So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2019年3月中旬の水元公園探鳥 [探鳥]

天気予報が芳しくなかった先日の日曜に出掛けた先は水元公園。
鴨類も少なくなる中、目立ったのはヒドリガモ。

20190321a.JPG

シメはまだ多数残っています。

20190321b.JPG

夏羽に変わりつつあるオオジュリン。

20190321c.JPG

お腹の黄色が美しいアオジ。

20190321d.JPG

この雌の百舌のすぐ傍に雄も居ました。

20190321e.JPG

既にホケキョと囀るものも居ましたが、この個体はひたすら地鳴き。

20190321f.JPG

シロハラも居ましたが数は減った気がします。

20190321g.JPG

足元で採食していたアオジ。

20190321h.JPG

以前もこの付近で見掛けた二羽でしょうか。人との距離が近いです。

20190321i.JPG

嘴に花粉を沢山つけて蜜を吸っていたヒヨドリ。

20190321j.JPG

すぐ傍にはメジロも居ました。

20190321k.JPG

シジュウカラもやってきました。

20190321l.JPG

警戒心が強くなったジョウビタキの雌。

20190321m.JPG

オオタカが獲物を食べて小休憩している所に出会いました。

20190321n.JPG

獲物はオオバンでしょうか。

20190321o.JPG

ルリビタキ雌にも出会いました。

20190321p.JPG

ちょこんと佇んでいたカワラヒワ。可愛いです。

20190321q.JPG

此方は食事中のカワラヒワ。

20190321r.JPG

夏羽に変わりつつあるカンムリカイツブリ。

20190321s.JPG

水元もあとひと月もすれば、夏鳥の姿を見るようになるのでしょうか。

20190321t.JPG
nice!(13)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年3月中旬の都心の公園 [探鳥]

雨上がりの強風の月曜、所用を済ませた後に少しだけ・・・と
出掛けた先は都心の公園。
平日で悪天候の直後にも関わらず、園内は20人を超えるギャラリーで
賑わっていました。

20190316a.JPG

CMの狙いはウメジロ・・・

20190316b.JPG

ではなく、此方のオジロビタキ。

20190316c.JPG

この鳥の一挙一動に皆が動きます。

20190316d.JPG

20190316e.JPG

20190316f.JPG

もう春ですが、今季初のオジロビタキとの出会いでした。

20190316g.JPG

20190316h.JPG

この公園は以前はカワセミもよく見られましたが、この日は出会えず。
その代わり、コサギが美しい姿を披露してくれました。

20190316j.JPG

20190316k.JPG

20190316l.JPG

今日出掛けた探鳥地ではウグイスの囀りを何度も聞きました。
もう、春ですね~。
nice!(11)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年3月中旬の利根運河 [探鳥]

昼間は暖かくなっても夕方になると北風が強まり気温が急激に
下がったりと、着るものに困る今日この頃です。
花粉も相変わらずですし目の痒みと鼻水が出る症状が続きます。

先日、久々に出掛けた先は利根運河。
運河沿いにぴょこっと顔を出していた二羽のツグミ。

20190314a.JPG

ヒドリガモはまだ沢山居ました。

20190314b.JPG

コガモは番で泳いでいます。

20190314c.JPG

この日、3個体観察したアカハラ。なかなか上手く撮れません。

20190314d.JPG

工場裏手の公園にはシメの姿。

20190314e.JPG

20190314f.JPG

ツグミも居ます。この時期になってよく見掛けるようになりました。

20190314g.JPG

耕地へ出ると上空にミサゴが舞いました。

20190314h.JPG

此処でミサゴを観察したのは初めてです。
かなり羽が欠損している個体ですが、大丈夫でしょうか・・。

20190314i.JPG

耕地ではホオアカも観察できます。

20190314j.JPG

何故か毎年同じ田圃で見る事が出来ます。

20190314k.JPG

タヒバリも居ました。

20190314l.JPG

きりりと美しい百舌。

20190314m.JPG

一羽でポツンと居たタゲリ。

20190314n.JPG

田園にはあちこちでツグミを観察しました。

20190314o.JPG

カシラダカも居ました。

20190314p.JPG

田おこしした田圃で何か虫を見付けたタヒバリ。

20190314q.JPG

証拠写真程度となりましたが、上空を舞っていたコチドリ。春です。

20190314r.JPG

再び工場裏手で大きなミミズを飲み込んだシロハラを発見。

20190314s.JPG

20190314t.JPG

無事飲み込んだ後も暫くじっとしていました。

20190314u.JPG

コゲラもシジュウカラ達と混群となり活動していました。

20190314v.JPG

運河沿いでセッカを発見。今年の初夏もまた元気な囀りを聞かせて
くれることでしょう。

20190314w.JPG

久々の利根運河、探鳥する方は僅かでしたがやはり此処は面白いなと
実感したひとときでした。
nice!(14)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年3月初旬の東京湾探鳥 [探鳥]

先日の土曜は久しぶりに海辺の探鳥に出掛けました。
到着するとすぐにズグロカモメが舞い始めました。

20190311a.JPG

たまに、可愛い声で鳴きながらすぐ目の前を飛びます。

20190311b.JPG

20190311c.JPG

目の前に降り立ちました。

20190311d.JPG

色々な表情を見せてくれました。

20190311e.JPG

飛び立ち。

20190311f.JPG

20190311g.JPG

遠いですが、此方では獲物を見付けた模様です。

20190311h.JPG

嬉しそうに飛び去ります。

20190311i.JPG

此方は別のカモメ。ゴカイのような虫を見付けたのでしょうか。

20190311j.JPG

暖かくなり干潟も食べ物が豊富になってきたのでしょうね。
こうなると渡りのシギチの訪れが待ち遠しくなります。

ユリカモメの中に一羽のズグロカモメが羽繕いしていました。

20190311k.JPG

真っ黒な顔の中にくりっとした目。愛らしい顔立ちですね。

20190311l.JPG

20190311m.JPG

シロチドリも観察出来ました。

20190311n.JPG

可愛いですね。

20190311o.JPG

夏羽のハジロカイツブリ。

20190311p.JPG

先程のシロチドリが陸に上がり休んでいました。保護色なので
よくよく探さないと何処にいるのか分かりません。

20190311q.JPG

日向ぼっこをしている間にウトウトする個体も居ますが、辺りを
警戒するものもちゃんと居るようです。

20190311r.JPG

ミヤコドリがやって来ましたが、既に日が高くなり真っ黒に。

20190311s.JPG

久々の海での鳥見は春の訪れを感じたひとときでした。
nice!(10)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年3月初旬の都内植物年 [探鳥]

先週土曜に向かった先は都内植物園。
以前に比べ確実に鳥が減ったなと実感する中、ツグミが姿を見せて
くれました。

20190309a.JPG

シロハラは園内でも目立ちました。

20190309b.JPG

20190309c.JPG

遅咲きの梅にメジロ。

20190309d.JPG

メジロはちょっと怖い顔に写ることもありますね。

20190309e.JPG

今季最後のキクちゃんでしょうか。

20190309f.JPG

相変わらず撮り難い鳥ですが、冬鳥の少なかった今季何故か出会いが
多く、心を和ませてくれました。

20190309g.JPG

20190309h.JPG

雌を追ってきた雄の百舌。

20190309i.JPG

此方のシロハラは随分小さく見えました。

20190309j.JPG

もう一羽のシロハラをカメラに収めてこの日は園を後にしました。

20190309k.JPG

冬鳥が少なくなりました・・・。
nice!(11)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年2月下旬の茨城県探鳥 ~その2~ [探鳥]

2月下旬の茨城県探鳥、その2は遠くのオオヒシクイの観察から。

20190304a.JPG

このヒシクイは既に皆旅立ったとの事です。この春は鳥達が帰るのが
早い傾向にあるのでしょうか・・・。
ヒシクイを観察している時にすぐ傍の電柱にとまったチョウゲンボウ。

20190304b.JPG

可愛いです。

20190304c.JPG

蓮田のシギチはなかなか出会いがなく、ようやく見つけたのが
此方のタシギ。

20190304d.JPG

そのタシギと同じ蓮田に居たのはオグロシギ。

20190304e.JPG

20190304f.JPG

蓮田のすぐ横に居たタゲリ。

20190304g.JPG

2、3羽だったタシギがだんだん増えてきました。

20190304h.JPG

20190304i.JPG

その後葦原に戻ると、ノスリがすぐ傍にとまりました。

20190304j.JPG

猛禽の中ではのんびりした印象の鳥ですが、こうして見るとなかなか
精悍な顔をしていますね。

20190304k.JPG

この日は、とにかく多くのミサゴを観察しました。

20190304l.JPG

20190304m.JPG

夕刻となり、いよいよチュウヒの塒入りが始まります。

20190304n.JPG

葦原ぎりぎりを飛ぶ姿は何度見ても美しいですね。

20190304o.JPG

20190304p.JPG

オオジュリンは意外に塒入りを気にしていないような・・・?

20190304q.JPG

20190304r.JPG

遠くを飛んだオオタカ。チュウヒとは飛翔姿が随分異なりますね。

20190304s.JPG

一羽のチュウヒが木の上で休んでいると、背後からもう一羽が・・・

20190304t.JPG

こうした動きも多くのチュウヒが生息する此処ならではの愉しみです。

20190304u.JPG

いよいよ日も傾き暗くなってきました。

20190304v.JPG

今季のチュウヒの観察はこれが最後となるでしょうか・・・。

20190304w.JPG

20190304x.JPG

この所、日曜になると雨天が続いています。
冬鳥が帰り野鳥が少なくなる時期ではありますが、鳥見に行けない
週末というのは精神衛生上よくありません・・・。
nice!(13)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年2月下旬の茨城県探鳥 ~その1~ [探鳥]

先週日曜は茨城県へプチ遠征に出掛けました。
早速現れたのはツグミ。

20190303a.JPG

百舌も居ました。

20190303b.JPG

今季初めて観察したホオアカ。

20190303c.JPG

夏は奥日光などで見られる鳥です。

20190303d.JPG

上空を舞うのはミサゴ。

20190303e.JPG

なかなか他の探鳥地では出会えないコジュリンも此処では見る事が
出来ます。可愛いですね。

20190303f.JPG

ジョウビタキ雌も現れました。

20190303g.JPG

この個体は暫くモデルになってくれました。

20190303h.JPG

この日、コジュリンは3個体を観察しました。

20190303i.JPG

20190303j.JPG

愛らしい表情をしていますね。

20190303k.JPG

カシラダカも観察。

20190303l.JPG

お馴染みのホオジロも沢山居ました。

20190303m.JPG

カメラを構えていたらすぐ横にツグミがとまり此方を見ていました。

20190303n.JPG

ヒバリが鳴いています。春が来たのですね。

20190303o.JPG

チュウヒが舞います。

20190303p.JPG

近くの小さな公園にはカシラダカの群が来ていました。

20190303q.JPG

アカハラも発見。

20190303r.JPG

とても小さな公園なのですが、一瞬ですがトラツグミの姿も見る
事が出来ました。写真は撮れませんでしたが、冬鳥が移動を始めて
いると思われる今、そうした一瞬の出会いに今後期待したいですね。
すぐ目の前にやってきたメジロ。

20190303s.JPG

もう少し探鳥を続けましょう。(その2へ続く)
nice!(12)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年2月下旬の水元公園 [探鳥]

毎年の事ですが二月はあっという間に過ぎていきますね。
気付けば今年も三月・・・。少なかった冬鳥達が帰って行きますね。

先月下旬に出掛けた水元公園で出会った鳥を掲載します。
綺麗な囀りが聞こえるなと思ったら、正体はやはり此方。

20190302a.JPG

正面顔は愛らしい百舌も横から見ると嘴が鋭いですね。

20190302b.JPG

上空にはハイタカツミ。

20190302c.JPG

青空に映えます。

20190302d.JPG

そのハイタカツミが去ってもじっとしていたツグミ。

20190302e.JPG

目の前に現れたルリビタキ雌タイプ。

20190302f.JPG

この個体は暫くモデルになってくれました。

20190302g.JPG

ヒタキ類はこうして長い時間付き合ってくれるものがいますね。

20190302h.JPG

久々にオカヨシガモを観察。

20190302i.JPG

シメの嘴は立派ですね。

20190302j.JPG

アオジはすぐ傍で採食していました。

20190302k.JPG

オオジュリン。

20190302l.JPG

なかなか撮れないウグイス。

20190302m.JPG

まだ地鳴きですが、もう間もなくその囀りを聞かせてくれるでしょう。

20190302n.JPG

最後はタシギに出会ってこの日の探鳥は終了。

20190302o.JPG

次回は茨城県へのプチ遠征探鳥を掲載します。
※当初ハイタカと掲載した鷹はツミでした。申し訳ありません。
takapy様、ご指摘頂き有難うございます。
nice!(13)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年2月中旬の京都探鳥 [探鳥]

所用で京都へ出掛けたので、カメラも持参して探鳥も少々楽しむことに。
土曜午後に出掛けた先は、京都御所。梅が咲き始めたとあって梅園は
多くの観光客で賑わっていましたが人の少ない所には野鳥の姿もぽつぽつ
見受けました。

先ずはアトリ。

20190225a.JPG

ツグミの姿も数ヶ所で見掛けました。

20190225b.JPG

シロハラ。

20190225c.JPG

アトリが樹上にとまりました。

20190225d.JPG

そのアトリのすぐ傍で採食していたのはイカル。

20190225e.JPG

此方も樹上での姿を撮影することが出来ました。

20190225f.JPG

関西では冬になるとイカルをこうして観察することが出来ますが
東京ではなかなか難しいです。

20190225g.JPG

綺麗な鳥ですね。

20190225h.JPG

久々のイカル。嬉しくて何枚も撮影してしまいました。

20190225i.JPG

此方は別のシロハラ。

20190225j.JPG

アオジも居ました。

20190225k.JPG

ビンズイも数羽で行動していました。今季はなかなかこの鳥にも
東京近郊で出会えません。

20190225l.JPG

20190225m.JPG

翌日は宝ヶ池にて探鳥を愉しむことに。早速姿を見せてくれたジョウビタキ雄。

20190225n.JPG

前回訪れた際も、ほぼ同じ場所でこの鳥を見ました。
毎年やって来る個体なのでしょうか。

20190225o.JPG

アオゲラもいました。

20190225p.JPG

池にはカイツブリの姿。

20190225q.JPG

人慣れしていたホシハジロ。

20190225r.JPG

愉しみにしていたオシドリは一羽もおらずで残念でしたが、ミコアイサの
雌が姿を見せてくれました。

20190225s.JPG

20190225u.JPG

此方は、マガモとカルガモの交雑個体でしょうか?

20190225t.JPG

最後はシロハラに出会って帰路につきました。
関西も今季は冬鳥が少ないのか、以前御所で観察できたトラツグミや
ルリビタキの姿を見る事は叶いませんでした。

20190225v.JPG
nice!(10)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年2月中旬の手賀沼探鳥 ~その2~ [探鳥]

このところ気温の高い日が続いていますね。桜の開花予報も出ましたし
冬鳥シーズンもぼちぼち終わりですね。
先日の手賀沼探鳥の続きを掲載します。
カワセミがじっとしていました。

20190223a.JPG

タヒバリの姿も見掛けました。

20190223c.JPG

ツグミ。

20190223d.JPG

この日は多くのオオジュリンを観察しました。

20190223e.JPG

眼を閉じたところも可愛いです。

20190223f.JPG

こちらは夏羽に移行しつつある個体。

20190223g.JPG

カイツブリの羽毛が暖かそうでした。

20190223h.JPG

ツグミは例年程ではありませんがかなり増えてきましたね。

20190223i.JPG

ホオジロの雌。可愛いです。

20190223j.JPG

アオジもすっかり人慣れしましたね。

20190223l.JPG

この日は極寒で沼沿いを歩く人も少なかったせいか、タシギもすぐ傍で
観察できました。

20190223m.JPG

シギを見たのは久しぶり・・・。

20190223n.JPG

シメの後ろ姿は美しいですね。

20190223o.JPG

寒い日に出掛けた甲斐があったようで、この日はチュウヒも最後に
姿を見せてくれました。

20190223p.JPG

20190223q.JPG

飛翔姿が美しいですね。

20190223r.JPG

手賀沼でこの鳥を観察する日は何故かこうした暗い空の事が多いのです。
多くの鳥に出会える日というのは、晴天よりもこうした空模様の時の方が
その頻度は高いのかもしれませんね。

20190223s.JPG

雪の舞うような寒さはこの冬はこの日が最後となるのでしょうか。
nice!(10)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -