So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年3月下旬の手賀沼探鳥 [探鳥]

先日土曜に出掛けた先は手賀沼。
既に公園にはオナガガモの姿はなく、オオバンがのんびり寛いでいました。

20180329a.JPG

この日、オオジュリンは多数観察することが出来ました。

20180329aa.JPG

花粉で嘴を黄色く染めたヒヨドリ。

20180329b.JPG

コブハクチョウはバタバタと騒いでいる個体が多く、よく見ると一羽が
すーっと物凄い速さで泳いでいるところを目撃。体を傾けて何やら不思議な
ポーズですが・・・。

20180329d.JPG

20180329e.JPG

別の個体をこの格好でしきりに追いかけています。

20180329f.JPG

もしかすると、これがコブハクチョウの求愛なのかもしれません。
沼にはコガモの姿もありました。紫色に光る羽が美しいです。

20180329g.JPG

百舌の姿もありました。

20180329i.JPG

田圃の畔付近で何やら動くものを発見。

20180329j.JPG

ヒクイナが羽繕いをしているようです。

20180329k.JPG

此方は別の個体。いつものポイントで見られました。

20180329o.JPG

このポイントではイタチも盛んに動き回っていました。

20180329l.JPG

営巣中の小鳥達にとっても恐ろしい天敵です。

20180329ll.JPG

ホオジロが綺麗な声で囀っていました。

20180329m.JPG

バンが二羽、何やら仲睦まじそうでした。

20180329p.JPG

ぼちぼち引き返して帰ろうと歩き出すと目の前の桜の木に何かの姿・・・。

20180329q.JPG

アリスイです。

20180329r.JPG

まだ蕾の桜を見上げ開花を心待ちにしているような風情。

20180329s.JPG

もう、ここの桜もはらはらと散り始めている頃でしょうか。
手賀沼で冬に見られるアリスイ達は春~秋は何処で営巣しているのでしょうね。

その後出会ったカワラヒワ。

20180329t.JPG

すぐ目の前の藪に居たアオジ。今頃は帰路についた頃でしょうか。

20180329u.JPG

春の陽気の下のんびり寛いでいた猫。

20180329v.JPG

最後はいよいよ旅立ちを迎えそうなジョウビタキ雌。

20180329w.JPG

あれから一週間。冬鳥はどんどん帰って行きますが、これからは此処でも
また別の出会いを期待したいですね。
nice!(12)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年3月中旬の奥日光探鳥 ~その2~ [探鳥]

この週末は暖かかったですね。東京の桜は満開となりましたし
出掛けた探鳥地では、鶯のホケキョという声と燕の飛来を確認しました。
今週は夏日もあるとかで鳥の渡りも加速しそうですね。
そう言えば3月なのに既に台風も発生していますし、このところの気候は
ちょっとおかしいですね。

さて、その前の週末に出掛けた奥日光探鳥の続きです。
戦場ヶ原では一度もミソサザイの囀りを耳にしませんでしたが、もっと
雪深い光徳で一羽が姿を見せてくれました。

20180326a.JPG

暗い所に居る事が多いミソサザイですがこの日は午後の光と共に
撮影することが出来ました。

20180326b.JPG

ヒガラもすぐ傍までやって来ました。ツンとした頭が可愛いです。

20180326c.JPG

翌朝も快晴。奥日光の硫黄泉を堪能し、この日はゆっくりと朝食を
頂いてからスタートしました。
(春~夏は宿でお弁当を作ってもらい早朝に出発しています)

戦場ヶ原では昨日同様にコガラの姿がありました。

20180326d.JPG

湯川にはホシハジロの雄。

20180326e.JPG

キバシリも居ました。

20180326f.JPG

ただ、昨日ほど鳥の姿はなく場所を移動しました。
中禅寺湖畔のレストランのテラスにとまっていたセグロセキレイ。

20180326g.JPG

その後再び場所を移動、滝上から少し歩いたところにマヒワの群がいました。
此方の個体は第一回冬羽でしょうか。

20180326h.JPG

マヒワは雌雄の差は勿論ですが、羽の色の濃淡等に個体差があって
観察の愉しい鳥ですね。

20180326i.JPG

20180326j.JPG

すぐ樹上にやって来た雄。

20180326k.JPG

今季、マヒワを見るのはこれが最後でしょうか。

20180326l.JPG

最後は、前日に家族が撮影したベニヒワ。
私がトイレに行っている間のことでした・・・。

20180326m.JPG

カラ類の群に一羽だけ混じっていたそうです。

20180326n.JPG

気温も上がり雪融けの進んだ奥日光は、春休みとあってぼちぼち木道を
歩く人も増えてくる頃でしょうか。
これからはノビタキもやって来ますし、夏鳥に会いにまた改めて出掛けたい
ものです。ただ、これからの時期は混み合いますから早朝必至ですね。
nice!(12)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年3月中旬の奥日光探鳥 ~その1~ [探鳥]

先週末に久々に出掛けた先は奥日光。
今年は雪融けが早いとの事で、戦場ヶ原も赤沼からの入口にはまだ
雪はありましたが、木道の上は大分溶けていました。

20180324a.JPG

赤沼から入ってすぐの地上に見られたのはマヒワ。

20180324c.JPG

20180324d.JPG

アカゲラもやって来ました。

20180324b.JPG

木道を歩き出すと湯川にはいつものマガモの姿。

20180324e.JPG

ホシハジロの雌も居ました。

20180324f.JPG

戦場ヶ原を囲む山々も雪融けが進んでいます。

20180324g.JPG

そんな雪山を背景に鳶が良いところにとまってくれました。

20180324h.JPG

湯川沿いの木にとまったのはキレンジャク。

20180324i.JPG

数羽の群で盛んに鳴きながら木の実を食べていました。

20180324j.JPG

奥日光でキレンジャクを観察できたのは初めての事です。

20180324k.JPG

嬉しくて夢中で撮影しました。

20180324l.JPG

20180324m.JPG

20180324n.JPG

その後、三本松近くで撮影したマヒワ。数羽の群で行動していました。

20180324o.JPG

ゴジュウカラもやって来ました。

20180324p.JPG

20180324q.JPG

この日一番出会いが多かったのはコガラ。

20180324r.JPG

何やら喧嘩をしているような個体も居ましたが、コガラは喧嘩を
していても愛らしい鳥です。

20180324s.JPG

もう少し探鳥を続けましょう。

20180324t.JPG

(その2へ続く)
nice!(12)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年3月上旬の小石川植物園 [探鳥]

先週末に久々に奥日光へ探鳥に出掛けました。
3月に入り雪が殆ど降らず、雨天もあったとのことで雪解けが進んで
いましたが、今日の寒気でまたかなりの積雪がありそうですね。

奥日光探鳥の前に二週間前の日曜に出掛けた小石川の写真を掲載します。
春が近付き鳥達も少なくなってきました・・・。

20180321a.JPG

新芽の中のアオジ。

20180321b.JPG

ツグミもいつ帰ろうか思案しているような表情。

20180321c.JPG

シロハラも同じ思いでしょうか。

20180321d.JPG

藪からルリビタキ雌タイプが姿を現しました。

20180321e.JPG

どんどん近付いてきました。

20180321f.JPG

早咲きの桜にメジロ。

20180321g.JPG

ウメジロをまともに撮る前に桜が咲いてしまいました。

20180321h.JPG

東京のソメイヨシノも開花しましたが、この時期は必ず寒の戻りが
ありますね・・。

20180321i.JPG

コゲラも忙しそうにしていました。

20180321j.JPG

巣材を集めるエナガ。「ダーウィンが来た」でも放映されていましたね。

20180321k.JPG

確かに今は霞ヶ関省庁の桜の木でも目撃したことがありますし、
天敵の蛇の少ない都会は過ごしやすいのかもしれませんね。

園内ではシメの姿もありました。

20180321l.JPG

ジョウビの雄。

20180321m.JPG

ひたすら賑やかだったワカケさん。

20180321n.JPG

カラスに追われていたオオタカ。ワカケを狙う事もあるのでしょうか?

20180321o.JPG

逞しいシジュウカラの雄。これからは子育てで忙しくなりますね。

20180321p.JPG

去り行く冬鳥と営巣を始める留鳥と季節の移り変わりを感じますね。
nice!(14)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年3月初旬の利根運河 [探鳥]

3月最初の日曜に出掛けた先は利根運河。
この日はヒドリガモの姿はありませんでしたが、既に旅立ったのでしょうか。
オオバンが羽繕い。黒いので分かり難いですがかなり首を曲げて
嘴の先が空を向いています。

20180312a.JPG

頭が痒いのか、盛んに胸元で頭を擦っているような動きをしています。

20180312b.JPG

オオバンの立派な脚で頭頂部を掻くのは難しいのかもしれませんね。
運河沿いでは百舌雌がじっとしていました。

20180312c.JPG

盛んに動き回っていたヒヨドリ。この個体は北へ帰るのでしょうか。

20180312d.JPG

ホオジロの雌。

20180312e.JPG

雄も居ました。すぐ傍で食べる事に夢中です。

20180312g.JPG

工場裏の公園ではジョウビタキ雌の姿。

20180312h.JPG

梅の木にとまって暫く相手をしてくれました。この個体も、もう間もなく
帰って行くのでしょうね。

20180312i.JPG

ツグミも随分減ってしまったような・・・。

20180312j.JPG

シロハラも居ました。

20180312k.JPG

耕地では先ず、ノスリが目に付きました。

20180312l.JPG

飛び出し。

20180312n.JPG

20180312o.JPG

そして、今回のお目当ては此方の鳥。

20180312p.JPG

露出を上げると頭央線があるのが何とか分かります。

20180312q.JPG

耕地に飛来した、コジュリンでしょうか。

20180312r.JPG

20180312s.JPG

証拠写真程度でしたが、此処でコジュリンを観察したのは初めてなだけに
嬉しい出会いとなりました。

田圃ではヒバリの声が響くようになってきましたね。

20180312t.JPG

再び公園に戻ると夏羽に変わりつつあるカシラダカの姿。

20180312u.JPG

昨年の今頃はアトリの群が見られた場所ですが、今季その姿を見る事は
ありませんでした。

20180312vv.JPG

復路で出会った百舌雄。もう間もなく子育てが始まりますね。

20180312w.JPG

今月に入り冬鳥が少なくなったと実感することも多いですが、桜の開花も
早まりそうですし、これからの出会いに期待したいですね。
nice!(11)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年3月初旬の皇居東御苑 [探鳥]

3月最初の土曜に向かった先は皇居東御苑。
ヤドリギにレンジャクでも来ていないかなという甘い期待はすぐに
外れました。
お濠には採食に夢中なハシビロガモ。

20180310a.JPG

冠羽が綺麗なコサギ。

20180310b.JPG

暖かい日だったせいなのか、上空には早くも燕の姿がありました。

20180310c.JPG

二羽で優雅に空を舞っていました。

20180310d.JPG

御苑内には百舌の姿。

20180310e.JPG

燕を見たせいか、チャッチャと鳴かずに木々の中を移動する鳥が
ムシクイに見えてしまいました。

20180310g.JPG

こちらは別の個体ですが、明らかにウグイスですね。

20180310h.JPG

アカハラも一羽だけ見掛けましたが、園内ではシロハラを多数観察できます。

20180310f.JPG

20180310i.JPG

正面から見るとシロハラはまん丸ですね。

20180310j.JPG

カサリと音がする方向を見ると、トラツグミが居ました。

20180310k.JPG

20180310l.JPG

金網越しでしたが、あの腰をふりふりするダンスをじっくりと
観察することが出来ました。

20180310m.JPG

トラツグミも間もなく北へ帰る頃でしょうか。

20180310n.JPG

シジュウカラが木の実を運んでいます。もしかしたらヤマガラが秋に
隠しておいたものかもしれませんね。

20180310o.JPG

椿の花を食べるヒヨドリ。

20180310p.JPG

家の近所でもヒヨドリの数が大分減って来ました。
続々と冬鳥が帰って行く中、こうして燕のようにやってくる鳥もいて
季節の移り変わりを感じますね。
nice!(13)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年1月下旬の水元公園 [探鳥]

2月の最後の日曜に出掛けた先は水元公園。
随分鴨達が減ってきていましたがカンムリカイツブリは健在。

20180304b.JPG

20180304c.JPG

カワラヒワ。

20180304a.JPG

この日はベニマシコ雌に2度遭遇しました。

20180304d.JPG

20180304e.JPG

愛らしい顔立ちの鳥ですね。

20180304i.JPG

20180304j.JPG

雌二羽でしたが盛んにフィフィと鳴き交わしていました。

20180304k.JPG

コゲラ。

20180304f.JPG

シロハラ。

20180304h.JPG

カワセミも2度遭遇。

20180304g.JPG

20180304o.JPG

此処でコブハクチョウを見たのは初めてです。

20180304l.JPG

オオバンは増えていますね。

20180304ll.JPG

すっかり人に慣れているオジロビタキ。

20180304m.JPG

百舌雄の美声が響いていました。

20180304n.JPG

20180304r.JPG

遠くにノスリ。

20180304p.JPG

オカヨシガモ。

20180304q.JPG

キジバトの前にスッと現れたアカハラ。

20180304s.JPG

20180304t.JPG

何やらミミズのような大きな虫を捕まえました。

20180304u.JPG

スルスルと呑み込み、去って行きました。

20180304v.JPG

水元も今月に入りまた様子が変わって来ているのでしょうね。
この春も此処での色々な出会いに期待したいです。
nice!(13)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年2月下旬の茨城県探鳥 [探鳥]

先週土曜は土浦からレンタカーを借りて探鳥へ出掛けました。
目的地は浮島ですが、だんだんと霧が濃くなってきて現地へ到着
するも、辺りは真っ白で何も見えません。
取り敢えず浮島を歩いていると、アカハラが目の前に現れました。

20180303a.JPG

オオジュリンは夏羽に換羽が始まっていますね。

20180303b.JPG

だんだんと霧が晴れてきました。

20180303c.JPG

遥か上空に飛んだハイイロチュウヒ。

20180303d.JPG

その後場所を移して探鳥を続けます。
チュウヒはあちこちで観察することが出来ます。

20180303e.JPG

20180303h.JPG

20180303i.JPG

地上にはツグミやジョウビタキ。

20180303f.JPG

20180303g.JPG

遠くにタゲリが一枚。ツグミとは争うことなく終わりました。

20180303j.JPG

アオジ。

20180303k.JPG

目的の鳥が現れなかったので暗くなる前に浮島へ再び向かいます。
夕日に照らされるオオジュリン。

20180303l.JPG

チュウヒの塒入りが始まっていました。

20180303m.JPG

20180303o.JPG

20180303p.JPG

20180303q.JPG

一羽、また一羽と帰って来ては葦の中に消えて行き、だんだんと
暗くなってきました。
ぼちぼち引き上げようかと思ったその時、ハイイロチュウヒが帰って
来ました。

20180303s.JPG

薄暗くなった中でもその美しさは際立ちます。

20180303t.JPG

20180303u.JPG

20180303v.JPG

すぐに葦の中に降りず、暫く低空飛行をしていました。

20180303w.JPG

20180303x.JPG

この鳥を此処で来季もまた見ることが出来ます様に・・・。

20180303y.JPG
nice!(13)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感