした。
稲刈りも始まっていますし、今週末以降に期待ですね。

先々週の土曜に出掛けた三番瀬探鳥の続きです。
少しの間、同じ動きをしていたメダイチドリ二羽。

20180819a.JPG

20180819b.JPG

兄弟なのでしょうか・・・。

20180819c.JPG

ミヤコドリが獲物の貝を見付けました。
潮干狩り客が「サッパリだねぇ~」と言っている中、流石です。

20180819d.JPG

嬉しそうに誰も居ないところへトトトト・・と急ぎ足で移動していきます。
ウミネコが羨ましそうに見ているような。

20180819e.JPG

この後、くるりと背中を向けて食べ出しました。

20180819f.JPG

ダイゼンもお食事中。

20180819g.JPG

ちょうど雲が掛かった時に飛んだコアジサシ。
一羽が獲った魚をもう一羽がねだっているようにも見えました。

20180819h.JPG

干潟に一番乗りしたキアシシギは長い時間バーダーを愉しませてくれました。

20180819j.JPG

次の大潮の頃は更に多くのシギチが集うのでしょうか。
ちょうどその頃台風20号がやって来るようで其方が心配です。

20180819k.JPG

最後に、この日一羽だけ居たアオアシシギかなと思われるシギの飛翔。

20180819l.JPG
nice!(15)  コメント(14)