So-net無料ブログ作成

2019年5月初旬の谷津干潟 [探鳥]

GW終盤に暫くご無沙汰の谷津干潟へ出掛けました。
葦原ではオオヨシキリが盛んに鳴いています。

20190515a.JPG

この日はまだ見られたコガモ。

20190515b.JPG

潮が引くのをまっているシギ達。

20190515c.JPG

チュウシャクシギが蟹を捕えました。

20190515e.JPG

20190515f.JPG

次から次と捕えては食べます。

20190515g.JPG

此方の個体はかなり大きな蟹を捕まえました。

20190515h.JPG

振り回して足を落としていましたが、結局大き過ぎて最後は
食べるのを諦めていました。

20190515i.JPG

観察小屋にも回りましたが、クイナの後ろ姿をちらっと見ただけに
終わりました。

20190515j.JPG

ダイサギの婚姻色が綺麗です。

20190515k.JPG

最後はキアシシギに出会っておしまい。
ぼちぼち春の渡りも終盤でしょうか。

20190515l.JPG
nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年春の粟島探鳥 ~その4~

粟島探鳥最終日、4日目もコマドリの囀りで目覚めました。
今回はコマドリ、コルリの囀りはあちこちで聞いたものの結局カメラに
収められなかったのが残念ですが、次回への愉しみにとっておきましょう。

早朝、内浦の海岸線を歩いていると電線の上に一羽のムクドリが。

20190513a.JPG

ギンムクドリです。(暗かったので画像の露出をあげています)

20190513b.JPG

そして此方は滞在中いつも同じ付近にいたムシクイらしき鳥ですが
最後まできちんと撮影出来ず何だか分からなかった一羽。
(家族はこの付近でヤブサメを綺麗に撮っていました)

20190513c.JPG

20190513d.JPG

オオルリの雌も発見。

20190513e.JPG

この付近で「ジュウイチ~」らしき声が聞こえたのですが、果たして
それがジュウイチだったのかどうかは不明です。

屋根の上にはクロツグミ。雌個体は最後まで観察出来ませんでした。

20190513f.JPG

シメ。

20190513g.JPG

毛虫を道路で拾い上げ素早く樹上で食べるオオルリ。

20190513h.JPG

今回は弁天様付近で多くのオオルリに至近距離で出会いました。

20190513i.JPG

美しい鳥なのでついつい何枚も撮影してしまいます。

20190513j.JPG

20190513k.JPG

昨夜、更に別の群が入って来たのか、ひとつの木に数羽のオオルリが
とまっていたりと、この日もオオルリの数は多かったです。

20190513l.JPG

20190513m.JPG

ウグイスは地鳴きや、食べることに夢中の個体が多かったです。

20190513n.JPG

此方は昨日見た第一回夏羽のキビタキでしょうか。

20190513o.JPG

オオルリ雌。

20190513p.JPG

遠くにセンダイムシクイ。
今回は緑が濃く、ムシクイ撮影には苦労しました。

20190513q.JPG

最終日になってカワセミと遭遇しました。

20190513r.JPG

イソシギも島では初見です。

20190513s.JPG

今日もイソヒヨドリは綺麗な声で囀っていました。

20190513t.JPG

正午過ぎで日差しが強く上手く撮影出来なかったマミチャジナイ。

20190513u.JPG

いよいよ高速船出航の時間が迫っています。ぼちぼち港へ向かわねば、と
その時、目の前にシジミチョウを路上で追うオオルリが登場。
その後枝にとまったところを感慨深く撮影しました。

20190513v.JPG

最後の最後までオオルリに愉しませて貰った探鳥となりました。

今回は、3泊4日と今迄で最長の滞在でしたので例年より余裕を持って
鳥見を楽しむ事が出来ました。
滞在中は、多くのバーダーの方に情報を頂きとても参考になりました。

また、宿泊先の料理は相変わらず美味しく、酒の肴系も充実しており
毎晩日本酒4合瓶をふたりで1本空けてしまいました。
(その前に瓶ビールも1本)

親切にお声掛け頂いた島の住民の方々、また情報を頂いたバーダーの皆様に
改めて感謝致します。有難うございました。

最後に、粟島探鳥にあたり今年もこちらのブログを参考にさせて頂きました。
島でも色々情報を頂き誠に有難うございます。
また来年も島でお会いできる事を愉しみにしております。

粟島は、珍鳥だけを効率よく見たい方には不向きかもしれません。
でも、日常を離れゆっくりと島の雰囲気を愉しみつつ、冬鳥、夏鳥、そして
幸運だったら島ならではの渡り鳥に出会い、探鳥後はゆっくりと湯に浸かり
疲れを癒し、ビールで喉を潤し、島ならではの魚料理、春なら山菜を堪能
したい方にはお薦めの探鳥地です。

長い探鳥記、お読み頂き有難うございました。
nice!(12)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年春の粟島探鳥 ~その3~ [探鳥]

粟島探鳥2日目の午後は、親切なバーダーのお蔭でシロハラホオジロに
出会い写真を何枚も撮ることが出来ました。

20190509z10.JPG

少々暗い場所ではありましたが、栄養補給に夢中のシロハラホオジロを
じっくり観察。

20190509z11.JPG

正面顔もユニークです。


20190509z12.JPG

20190509z14.JPG

シロハラホオジロに別れを告げ、内浦の牧場近くで探鳥を続けましたが
暗い空は更に暗くなり霧雨が降り出しました。
最後にキビタキを撮影し、今日の探鳥は終了です。

20190509z15.JPG

3日目の朝もコマドリの声で目覚めました。この日は朝から快晴ですが
強風で高速船は欠航しました。でも、粟島⇔岩船間はフェリーがあるので
春に全面欠航することは少ないかと思われます。

早朝、内浦の畑ではこの日もアオジが沢山居ました。

20190511a.JPG

アトリも数個体観察。

20190511b.JPG

キマユホオジロも一瞬姿を見せてくれました。

20190511c.JPG

でも、一瞬過ぎて良い写真は撮れなかったのが残念です。

20190511d.JPG

キマユホオジロの次は、コホオアカがやって来ました。

20190511e.JPG

此方もなかなか良いところにはとまってくれません。

20190511f.JPG

それでも、なんとか姿をカメラに収められて何よりです。

20190511g.JPG

畑にはカシラダカやシメも勿論健在。

20190511h.JPG

20190511i.JPG

今日もツグミの姿はあちこちで観察できます。

20190511j.JPG

電線の上で強風に耐えるイソヒヨドリの雄。

20190511k.JPG

ノジコかな?と期待した個体ですがアオジですね。

20190511l.JPG

此方は屋根の上で囀る別のイソヒヨ。何だか怖い顔です。

20190511m.JPG

キビタキの雌も出て来ました。

20190511n.JPG

すぐ目の前に現れたイソヒヨの雌。

20190511o.JPG

朝食後は今日も頑張って坂道を歩き牧平に向かいます。
と、道路に茶色っぽい鳥が下りました。

20190511q.JPG

キビタキの雄ですが、まだ幼羽がかなり残っている個体です。

20190511r.JPG

これはきっと、第一回夏羽なのでしょうね。

20190511s.JPG

樹上にはムシクイの姿。例年より暖かいのか緑が濃い木も多く今年は
ムシクイの撮影には苦労しました。

20190511t.JPG

牧平の畑では、ジョウビタキ雌の姿が見られました。

20190511v.JPG

今回の粟島ではこの一羽のみノビタキを観察しました。

20190511w.JPG

親切な方にマミジロタヒバリの存在を教えて貰いました。

20190511u.JPG

確かに眉が白いです。

20190511x.JPG

ヒバリとは言え、体躯はスラっとしていますね。

20190511y.JPG

雄のベニマシコも一羽観察。

20190511z.JPG

アトリも居ました。

20190511z1.JPG

タイワンハクセキレイかな・・・?と思った個体っですが、此方も
普通のハクセキレイでしょうかね。

20190511z2.JPG

風は更に強くなり、カメラを構えてもブレ気味になってきました。
内浦に戻る途中出会った蜥蜴。あちこちでカサカサ動いていました。

20190511z3.JPG

この日はオオルリの姿は少なかったです。昨日の夕刻抜けてしまったのか
強風で隠れてしまったのか・・・。

20190511z44.JPG

その代わり、キビタキは沢山観察出来ました。

20190511z5.JPG

雄は個体差があり、見ているだけで愉しいですね。

20190511z6.JPG

20190511z7.JPG

そしてこの日は、数日滞在しているという待望のミゾゴイにも出会うことが
出来ました。

20190511z9.JPG

現れるのをじっとひとりで物陰で待ち、来ないなぁ・・・と目線を一旦
落とし、再び視線を戻すと其処に居ました。
どうやって一瞬の間に現れたのか・・・その登場の仕方、場所が神社という
こともあり神々しい印象すら残った鳥です。

20190511z10.JPG

今回粟島を訪れた多くのバーダーがカメラに収めたと思われるミゾゴイ。
今頃は繁殖地に旅立ってしまったのでしょうか・・・。
(その4へ続く)
nice!(14)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年春の粟島探鳥 ~その2~ [探鳥]

粟島二日目は宿のすぐ傍の水路周辺に響き渡るコマドリの囀りで
目覚めました。身支度をして早速早朝探鳥へ出掛けます。
先ず公園で出会ったイソヒヨドリの雌。

20190509a.JPG

ツバメは道で寛いでいます。

20190509b.JPG

小学校校庭ではこの日もアカハラの姿。

20190509c.JPG

ビンズイも見られました。

20190509h.JPG

今日もアオジはそこかしこに居ます。

20190509e.JPG

本土の山はまだ雪景色。

20190509ee.JPG

内浦の海沿いで見られたオオルリの雌。

20190509f.JPG

小首を傾げた姿が可愛いですね。

20190509ff.JPG

牧場の此方の馬は人によく慣れていました。

20190509g.JPG

ヒヨドリの群が海を渡ろうとしては島へ引き返すを繰り返していました。

20190509i.JPG

オオルリの雄にもまた出会いました。

20190509j.JPG

綺麗な鳥なので、出会いがあるとついつい沢山撮影してしまいます。

20190509k.JPG

20190509l.JPG

美しい青い色が映えますね。

20190509m.JPG

20190509n.JPG

タイワンハクセキレイも見られたようですが、此方は普通の
ハクセキレイ。

20190509o.JPG

宿の部屋から撮影した電線にとまったシメ。

20190509p.JPG

この日は午後から雨天予報だったので朝食後は牧平へ向かいます。

20190509r.JPG

ダイサギの姿を発見。

20190509s.JPG

声がしたので探してみるとコチドリが一羽居ました。

20190509t.JPG

道路に姿を現したクロツグミ。

20190509u.JPG

ジョウビタキ雌もガードレールにとまりました。

20190509v.JPG

キビタキも登場。

20190509w.JPG

ヤマガラ二羽が何やら食べ物を渡している様です。

20190509x.JPG

オニグルミの実を何度も落として割った中身を食べ、満足げに去る
カラス。こうしたカラスは何度も見掛けました。
因みに残ったオニグルミはヤマガラが持っていておこぼれを頂戴
していました。

20190509y.JPG

20190509z.JPG

牧平に着く頃には霧が発生して残念な空模様になって来ました。

20190509z2.JPG

20190509z3.JPG

帰り道、オオルリが番で出てきてくれました。

20190509z5.JPG

20190509z6.JPG

海にはヒメウの姿。

20190509z7.JPG

イソヒヨドリ雌も出て来ました。

20190509z8.JPG

内浦に戻るとバーダーより耳よりな情報が!早速その場へ駆けつけます。

20190509z9.JPG

居ました、シロハラホオジロです!(その3へ続く)
nice!(14)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年春の粟島探鳥 ~その1~ [探鳥]

ゴールデンウィークを利用して、今年も粟島へ探鳥に出掛けました。
この日は、岩船港でフェリーに乗る頃雨が上がり船上からの鳥見も
愉しむ事が出来ました。

暗い雲と鉛色の海が残念ですが、オオミズナギドリは複数観察できました。

20190505b.JPG

此方は、シロエリオオハムの夏羽でしょうか?
20190505a.JPG

船上からの撮影は波が殆どない状況とは言えなかなか厳しいですね。
此方の鳥はオオハムの冬羽でしょうか・・・?

20190505c.JPG

因みに岩船港⇔粟島を結ぶリニューアルされた「フェリー ニュー あわしま」は
ビックリするくらい綺麗、快適な空間となっておりました。
そうこうするうちに、船は粟島へ到着。

20190505d.JPG

この日のランチは新潟駅で購入したおにぎり。
宿に荷物を置いたら早速探鳥へ出掛けます。

先ずは、小学校校庭からチェック。アカハラやツグミの姿がありました。

20190505e.JPG

シジュウカラも居ます。

20190505f.JPG

早速姿を見せてくれたオオルリ。
粟島ではオオルリとの距離、目線が違います。

20190505g.JPG

午後は曇り予報でしたが、時折弱い雨が落ちてきました。

20190505gg.JPG

キビタキも登場。雄は他にも数個体観察出来ました。

20190505h.JPG

キビタキ雌も姿を見せてくれました。

20190505k.JPG

内浦の海岸線では、オオルリが次から次と姿を見せてくれます。

20190505j.JPG

改めて、美しい鳥だなぁと実感します。

20190505l.JPG

20190505m.JPG

獲物を持ち帰った鳶がテトラポットで鳴いているとカラスが寄って来ました。
鳴く前にさっさと食べてしまえば良いのにと思いましたが儀式なのでしょうか。

20190505o.JPG

野馬公園ではビンズイの姿も見られました。

20190505p.JPG

海辺にはウミネコ。

20190505q.JPG

セグロカモメも見られました。

20190505r.JPG

公園ではツグミの姿。滞在中毎日見られました。

20190505s.JPG

百舌も出て来ました。

20190505v.JPG

ウグイスは地鳴きしているもの、囀るものと沢山見られました。

20190505w.JPG

でも、今回最も数が多かったのはアオジです。畑や海沿いの桜の木は勿論、
民家の傍にも雀のように沢山居たのには驚きました。

20190505x.JPG

牧平まで歩くとホオジロの姿が見られました。

20190505y.JPG

道路の真ん中で虫を食べているのはミヤマホオジロ。
粟島ならではの風景ですね。

20190505z.JPG

此処は鳥達にとって休息や栄養補給で立ち寄る場所なので、通常観察する
ときとは異なるシチュエーションで彼らを見る事が多いです。

20190505z1.JPG

カシラダカも居ました。

20190505z2.JPG

シメも発見。

20190505z3.JPG

此処でも勿論オオルリを観察出来ます。

20190505z4.JPG

鳥崎の展望台で見られたハヤブサ。

20190505z5.JPG

内浦へ戻る途中イソヒヨドリに出会いました。

20190505z6.JPG

センダイムシクイも鳴いています。

20190505z7.JPG

温泉施設傍で見られたアカハラ。

20190505z8.JPG

クロツグミの雄も出て来ました。

20190505z9.JPG

初日は午後だけの探鳥でしたが、多くの出会いがありました。
この日は21時前にバタンキュー。明日は勿論早朝から探鳥です。
(その2へ続く)
nice!(12)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年4月下旬の手賀沼&ご近所探鳥

ゴールデンウィークは、今年も粟島へ探鳥に出掛けました。
そちらで出会った鳥達は次回から掲載致します。

今回は、GW2日目に出掛けた手賀沼での探鳥写真です。
先ずは沼周辺の公園で出会ったオオルリの雌と思われる個体。

20190504a.JPG

キビタキは、この日複数観察出来ました。

20190504b.JPG

20190504c.JPG

此方は綺麗な声で囀っていました。

20190504g.JPG

シロハラ、アカハラもまだ見られました。
今季は冬鳥の旅立ちが遅いような気がしますが、この個体は各々
越冬していたものではなく、何処か別のところから繁殖の為に戻る
途中に此処に立ち寄ったのでしょうか。

20190504d.JPG

20190504e.JPG

カワセミが池で海老を捕えました。

20190504h.JPG

沼沿いを歩き出すと、百舌の幼鳥に出会いました。

20190504i.JPG

可愛いですね。

20190504j.JPG

羽根は立派に生えそろいました。

20190504k.JPG

動きがあどけないです。

20190504l.JPG

ホオジロも盛んに鳴いていました。

20190504m.JPG

ぼちぼちカイツブリも営巣準備を始める頃でしょうか。

20190504n.JPG

以下は、GW3日目に朝散歩に出掛けた近所の公園で撮影した野鳥です。
先ずはオナガ。

20190504o.JPG

カラスの仲間ではありますが、この鳥はとても美しいと思います。

20190504p.JPG

巣材を咥えているものが、もう一羽に接近しています。番でしょうか。

20190504q.JPG

此処で巣材を調達し、巣は別のところに構えているようです。

20190504r.JPG

ほんの一瞬でしたが、ワカケも一羽だけやって来ました。

20190504s.JPG

目的のキビタキは高い木の上で控えめに囀っていました。

20190504t.JPG

ぼちぼち、シジュウカラの幼鳥も観察できる頃となりますね。

20190504u.JPG

10連休もあとわずかとなりましたね。
nice!(10)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年ゴールデンウィーク初日の都内植物園 [探鳥]

10連休のGW初日に出掛けた先は都内植物園。
雨は上がったものの、まだ灰色の雲も残り園内はかなり暗く樹上の
真っ黒な鳥をPCに落とし露出を上げるとオオルリだと判明しました。

20190429a.JPG

暫く雨天が続いたせいなのか、園内はあちこちからキビタキの囀りが
響いていましたが、暗過ぎて撮れた写真はイマイチなものばかり。

20190429b.JPG

ただ鳥の数は多く、特にツグミ類は群で入っていたようです。

20190429i.JPG

渡りの途中で立ち寄ったものばかりで警戒心は皆かなり高く、シメすらも
此方に気付くとすぐに樹上に上がってしまいます。

20190429h.JPG

そんな中、ふと都内では見慣れない鳥が目の前に降り立ちました。

20190429c.JPG

クロツグミです。

20190429d.JPG

離島や戸隠などでしか出会えない鳥だと思っていましたが、大阪城では
なくとも、こうした都会の公園で渡りの時期は出会う事が出来る事を
知りました。

20190429e.JPG

この一羽だけだったのか、他にも数羽居たのかは分かりませんが
とにかくツグミ類の影は沢山見掛けました。

20190429f.JPG

GWとは言え暗い曇り空で人が少ない事、たまたま猛禽も居なかった事が
幸いでした。

20190429g.JPG

この後アカハラも見掛けました。

20190429j.JPG

アオジもまだ残っていました。

20190429m.JPG

鳥の声が響く木の中から一羽の鳥が飛び出しました。

20190429k.JPG

まんまるのエナガ成鳥、可愛いですね。
成鳥は2羽出て来ました。

20190429l.JPG

その成鳥を追う様に幼鳥が次から次と姿を現しました。

20190429n.JPG

正面顔も愛らしいです。

20190429q.JPG

横顔も可愛いですね。

20190429r.JPG

此方は別の成鳥。幼鳥と行動を共にしていましたが、かなり羽が
乱れています。親鳥は子育てでお疲れなのでしょうね・・・。

20190429u.JPG

この日は今期初のセンダイムシクイとの出会いもありました。

20190429o.JPG

エナガ親子のすぐ傍で、盛んにチヨチヨビーと鳴いていました。

20190429p.JPG

都内でも渡りの時期はクロツグミに出会える事を体感した、貴重な
ひとときとなりました。
晴れた日のように綺麗な写真は撮れませんが、探鳥は雨上がりや
曇り空の方が出会いは多いのかもしれませんね。
※今日は、大町での探鳥↓と此方の2つをアップロード致しました。
nice!(12)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年4月下旬の大町自然観察園探鳥 [探鳥]

1週間前に出掛けたのは大町自然観察園。
園内に入ってすぐ盛んに鳴いていたキビタキを見付けました。

20190428a.JPG

羽虫のようなものを捕まえたようです。

20190428b.JPG

20190428c.JPG

シロハラも数個体観察出来ました。ここでエネルギーを蓄えて
皆で旅立つのでしょうか。

20190428d.JPG

20190428f.JPG

此方はとても綺麗なキビタキでした。この日キビタキは少なくとも
3羽は居たようです。

20190428e.JPG

アオジもまだ見られました。

20190428i.JPG

そして今回は、愛想の良い狸にも遭遇。丸い耳が可愛いです。

20190428g.JPG

この辺りは梨園も多いので、秋になると嬉しいおこぼれが狸にも
あるのかもしれませんね。

20190428h.JPG

当初は今日も晴れ予報の東京でしたが、曇ったり晴れたり冷たい風が
時折拭いたりとややこしい天候となっております。
何だか今年のGWは天候が変わり易いですね。
皆様、体調を崩されない様ご自愛ください。
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年4月下旬の利根運河探鳥 [探鳥]

GW初日、関東は雨が上がってもどんよりした暗い雲が広がりました。
ただ、出掛けた都内探鳥地ではツグミ類の群が入っていたようで
ツグミ、アカハラをはじめ嬉しい出会いがありました。

さて、先週土曜に出掛けた利根運河での探鳥写真を掲載致します。
コガモはまだ観察出来ました。

20190427a.JPG

激しく鳴いていた百舌。

20190427b.JPG

近くに巣があって此方を威嚇していたのでしょうか・・・。

20190427c.JPG

鋭い嘴はクワガタ虫を彷彿とさせるような。

20190427d.JPG

対岸には雉の雌が居ましたがすぐに隠れてしまいました。

20190427e.JPG

工場裏手の公園ではツグミの姿。

20190427f.JPG

シメはまだ残っています。

20190427g.JPG

アオジも居ました。

20190427k.JPG

木の天辺にはコムクドリの姿。

20190427h.JPG

すぐ傍の桜の木にも複数観察出来ました。

20190427i.JPG

桜の木の中に居ると探すのに苦労します。

20190427j.JPG

ムクドリとは鳴き声も異なり可愛らしいです。

20190427ll.JPG

耕地へ出ると、目の赤いチュウサギが居ました。

20190427m.JPG

此方はダイサギの婚姻色。美しい色ですね。

20190427r.JPG

畦道を悠然と歩いていた雉が此方に気付き身を沈めました。

20190427s.JPG

隠れているつもりなのでしょう。
田植え前ですが、セッカも数多くやって来ています。

20190427t.JPG

コチドリも複数観察出来ました。

20190427u.JPG

畦道に片足で立っていた個体。

20190427v.JPG

今季初見のムナグロ。気付いたらすぐ目の前に居てビックリ。

20190427n.JPG

上空を気にしています。

20190427o.JPG

20190427p.JPG

嬉しい出会いでした。

20190427q.JPG

復路で通った公園ではコゲラの姿がありました。

20190427w.JPG

まだ見られたシロハラ。

20190427x.JPG

ホオジロの雌。

20190427y.JPG

帰り道も姿を見せてくれた百舌。縄張り主張をしています。

20190427z.JPG

多くの夏鳥に出会えた愉しいひとときとなりました。
nice!(12)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年4月下旬 ツミのカップル [探鳥]

このところ、毎日のようにベランダに雀の番がやって来ます。
こぼれた十姉妹の餌を目当てにやって来て、愛らしい声で鳴いているなと
見てみると、交尾をしているパターンが多いのですが・・・。

その雀の天敵でもあるツミの番が今年もやって来ました。
雄は一生懸命巣材を集めています。

20190422a.JPG

雌は見張りに余念がありません。

20190422b.JPG

20190422c.JPG

雄は何度も小枝を集めては巣に運びます。

20190422d.JPG

ツミの雄は美しいですね。

20190422e.JPG

20190422f.JPG

雌は高い枝で引続き見張りを続けます。

20190422g.JPG

地上ではムクドリが巣材集め。ビニールも巣材になるのでしょうか。

20190422h.JPG

やがて雄は獲物を探しに飛んで行きました。雌は暫し休憩。

20190422i.JPG

暫く待っても雄は帰ってこず、やがて雌も獲物を探しにか飛び立って
行きました。

20190422j.JPG

もう少しするとオナガもやって来て、またこの地も繁殖で賑わうことと
なるのでしょうね。
nice!(15)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感