So-net無料ブログ作成

2019年7月中旬の奥日光探鳥 ~その3~ [探鳥]

今朝の東京は早い時間帯は強い雨が降り、その後も怪しい灰色の雲が
かかったりしていましたが、昼前からはピーカンとなり布団も干せる程の
天気となりました・・・。これなら鳥見に行けたなぁと後悔しております。

さて、奥日光探鳥その3は二日目の白っぽいキバシリに出会っての続きを
掲載致します。
一旦見失ったキバシリでしたが、カラ類と混群で移動しており不意にすぐ
目の前の木にとまり、青虫と格闘を始めました。

20190727a.JPG

キバシリは木を這うように動き、小さな蜘蛛等の昆虫を食べる鳥という
認識でしたが、こんな大きな青虫をこの体制で、この嘴で食べる事が
出来るのでしょうか。

20190727b.JPG

それにしてもこのキバシリ、私が今迄観察した個体とは随分動きも
表情も異なります・・・。

20190727c.JPG

キバシリはもっと小ぶりな円らな目で、いつも飄々と同じ表情を
している鳥というイメージでしたが、この個体が白く、更にこうした
獲物と格闘している為にそう見えるのでしょうか。

やがて、この鳥からすればかなり重たいと思われる青虫を咥えて上へと
移動を開始しました。

20190727d.JPG

でも、やはり大変そうです・・・。

20190727e.JPG

重過ぎて上には運べなかったのかまた下向きになりました。

20190727f.JPG

咥え方を変えたりと何とか食べる為に色々試みているようです。

20190727g.JPG

やはり、この嘴とこの体制ではこの獲物を食べるのは難しそう。

20190727h.JPG

だんだん青虫の形が嘴で力を加えられたせいか変わって来ました。

20190727i.JPG

すると、木の幹にこの青虫をひっかけ始めました。

20190727j.JPG

青虫が木に固定されました。

20190727k.JPG

その青虫を置いたまま、キバシリは木を登って行ってしまいました。

20190727l.JPG

あとで青虫が干からびた頃に食べに来ようとしたのでしょうか・・・。
いや、その前に他の鳥に食べられてしまう可能性の方が高いでしょうし
単に諦めてしまったのか。
もしくは、最後の青虫は大分潰れているので養分だけ長い嘴で吸い取った
という事も有り得るのでしょうか・・・。

一連の行動からして、やはりこの個体は幼鳥なのでしょうね。
すぐ目の前でキバシリ幼鳥の動きをこれだけじっくりと観察できたのは
初めての事でした。

その後、すぐ目の前に現れたゴジュウカラ。

20190727m.JPG

20190727n.JPG

この鳥も角度によって随分見え方が異なります。

20190727o.JPG

暫く相手をしてくれました。

20190727p.JPG

そのゴジュウカラのすぐ傍に姿を見せたニュウナイスズメ雌。

20190727q.JPG

ツキノワグマに会ったのは予想外でしたが、キバシリ幼鳥に出会ったりと
愉しい戦場ヶ原探鳥となりました。その後赤沼バス停から三本松まで移動して
鳥を探していると、イカルの爽快な鳴き声が響いています。
が、残念な事に今回この鳥を観察する事は出来ませんでした。

その代わり、コサメビタキをカメラに収めて次の探鳥地へ向かいました。

20190727r.JPG

(その4へ続く)
nice!(16)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 16

コメント 10

Mitch

青虫との格闘、結構楽しめましたね^^
貴重な記録だと思います。
by Mitch (2019-07-27 18:05) 

ramblin

 一瞬、何者!と言う感じですがキバシリの幼鳥ですかあ。
しかも採餌シーンとは素晴らしい観察になりましたね。
それにしてもキバシリに貯食或いは速贄的な行動が
有るとしたら一つの発見とも言えるのでしょうが
どうなんだろう・・・?
by ramblin (2019-07-28 06:40) 

takapy77

白いキバシリは、なんでしょうね。キバシリは、いつも
あっという間に、飛んで行ってしまうので、じっくり見たことは
ないですし、幼鳥も見たことないです。
私も、今年もコサメビタキの幼鳥に会えました。
by takapy77 (2019-07-28 21:04) 

queso

Mitch様、
このキバシリは少し前に小さな蜘蛛を捕えていたのですが・・・
今度はまさかの青虫。蜘蛛より当然栄養豊富とは思いますが
その分手古摺って大変そうでした。
by queso (2019-07-29 15:21) 

queso

ramblin様、
キバシリは皆一様に同じ色合いで、同じような行動をしているのを
観察するのが殆どなので、この個体の行動は興味深いものがありました。
幼鳥らしき個体を図鑑で見てもここまで白いものはあまり少ない
かと思います。
また戦場ヶ原でこの個体と出会えたら嬉しいですが。
by queso (2019-07-29 15:25) 

queso

takapy様、
白いキバシリの一連の行動は不思議ですね。
これからこの個体は茶色っぽくなるのか、このままなのか・・・。
奥日光ではキバシリはわりと頻繁に観察できるので、これからは
個体差も出会った際は確認したいと思います。
コサメビタキは幼鳥も可愛らしいですね。
by queso (2019-07-29 15:28) 

まっちゃん

キバシリ は部分白化なのかもしれませんね。
目立つのでもう一度見られればわかりそうですが、同じ個体に出会う可能性ってけっこう高いんでしょうかね。
何度も行かれている様なので、楽しみですね。
by まっちゃん (2019-07-30 15:02) 

queso

まっちゃん様、
部分白化ですか。キバシリのこうした個体は初めて見ました。
赤沼から入って木道を戦場ヶ原へ少し歩いた所で出会ったので
また此処で観察できたら嬉しいです。
こう蒸し暑い日が続くと標高の高い涼しいところで探鳥したいですね。
by queso (2019-07-31 07:44) 

Rocky

キバシリの興味深い行動が観察出来て本当によかったですね。
キバシリの幼鳥は初めてですので、何とも言えませんが、白さが尋常ではないような気もしますね。
いつかまたキバシリ幼鳥に出会ったときは、今回の個体との比較が出来ますので、貴重なチャンスになりますね。

by Rocky (2019-07-31 23:05) 

queso

Rocky様、
このキバシリの行動は仰る通りとても興味深いものでした。
それをすぐ目の前の幹で観察できたというのは幸運でした。
やはり、奥日光は良いですね。戦場ヶ原、光徳、小田代、
湯ノ湖畔と高低差の殆ど無い広いエリアで鳥見を楽しめ、温泉にも
浸かれる貴重な探鳥地です。
by queso (2019-08-01 07:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。