So-net無料ブログ作成

2019年6月初旬の手賀沼探鳥 ~その2~ [探鳥]

今月初旬の手賀沼探鳥、その2は田園傍で囀るホオジロから。
ぼちぼちこの鳥の幼鳥にも出会えるでしょうか。

20190613a.JPG

此方はこの日3組目のコブハクチョウファミリー。
幼鳥はまだ小さいです。

20190613b.JPG

田圃に入りました。この一羽は他の幼鳥に比べグレーの色味が強いです。

20190613c.JPG

20190613d.JPG

20190613e.JPG

復路でも出会ったシジュウカラ幼鳥。

20190613f.JPG

往路で出会ったカイツブリの親子、復路では子供が親の背中に
乗っていました。

20190613g.JPG

背中の子供がちらっと見えていますね。

20190613h.JPG

オオヨシキリが鳴いています。

20190613j.JPG

水浴びを終えて羽繕いをしていたのはハクセキレイ幼鳥。

20190613k.JPG

可愛いですね。

20190613l.JPG

親離れしたばかりでしょうか。

20190613m.JPG

沢山の幼鳥に出会えた愉しいひとときでした。

20190613n.JPG

しかし、この幼鳥達がいなくなると・・・鳥枯れシーズンも近いですね。
nice!(14)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年6月初旬の手賀沼探鳥 ~その1~ [探鳥]

今月初旬に幼鳥との出会いを求め手賀沼へ出掛けました。
道路の縁石で休むのは燕の幼鳥でしょうか。

201906610a.JPG

この日はコブハクチョウの3つのファミリーに出会いました。
先ず出会ったファミリー。雛達は随分大きくなりました。

201906610b.JPG

201906610c.JPG

カワセミも久々に観察。

201906610e.JPG

雉の幼鳥も姿を見せてくれました。此方も順調に育っています。

201906610g.JPG

201906610h.JPG

此方は別のコブハクチョウファミリー。

201906610j.JPG

カイツブリ親子も発見しました。

201906610k.JPG

蜻蛉を食べようとしている子供。

201906610l.JPG

201906610m.JPG

子供の小さな嘴には大きすぎる獲物に苦労している子供。

201906610n.JPG

201906610p.JPG

「お兄ちゃん、大丈夫?」といった風情。

201906610q.JPG

親鳥も心配してか近付いてきました。

201906610r.JPG

最後は親鳥が羽を取ってくれたようです。

201906610s.JPG

201906610t.JPG

シジュウカラの幼鳥も姿を見せてくれました。

201906610v.JPG

もう少し探鳥を続けましょう。(その2へ続く)
nice!(10)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年5月下旬の奥日光 ~その2~ [探鳥]

先月末の奥日光探鳥、その2は昼過ぎの強い日差しを避けての湯ノ湖畔
散策から掲載致します。

番で動き回っていたコガラ。

20190604a.JPG

戦場ヶ原では圧倒的にヒガラの方が多いですが、湯ノ湖まで来ると
この鳥も数多く観察できます。

20190604b.JPG

湖畔でのんびり寛ぐマガモの番。ぼちぼち繁殖に入るのでしょうか。

20190604c.JPG

暑さでシャクナゲも一気に開花。

20190604d.JPG

新芽らしきものを食べていた猿。

20190604e.JPG

湖畔で最もよく聞かれたムシクイの鳴き声はヒーコーヒー、ヒーコーヒー。

20190604f.JPG

この個体はヒッ、ピッ、といった地鳴きでしたが、エゾムシクイと判断
して間違いないでしょうか・・・。

20190604g.JPG

20190604h.JPG

まだ宿にチェックインするには早いし、せっかくフリーパスを持っているしと
もう少し探鳥を続けようと再び湯ノ湖畔からバスに乗って光徳へ向かいます。
此方でもアカゲラの姿を観察。

20190604i.JPG

カケスも居ました。

20190604j.JPG

暑さで水浴びする鳥の姿も見られました。先ずはニュウナイスズメ。
雌は抱卵中なのか此処でも雄ばかり見掛けます。

20190604k.JPG

アカハラもやって来ました。

20190604l.JPG

ヒガラも水浴び。

20190604m.JPG

奥日光では最近、アカハラを見る頻度が増えた気がします。

20190604n.JPG

此方は側溝からふわりと樹上に上がったキビタキ。羽を乾かしています。

20190604o.JPG

同じく樹上に上がったヒガラ。

20190604p.JPG

もう一羽、キビタキの雌かオオルリの雌か不明ですが羽を乾かしていました。

20190604q.JPG

光徳の駐車場で探鳥をされていた方が「今日は鳥が少ない」と話されて
いましたが、季節外れの暑さで木陰で休んだり水浴びしていた個体も
多かったのかもしれません。

此方も暑さで疲れた・・・と湯元温泉行のバスを待っていると、すぐ
傍までキツネが寄って来ました。

20190604r.JPG

ノートリミング、その距離2~3メートルでしょうか。人慣れしています。

20190604s.JPG

湯元温泉に戻ると林間学校の小学生達が沢山・・・。
ゆっくり白濁の湯に浸かり、早々に床につきました。翌日は早朝出立です。
(その3へ続く)
nice!(14)  コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年5月中旬の都内植物園探鳥 [探鳥]

一週間と少し前に出掛けたのは都内植物園。
開園と同時に入りましたが、緑が濃くなった園内で幅を利かせている
ムクドリばかりが目に付きます・・・。

20190528a.JPG

そんな中、シジュウカラの親が子供に食べ物を与えています。

20190528b.JPG

大きな毛虫を解体して与えたものの、子の口の中に全て入りきらずで
どうしたものやら・・・。

20190528c.JPG

もう一羽、すぐ傍で様子を見ていた親鳥が子供の嘴からはみ出た獲物を
丁寧に与えます。

20190528d.JPG

20190528e.JPG

なかなか子の口の中に上手く入らないですが、だからといって親は
「あら、じゃぁ、お母さんが食べちゃうよ」といった行動はしません。

20190528f.JPG

20190528g.JPG

20190528h.JPG

無事、食べ終わり満足げな表情の幼鳥。

20190528i.JPG

シジュウカラは珍しい鳥ではありませんが、両親の丁寧な子育ての様子を
観察していると感慨深いものがあります。

因みにこの時期、開園直後の園内は亀の楽園でした。

20190528k.JPG

ワカケも番でやって来ました。この鳥は此処でも繁殖しているのでしょうか?

20190528l.JPG

メジロに出会ってこの日の探鳥は終了。だんだんと都内では決まった留鳥に
しか出会えなくなってきました・・・。

20190528ll.JPG

それにしても先週末からの猛暑には参りましたね。
奥日光へ探鳥に出掛けましたが、標高の高い彼の地でも高温の中強い日差しが
朝から降り注ぎ厳しい鳥見となりました・・・。
nice!(11)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年5月中旬の利根運河 [探鳥]

まだ5月だというのに、真夏のような暑さが続いていますね。
今年の夏はどうなってしまうのか・・・。暑さが苦手な私としては
これからが恐ろしいです。

先日、久しぶりに出掛けた利根運河の写真を掲載致します。
運河沿いでは蝶が沢山見られました。

20190523a.JPG

耕地ではセッカがあちこちで縄張り主張を繰り広げていました。

20190523b.JPG

可愛いです。

20190523c.JPG

20190523d.JPG

電柱の目立つところで鳴いていたオオヨシキリ。

20190523e.JPG

カルガモはのんびり寛ぎモード。

20190523f.JPG

遠くにコチドリ。番でいたのでこの近くで営巣しているのかも
しれませんね。

20190523g.JPG

ヒバリ。

20190523h.JPG

獲物と格闘するチュウサギ。

20190523i.JPG

遠い上空を飛ぶサシバ。

20190523j.JPG

20190523k.JPG

カラスに追われてしまいました。

20190523l.JPG

オオヨシキリはあちこちで元気に鳴いています。

20190523m.JPG

復路に、工場裏手の公園でエナガの幼鳥に出会いました。

20190523nn.JPG

子育て中の親は羽がボロボロです。

20190523o.JPG

食べ物を貰って落ち着く幼鳥達。

20190523p.JPG

暫く寛いでいました。

20190523q.JPG

園内ではカラスの幼鳥も二羽見られました。

20190523r.JPG

尾羽がまだ短いですね。

20190523s.JPG

正面顔はなんともあどけなく、愛らしいです。

20190523t.JPG

運河沿いで見られた亀。

20190523u.JPG

可愛らしい声で鳴いたな、と思うと交尾を繰り返していた雀。
雀も燕のようにワンシーズンに複数回営巣するものもいるのでしょうか。

20190523v.JPG

最後に出会ったコサギ。婚姻色を期待しましたが残念。

20190523w.JPG

nice!(16)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年5月中旬の手賀沼探鳥 ~その2~ [探鳥]

このところ湿度の高い日が続いていますね。
風薫る爽やかな5月は何処へ行ってしまったのでしょうか。

手賀沼探鳥その2は、すぐ目の前に現れたコガラからスタート。

20190520a.JPG

田圃の畔に居た雄の雉が此方に向かって真っ直ぐに近付いてきます。

20190520b.JPG

どんどん近付いて、用水路を挟んですぐの距離までやって来ました。

20190520d.JPG

綺麗な雄の雉。自分に自信があるのかコーナーで右折する際も全く
動じず堂々としたものでした。

20190520e.JPG

沼では、大きな魚を飲み込めず四苦八苦していた鵜がおり、それを
何処からか眺めていた仲間がちゃっかり獲物を奪おうと飛んで来ましたが
魚をぎりぎりで飲み込んだ方が怒りの一撃。

20190520ff.JPG

復路は別のコブハクチョウファミリーに出会いました。

20190520f.JPG

可愛いです・・・。

20190520g.JPG

水を飲む姿も目を細めて眺めてしまいます。

20190520h.JPG

20190520i.JPG

その後出会ったのはシジュウカラのお子様。

20190520j.JPG

此方も目がくりっくりで何とも愛らしいですね。

20190520k.JPG

正面顔もたまりません!

20190520l.JPG

「母ちゃん、お腹空いたよ~」との如く鳴く幼鳥。

20190520m.JPG

親鳥がやってきて素早く虫を与えていました。
(写真は与えた後の様子です・・・)

20190520n.JPG

「母ちゃん、まだまだ足りないよ~」とばかりに鳴く幼鳥。

20190520o.JPG

手前がお兄ちゃんでしょうか?

20190520p.JPG

可愛いお子様達に別れを告げると、樹上で賑やかに鳴くオオヨシキリに
出会いました。

20190520q.JPG

留鳥ばかりとの出会いですが、今の手賀沼は幼鳥との出会いがあり、
心温まる探鳥となります。
nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年5月中旬の手賀沼探鳥 ~その1~ [探鳥]

今日は曇り予報から一転、夏のような暑さになりましたね。
まだ5月というのに半袖でも汗ばむような気候・・・。
MFでの探鳥は早朝限定となるのも今年は早そうです。

先日出掛けた手賀沼での写真を掲載します。
この日は多くの幼鳥との出会いがありました。先ずは雀。

20190519a.JPG

この時期の手賀沼名物と言えばコブハクチョウ親子です。

20190519b.JPG

まだ、ふわふわな子供達。

20190519c.JPG

片親(母親でしょうか)が岸辺に寄って来ると、もう一羽、陸にいた
成鳥が待ち受ける中、一羽の雛が遊歩道沿いに現れました。

20190519d.JPG

でも勿論、安全を確認して先頭を行くのは親鳥。

20190519e.JPG

親鳥は一番後ろを渡る子もしっかり見守ります。

20190519f.JPG

無事、遊歩道を渡り終えました。

20190519g.JPG

雛達の動きは何とも可愛らしく、見ていて飽きません。

20190519h.JPG

陸に上がっても先頭は親鳥。皆仲良くそれに続きます。

20190519i.JPG

手賀沼にはイタチも居ますし、この大きさの頃はオオタカ、カラスも
天敵ですから親鳥は常に気が抜けませんね。

20190519j.JPG

20190519k.JPG

愛らしいファミリーに別れを告げ歩き出すと、百舌の幼鳥に出会いました。

20190519l.JPG

蟻を捉え、上手に枝と嘴を使って食べています。

20190519m.JPG

他にももう一羽、地上に降りては何か捕える行動を繰り返していました。

20190519n.JPG

20190519o.JPG

今はまだ獲物は小さな虫ですが、こうして経験を積んで「はやにえ」
出来るような大きな獲物を捕らえるようになるのでしょうね。
(その2へ続く)
nice!(10)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年5月中旬の奥日光探鳥 [探鳥]

ゴールデンウィーク翌週日曜に奥日光へ出掛けました。
赤沼で下車して歩き出すと、早速ズヒャーク、ズヒャークの声が
聞こえますが、今回も残念ながら姿を見る事が出来ず・・・。

戦場ヶ原木道入口ですぐ目の前に出て来たのはヒガラ。

20190518a.JPG

キビタキも姿を見せてくれました。第一回夏羽の個体でしょうか。

20190518b.JPG

なかなか良い所にとまってくれないノビタキ。

20190518c.JPG

奥日光は季節を問わず何度も訪れていますが今回程沢山のアオジを
観察したのは初めてでした。

20190518d.JPG

20190518e.JPG

ニュウナイスズメの雌も姿を見せてくれました。

20190518ff.JPG

20190518g.JPG

雄もやって来ました。

20190518i.JPG

此方は先程よりも喉から胸にかけての黄色が美しいキビタキ。

20190518h.JPG

アカゲラがすぐ傍の木にとまっていました。

20190518j.JPG

今季初見のコサメビタキ。可愛いです。

20190518l.JPG

ウグイスが目の前の木にとまりました。

20190518m.JPG

ホー、

20190518n.JPG

ホケキョと目の前で鳴いてくれるなどサービス満点な個体です。

20190518o.JPG

ノビタキを撮っていたら別の鳥が現れ、逆光で真っ黒だったのですが
露出を上げるとコムクドリだと判明。この地で見たのは私は初めてです。

20190518p.JPG

キビタキ雌は複数見掛けましたが控えめな登場でした。

20190518q.JPG

まだ繁殖前なのか綺麗なエナガ。

20190518r.JPG

巣材を運ぶヒガラ。

20190518s.JPG

ゴジュウカラも盛んに鳴いていました。

20190518v.JPG

巣作りに精を出していたコサメビタキ。

20190518y.JPG

この鳥は沢山見掛け、既に番で行動しているものも多かったです。

20190518z.JPG

20190518z1.JPG

その代わり、先月数多く観察したコガラの数は少なかったです。
もっと標高の高いところへ移動したのでしょうかね。

20190518z2.JPG

光徳牧場付近ではヤマザクラが見頃でした。

20190518z3.JPG

牧場のレストランのテラス席で昼食を摂っていると、ゴジュウカラが
フライングキャッチで何か虫を捕まえ樹上で食べていました。

20190518z4.JPG

20190518z5.JPG

キセキレイとアカハラも観察。

20190518z6.JPG

20190518z7.JPG

奥日光ではこの時期複数の個体との出会いが期待できるミソサザイは
何故か少なめでした。
トケン類も、聞こえたのはツツドリの声のみ。
あれから一週間。ぼちぼちカッコウもこの地に到着している個体が
いる頃でしょうか・・・。

20190518z8.JPG
nice!(11)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年5月初旬の谷津干潟 [探鳥]

GW終盤に暫くご無沙汰の谷津干潟へ出掛けました。
葦原ではオオヨシキリが盛んに鳴いています。

20190515a.JPG

この日はまだ見られたコガモ。

20190515b.JPG

潮が引くのをまっているシギ達。

20190515c.JPG

チュウシャクシギが蟹を捕えました。

20190515e.JPG

20190515f.JPG

次から次と捕えては食べます。

20190515g.JPG

此方の個体はかなり大きな蟹を捕まえました。

20190515h.JPG

振り回して足を落としていましたが、結局大き過ぎて最後は
食べるのを諦めていました。

20190515i.JPG

観察小屋にも回りましたが、クイナの後ろ姿をちらっと見ただけに
終わりました。

20190515j.JPG

ダイサギの婚姻色が綺麗です。

20190515k.JPG

最後はキアシシギに出会っておしまい。
ぼちぼち春の渡りも終盤でしょうか。

20190515l.JPG
nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年春の粟島探鳥 ~その3~ [探鳥]

粟島探鳥2日目の午後は、親切なバーダーのお蔭でシロハラホオジロに
出会い写真を何枚も撮ることが出来ました。

20190509z10.JPG

少々暗い場所ではありましたが、栄養補給に夢中のシロハラホオジロを
じっくり観察。

20190509z11.JPG

正面顔もユニークです。


20190509z12.JPG

20190509z14.JPG

シロハラホオジロに別れを告げ、内浦の牧場近くで探鳥を続けましたが
暗い空は更に暗くなり霧雨が降り出しました。
最後にキビタキを撮影し、今日の探鳥は終了です。

20190509z15.JPG

3日目の朝もコマドリの声で目覚めました。この日は朝から快晴ですが
強風で高速船は欠航しました。でも、粟島⇔岩船間はフェリーがあるので
春に全面欠航することは少ないかと思われます。

早朝、内浦の畑ではこの日もアオジが沢山居ました。

20190511a.JPG

アトリも数個体観察。

20190511b.JPG

キマユホオジロも一瞬姿を見せてくれました。

20190511c.JPG

でも、一瞬過ぎて良い写真は撮れなかったのが残念です。

20190511d.JPG

キマユホオジロの次は、コホオアカがやって来ました。

20190511e.JPG

此方もなかなか良いところにはとまってくれません。

20190511f.JPG

それでも、なんとか姿をカメラに収められて何よりです。

20190511g.JPG

畑にはカシラダカやシメも勿論健在。

20190511h.JPG

20190511i.JPG

今日もツグミの姿はあちこちで観察できます。

20190511j.JPG

電線の上で強風に耐えるイソヒヨドリの雄。

20190511k.JPG

ノジコかな?と期待した個体ですがアオジですね。

20190511l.JPG

此方は屋根の上で囀る別のイソヒヨ。何だか怖い顔です。

20190511m.JPG

キビタキの雌も出て来ました。

20190511n.JPG

すぐ目の前に現れたイソヒヨの雌。

20190511o.JPG

朝食後は今日も頑張って坂道を歩き牧平に向かいます。
と、道路に茶色っぽい鳥が下りました。

20190511q.JPG

キビタキの雄ですが、まだ幼羽がかなり残っている個体です。

20190511r.JPG

これはきっと、第一回夏羽なのでしょうね。

20190511s.JPG

樹上にはムシクイの姿。例年より暖かいのか緑が濃い木も多く今年は
ムシクイの撮影には苦労しました。

20190511t.JPG

牧平の畑では、ジョウビタキ雌の姿が見られました。

20190511v.JPG

今回の粟島ではこの一羽のみノビタキを観察しました。

20190511w.JPG

親切な方にマミジロタヒバリの存在を教えて貰いました。

20190511u.JPG

確かに眉が白いです。

20190511x.JPG

ヒバリとは言え、体躯はスラっとしていますね。

20190511y.JPG

雄のベニマシコも一羽観察。

20190511z.JPG

アトリも居ました。

20190511z1.JPG

タイワンハクセキレイかな・・・?と思った個体っですが、此方も
普通のハクセキレイでしょうかね。

20190511z2.JPG

風は更に強くなり、カメラを構えてもブレ気味になってきました。
内浦に戻る途中出会った蜥蜴。あちこちでカサカサ動いていました。

20190511z3.JPG

この日はオオルリの姿は少なかったです。昨日の夕刻抜けてしまったのか
強風で隠れてしまったのか・・・。

20190511z44.JPG

その代わり、キビタキは沢山観察出来ました。

20190511z5.JPG

雄は個体差があり、見ているだけで愉しいですね。

20190511z6.JPG

20190511z7.JPG

そしてこの日は、数日滞在しているという待望のミゾゴイにも出会うことが
出来ました。

20190511z9.JPG

現れるのをじっとひとりで物陰で待ち、来ないなぁ・・・と目線を一旦
落とし、再び視線を戻すと其処に居ました。
どうやって一瞬の間に現れたのか・・・その登場の仕方、場所が神社という
こともあり神々しい印象すら残った鳥です。

20190511z10.JPG

今回粟島を訪れた多くのバーダーがカメラに収めたと思われるミゾゴイ。
今頃は繁殖地に旅立ってしまったのでしょうか・・・。
(その4へ続く)
nice!(14)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感