So-net無料ブログ作成

2019年6月中旬の北海道探鳥 ~その1~ [探鳥]

週末を利用して北海道へ探鳥へ出掛けました。
雨天の羽田を出発し旭川空港へ到着すると風はあるものの、青空が
広がっていました。

車で走っていると、電線に北海道ならではの鳥達の姿。
先ずはニュウナイスズメの雌。

20190619a.JPG

雄も居ました。

20190619b.JPG

ノビタキもあちこちにとまっています。

20190619c.JPG

此方は百舌。

20190619d.JPG

最初の目的地、朱鞠内湖に到着。ダムの完成によって生じた湖とのことですが
こうしてのんびり釣りをする人の姿、周囲の森林となかなか良い雰囲気です。

20190619e.JPG

車を降りると、ベニマシコの鳴き声が聞こえます。

20190619f.JPG

濃い紅色が何とも美しい雄の姿を観察することが出来ました。

20190619g.JPG

他にもキビタキの声など聞こえるものの、葉に隠れてばかりで
姿を見る事ができたのはアオジの親子のみとなりました。

20190619h.JPG

20190619i.JPG

朱鞠内湖は冬は厳寒で知られていますが、この日はかなり暑く
日差しも強くバテました・・・。
早々に探鳥を切り上げ、次の目的地を目指します。

サロベツ原生花園に到着した頃は、薄雲が広がっていました。
先ず出会ったのはコヨシキリ。

20190619j.JPG

ノビタキの姿もありました。

20190619k.JPG

サロベツ原生花園ではエゾカンゾウ等花々が見頃を迎えています。

20190619l.JPG

コバイケイソウも美しいです。

20190619n.JPG

雌のノビタキも登場。

20190619m.JPG

すぐ傍で「ジョッピンカケタカ」と鳴くエゾセンニュウの囀りも
聞こえましたが姿を見る事は叶わず・・・。

と、飛行機のエンジン音のようなものが響いたと思ったら上空に
オオジシギが飛んでいました。

20190619p.JPG

奥日光でも見たことがありますが、あまりの高速でカメラがついて
いきませんでしたが、今回は何とかその姿を撮影することが出来ました。

20190619q.JPG

だんだんと暗くなってきたのでこの日の探鳥はこれにて終了。
遠くに霞む利尻富士が明日の荒天を予測しているような・・・。

20190619o.JPG
(その2へ続く)
nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 15

コメント 10

まっちゃん

夏羽で雰囲気の変わった鳥たちがいいですね。
夏場は北海道がいいのかな〜
by まっちゃん (2019-06-20 08:26) 

Mitch

東京では見られなくなった鳥も北海道まで行くと見られるんですね!?
by Mitch (2019-06-20 17:55) 

queso

まっちゃん様、
ベニマシコの紅色が濃くなっていて、冬に関東で見られるものとは
違いますね。今回は天候に泣かされました。
梅雨のない北海道ですが、最近は6月が雨天ということも少なく
ないような。
by queso (2019-06-21 05:42) 

queso

Mitch様、
アオジやベニマシコは東京近郊では冬鳥ですが、北海道では
夏鳥で、また違った様子を観察できます。
by queso (2019-06-21 05:43) 

ramblin

 渡りの鳥は繁殖期には緯度の高い場所へ移動する。
この当たり前のような不思議なようなセオリーを
考える時ふと北海道を意識してしまいます。
 「北海道ならでは・・・」この言葉を味わいたい
ですね。
by ramblin (2019-06-21 19:51) 

えれあ

ベニマシコが凄く赤いですね。
アオジの子供はいかにもアオジの子って感じですね。

by えれあ (2019-06-22 14:44) 

takapy77

こちらでは冬鳥の子達は、北海道では夏鳥ですよね。
こちらでは、囀りが聞けない(春の終わりに囀っている子も
いますが)ので、囀りとかも紹介してくれると嬉しいです。
北海道のノビタキは、渡るとき本州を経由しないようですね。
そうすると、秋に子の子達には会えないんですね。

by takapy77 (2019-06-22 18:43) 

queso

ramblin様、
かつて6月の北海道は、鬱陶しい梅雨空の本州とは異なり乾いた
晴天を堪能できたはずですが、今年も天気予報を見ると雨天が
多い様で(特に旭川周辺)今回天候は残念でしたが此処ならではの
出会いもあり、また同じ時期に晴天で来たいなと思いました。
by queso (2019-06-23 14:38) 

queso

えれあ様、
ベニマシコの紅色が濃く、何とも美しいなと思いながら写真を
撮りました。わざわざ此処で人前に出てきて鳴いていたのはこの鳥
だけでしたが嬉しい出会いとなりました。
by queso (2019-06-23 14:40) 

queso

takapy様、
そうですか、北海道のノビタキは本州を経由せずに帰るのですね。
今回ノビタキは最も電線にとまっていた鳥でした。
ベニマシコはフィ、フィッと冬に此方で聞くのと同じ声で
鳴いており、「ベニマシコの声がする!」とその方向を見たら
この鳥が鳴いていました。
雌の姿を見る事はありませんでしたが、とこか近くに居たのかも
しれません。
by queso (2019-06-23 14:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。