So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年8月中旬の三番瀬 ~その2~ [探鳥]

昨日は乾いた涼風の下探鳥へ出掛けましたが、田園のシギチはまだ
これから・・・といった風情でした。
稲刈りも始まっていますし、今週末以降に期待ですね。

先々週の土曜に出掛けた三番瀬探鳥の続きです。
少しの間、同じ動きをしていたメダイチドリ二羽。

20180819a.JPG

20180819b.JPG

兄弟なのでしょうか・・・。

20180819c.JPG

ミヤコドリが獲物の貝を見付けました。
潮干狩り客が「サッパリだねぇ~」と言っている中、流石です。

20180819d.JPG

嬉しそうに誰も居ないところへトトトト・・と急ぎ足で移動していきます。
ウミネコが羨ましそうに見ているような。

20180819e.JPG

この後、くるりと背中を向けて食べ出しました。

20180819f.JPG

ダイゼンもお食事中。

20180819g.JPG

ちょうど雲が掛かった時に飛んだコアジサシ。
一羽が獲った魚をもう一羽がねだっているようにも見えました。

20180819h.JPG

干潟に一番乗りしたキアシシギは長い時間バーダーを愉しませてくれました。

20180819j.JPG

次の大潮の頃は更に多くのシギチが集うのでしょうか。
ちょうどその頃台風20号がやって来るようで其方が心配です。

20180819k.JPG

最後に、この日一羽だけ居たアオアシシギかなと思われるシギの飛翔。

20180819l.JPG
nice!(14)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年8月中旬の三番瀬 ~その1~ [探鳥]

今日は風は強かったですが、カラリとした空気が心地の良い一日でした。
このまま秋になってくれれば・・・と期待したいところですが来週はまた
台風の影響もあり、高温多湿が戻って来るとか・・・。

先日の土曜は干潟が出る前の早い時間に三番瀬へ出掛けました。

20180817a.JPG

最初に現れたのはキアシシギですが、やがてミヤコドリも登場。

20180817b.JPG

20180817e.JPG

20180817n.JPG

20180817o.JPG

ミユビシギも群でやって来ました。

20180817f.JPG


20180817q.JPG

アオアシシギ首を伸ばしたキアシシギ。

20180817d.JPG

メダイチドリは羽が個体によって様々です。

20180817c.JPG

20180817g.JPG

20180817h.JPG

20180817i.JPG

ダイゼンも居ました。

20180817m.JPG

20180817j.JPG

20180817k.JPG

オオソリハシシギが一羽。この間見た個体がまだいるのでしょうか。

20180817p.JPG

メダイチドリが獲物を見付けました。

20180817r.JPG

20180817t.JPG

20180817u.JPG

この日のキョウジョシギは干潟のクラゲを何度もひっくり返していました。

20180817l.JPG

20180817w.JPG

なかなか表情が読めないキョウジョシギですが、こうして見ると可愛いです。

20180817x.JPG

20180817y.JPG

潮干狩り客もぽつぽつ増えてきましたが、もう少し探鳥を続けましょう。
(その2へ続く)
※当初アオアシシギと記載したシギはキアシシギでした。
ramblinさん、ご指摘有難うございます。
nice!(13)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年8月上旬の手賀沼探鳥 [探鳥]

8月最初の日曜に出掛けた先は手賀沼。
花火の翌日とあって、朝から清掃にされている方々を見掛けました。
遊歩道に咲いていた百日紅。

20180810a.JPG

砂浴びしている雀。

20180810b.JPG

朝から気温も湿度も高く、早くも水浴びを済ませたカラス。

20180810c.JPG

コスモスも咲き始めていました。

20180810d.JPG

ホオジロが鳴いています。

20180810e.JPG

幼鳥が現れました。

20180810f.JPG

20180810g.JPG

あどけない表情です。

20180810h.JPG

この夏、ホオジロの幼鳥を見掛けたのは初めてです。

20180810i.JPG

雀が捕えたのはカマキリ。鎌を持つ腕は既にありません。

20180810j.JPG

ベンチ下で涼む猫。去勢手術をされた個体の様です。

20180810k.JPG

鵜が抜けた羽を咥えてポージング?

20180810l.JPG

掻き掻きするカイツブリ幼鳥。

20180810m.JPG

20180810nn.JPG

暑そうなアオサギ。

20180810o.JPG

キキキキキ・・・と、秋によく聞くあの声が頭上から聞こえました。
その正体を探してみると、

20180810p.JPG

百舌の幼鳥でしょうか。この猛暑のさなか早くも高鳴きの練習を
始めているようですが、今はまだ体力温存に徹したほうが良いような。

20180810q.JPG

田園には雉の母子。

20180810r.JPG

復路でも、同じ場所に居たアオサギ。この船を我が物にしている模様。

20180810s.JPG

往路でホオジロに出会ったコスモス畑も9時を過ぎると出会うのは
蝶ばかりとなっていました。

20180810t.JPG

まだ、こんな小さな雛を連れたカイツブリも居ました。

20180810u.JPG

オオバンが食べているのは蝉。

20180810v.JPG

いつものコブハクチョウも人を全く恐れず。

20180810w.JPG

それにしても大きいですね。体重も10キロはありそうです・・・。

20180810x.JPG

ビビビビビ・・・と蝉の悲鳴が聞こえたと思ったら、カマキリに
捕食されていました。

20180810y.JPG

先程は雀に襲われていたカマキリ。此処では立場が逆転です。
最後はもう一度カイツブリの幼鳥に出会って猛暑の探鳥はおしまい。

20180810z.JPG

6時半頃から9時過ぎまでの2時間半がこの時期の此処での探鳥は限界
でしょうか・・・。
それでも、コスモス畑のホオジロ幼鳥、百舌幼鳥の高鳴きと初秋を感じる
一コマもあり、バテながらも充実のひとときでした。
やはり、探鳥は愉しいです。
nice!(15)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年7月下旬の茨城県探鳥 [探鳥]

台風が関東から去った先週日曜に出掛けたのは茨城県。
田園に集うのは鷺とカルガモ。

20180805a.JPG

遠くにアマサギも確認。

20180805b.JPG

期待した蓮田でのシギチは・・・イソシギのみでした。
まだ時期が早いのでしょうね。

20180805c.JPG

20180805d.JPG

浮島ではコジュリンの姿も確認。台風の風の影響でなかなか上手く
撮影できません・・・。

20180805e.JPG

雉の雌が道路に現れました。

20180805f.JPG

背を低くして田圃側へ渡ります。

20180805g.JPG

ガードレールの下でぴたっと止まりました。

20180805h.JPG

すると、もう一羽幼鳥と思われる雉が道路を渡って来ました。

20180805i.JPG

母親の元に到着。

20180805j.JPG

田圃へ降りていきます。

20180805k.JPG

また一羽、素早く道路を渡ります。

20180805l.JPG

そんな雉を撮っていると、目の前のガードレールにコジュリンが・・・。

20180805m.JPG

20180805n.JPG

その後、台風後の海に何か珍しい鳥が来ていないかと波崎、銚子へ
車を走らせますが、姿を見せたのはウミネコばかり。

20180805o.JPG

海はまだかなり時化ていました。

20180805p.JPG

その後はオオセッカを初めて観察しましたが、残念ながら撮影は出来ず。
午後の暑い日差しの下ヒバリも辛そうでした・・。

20180805q.JPG

百舌がカエルを捕えました。

20180805r.JPG

20180805s.JPG

最後は浮島でホオジロを撮影してこの日の探鳥は終了。

20180805t.JPG

蓮田でシギチを観察できるのは今月中旬以降でしょうか。
nice!(14)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年7月下旬の三番瀬 ~その2~ [探鳥]

台風直前の先週金曜に出掛けた三番瀬の続きです。
一羽ぽつねんと居たオオソリハシシギは食べ物探しに夢中でした。

20180803a.JPG

20180803b.JPG

羽繕いすることも寛ぐこともなく、ひたすら食べ物を探します。

20180803c.JPG

20180803d.JPG

20180803e.JPG

20180803f.JPG

寛ぐカモメ達とは対照的です。

20180803n.JPG

ミヤコドリはマイペースで餌を探します。

20180803g.JPG

20180803h.JPG

目の前で何やら食べているミヤコドリをカモメが羨ましそうに見ていました。
略奪のチャンスを伺っていたのでしょうか。

20180803i.JPG

ぐっと伸びたところ。白と黒、オレンジの嘴のコントラストが美しいです。

20180803j.JPG

20180803l.JPG

ダイゼンとすれ違い。

20180803m.JPG

ダイゼンは遠かったです・・・。

20180803k.JPG

メダイチドリの飛翔。

20180803nn.JPG

谷津に場所を動かすと、台風からの早い雲がやってきて曇って来ました。
ぽつりと雨も降りだし怪しい空模様に・・・。

センター窓越しには、コチドリとイカルチドリの姿。

20180803oo.JPG

キアシシギ。探すのを苦労する程の暗さ・・・。

20180803o.JPG

コチドリ。

20180803p.JPG

20180803q.JPG

イソシギ。

20180803s.JPG

この日、三番瀬ではオオアジサシがやってきたとか。
早く切り上げてしまったのが悔やまれますが、またの機会での出会いを
期待しましょう。

また、台風が近付いているようですね。
nice!(12)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年7月下旬の三番瀬 ~その1~ [探鳥]

8月に入りましたが相変わらず猛暑が続いています。
先週末は探鳥に出掛けましたが、やはり暑さでバテました・・・。
今週末はどうしようかな、鳥も少ないしと迷っております。

先週の金曜、台風前に久々に出掛けたのは三番瀬。
キアシシギの姿が見られました。

20180731a.JPG

やはり此処は、鳥と同じ目線で撮影できるのが良いですね。
目を閉じたシギの表情は可愛いです。

20180731b.JPG

20180731c.JPG

沖に飛ぶのは鵜。

20180731d.JPG

スズガモが一羽だけ居ました。

20180731e.JPG

ミヤコドリの飛翔。

20180731f.JPG

もう少し探鳥を続けましょう。
nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年7月中旬の十姉妹 [探鳥]

先週末は猛暑で探鳥を諦め、家で飼っている十姉妹を撮りました。
一時は17羽に増えた十姉妹も近親交配が進んでしまった結果か、脚が
不自由な子が生まれたり、短命な個体も増えたので、新たに仲間に
加えたのが此方の雄の梵天。

20180722b.JPG

頭の羽が巻毛になっています。

20180722f.JPG

この子の性格はおとなしくちょっと甘えん坊の雄。
求愛ソングは、人間からすると「雑音のような歌」に聞こえます。

20180722g.JPG

20180722i.JPG

此方は最年長の雄。家で誕生した個体です。
かつてはボスとして君臨し、惚れ惚れするような美しさがありましたが
今では尾羽も抜け老いを感じる行動も多くなりました・・・。

20180722a.JPG

此方は今年生まれた雄の若。父親は先程の旧ボスかと思われます。

20180722c.JPG

父親の血を引き凛々しさと美しさを感じる鳥です。

20180722d.JPG

此方は同じく今年生まれた雄の若。

20180722j.JPG

ちょっと気が強く、やんちゃな一面があります。

20180722k.JPG

やんちゃ君のお父さんは此方ではないかと思われます。

20180722e.JPG

現在、ボスとして君臨する薄茶色の雄は求愛ソングがとにかく
美しく、聞いているとついつい真似したくなるサウンドを奏でます。

20180722l.JPG

唯一の雌に求愛する薄茶君。

20180722m.JPG

今年生まれた幼鳥2羽は、この薄茶の鳴き方を真似るようになりました。

20180722n.JPG

お母さんはマイペースな性格。

20180722h.JPG

探鳥に行けない週末、十姉妹を観察することが増えそうです。
nice!(12)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年7月初旬のツミ幼鳥 ~その2~ [探鳥]

酷暑が続いています。通勤するだけでぐったりする日々・・・。
これでリュックを背負い、重たいカメラを首から下げて炎天下歩くのは
とても無理だと今週末も探鳥は諦めモードです。

ということで、7月初旬に出会ったツミの幼鳥の続きを掲載します。

20180720a.JPG

此方は雌。

20180720b.JPG

尾羽を羽繕いしています。

20180720c.JPG

眼光は鋭いですが、こうしたあどけない表情も見られます。

20180720d.JPG

陽の光がスポットライトのように当たっていました。

20180720f.JPG

その表情は見ていて飽きません。

20180720g.JPG

20180720h.JPG

20180720i.JPG

20180720j.JPG

此方は別の個体。すぐ目の前にとまりました。

20180720k.JPG

20180720l.JPG

此方は昆虫を捕まえ食べています。

20180720m.JPG

この数日後、この兄弟達は新天地に向けて旅立ったそうです。

20180720n.JPG

また来年も、この地でファミリーに出会えます様に・・・。
nice!(14)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年7月初旬のツミ幼鳥 ~その1~ [探鳥]

猛暑の三連休。昨日・今日と探鳥は早々に諦めましたが、
晴れているのに鳥見に出掛けられない休日というのは何とも
消化不良なものですね・・・。

ということで、先日出会ったツミの幼鳥を掲載します。

先日、巣から卵が落ちていたツミのフィールドへ出掛けると、幼鳥が
4羽元気に育っていました。
既に狩の練習なのか、木の枝を咥えています。

20180715b.JPG

あどけなさと凛々しさ双方を持ち合わせた顔をしています。

20180715c.JPG

20180715d.JPG

20180715e.JPG

20180715g.JPG

20180715h.JPG

20180715i.JPG

20180715j.JPG

20180715k.JPG

瞬膜が下りています。

20180715l.JPG

20180715m.JPG

20180715n.JPG

飛び立ちます。

20180715o.JPG

4羽の幼鳥の色々な表情を撮影することが出来ました。

20180715p.JPG

20180715q.JPG

20180715r.JPG

その2へ続きます。
nice!(12)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年7月上旬の利根運河 [探鳥]

今日も蒸し暑くなりそう・・・という朝、出掛けた先は利根運河。
運河に居たのはカルガモだけで燕が上空を飛んでいました。
そんな中、目を愉しませてくれるのは夏水仙。

20180713a.JPG

もうすぐこの地に彼岸花がぽつぽつ咲き始めますね。
耕地に着くと風が結構吹いていて、セッカは飛んでいるもののなかなか
近くに降りてくれませんでした。

そんな中被写体となるのは・・・鷺。

20180713b.JPG

水田にその白さが映えます。

20180713c.JPG

20180713f.JPG

強風の為、飛翔もゆっくり。

20180713g.JPG

20180713h.JPG

20180713i.JPG

20180713n.JPG

20180713o.JPG

其処にアマサギが一羽舞いました。

20180713k.JPG

20180713l.JPG

強のせいかヒバリの動きも控え目。

20180713e.JPG

オオヨシキリは控え目ながらまだ鳴いている個体が居ました。

20180713m.JPG

帰り道、工場傍でカワラヒワが鳴いています。

20180713p.JPG

公園で休んでいた猫。

20180713q.JPG

可愛いです。

20180713r.JPG

親鳥と行動を共にしていたシジュウカラ幼鳥が地上に降りました。

20180713s.JPG

此処には猫は勿論、天敵も沢山居ますから用心しないとですね。

20180713t.JPG

運河沿いではちらっとホオジロが姿を見せてくれました。

20180713u.JPG

田圃で徒歩での鳥見はボチボチ厳しくなって参りましたね・・・。
ついつい昆虫に目が行く今日この頃。

20180713d.JPG
nice!(13)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感