So-net無料ブログ作成

2017年9月初旬のツツドリ ~その2~ [探鳥]

公園でツツドリを観察した後、別の場所へ移動して出会いを
待つことにしました。

ハグロトンボがひらひらと飛んできました。

20170911a.JPG

桜の木にツツドリ成鳥がやって来ました。

20170911b.JPG

幼鳥と思われる個体が地上で採食しています。

20170911c.JPG

此方では成鳥を二羽、幼鳥を一羽観察することが出来ました。

20170911d.JPG

幼鳥が毛虫をとると、その後を追いかけている鳥は百舌。

20170911e.JPG

成鳥を追いかける事はせず、幼鳥に狙いを定めていました。
うっかり虫を落としたら横取りしようとしているのでしょうか。

近くの桜の木にツツドリが舞い降りました。

20170911f.JPG

背後からのツツドリは鳩のようでもありますが、ちょっとヒヨドリにも
似ていますね。

20170911g.JPG

20170911h.JPG

20170911i.JPG

大きな毛虫をなかなか飲み込めない幼鳥。この後また百舌に追われて
いました。

20170911j.JPG

昼食後、同じ場所に戻ると一羽のツツドリが寛ぎモードでした。

20170911k.JPG

こうした動きはカッコウを彷彿とさせますね。

20170911l.JPG

逆光なのが残念・・・。

20170911m.JPG

午後になり更に気温が上がるとツツドリ達も休んでしまったのかあまり
出てこなくなりました。
この辺りで我々も退散です。
CMの多い公園ではなく、他に人のいない場所でゆっくりとツツドリを観察
出来た貴重なひと時でした。

20170911n.JPG

まだまだ蒸し暑いですが、もうすぐ夏も終わりですね・・・。
nice!(12)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年9月初旬のツツドリ ~その1~ [探鳥]

9月初旬の日曜に出掛けた先は、とある公園。
毎年ツツドリの飛来で知られる此方には既に多くのバーダーが詰めかけて
いました。

桜の木にやって来たのは、チキチキチキと鳴く百舌。

20170906a.JPG

と、とある樹にツツドリの幼鳥がやって来ました。

20170906b.JPG

まだまだ動きがあどけない感じです。

20170906c.JPG

20170906d.JPG

20170906e.JPG

20170906f.JPG

20170906g.JPG

この日はあまりにもCMが多かったせいなのか、成鳥はかなり遠くからの
撮影となりました。

20170906h.JPG

更に人も増えてきたので場所を変えてツツドリを探す事にしました。
(その2へ続く)
nice!(9)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年9月初旬のエナガ [探鳥]

この日は昼前から太陽が現れ、どんどん気温も上昇し朝の雨が
嘘のようになりました。
こうしてはいられない!と早速某所に鳥見に出掛けましたが、何と
その路線は事故で運転見合わせに・・・。
仕方なく急遽別の駅で下車し、とある公園で鳥見を始めました。

桜の木もたくさんあるし、ツツドリでも来てくれないかなぁと
期待していましたが、やはり昼頃からというのは時間的にも難しく
更にその公園はカラスがとても多かったせいか、成果無。

やれやれとちょっと剥げているカラスでも撮影します。

20170903a.JPG

マガモの雄。

20170903b.JPG

雌も居ました。

20170903c.JPG

と、シジュウカラの幼鳥が虫を咥えています。

20170903d.JPG

エナガも居ました。

20170903f.JPG

このエナガは長い時間お付き合いしてくれました。

20170903g.JPG

たまにこうして頭の白っぽいエナガも見掛けますね。

20170903h.JPG

バーダー誌でもエナガはかわいい鳥にランクインしていましたが、
やはり、その表情は愛らしいです。

20170903i.JPG

20170903j.JPG

20170903kk.JPG

20170903l.JPG

成果のない鳥見でしたが、このエナガのお陰で救われました。

20170903m.JPG

20170903n.JPG

次回こそツツドリに会いたいものです!
nice!(12)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年8月下旬のタマシギ親子 [探鳥]

前日、タマシギの4羽観察した所から30秒程の距離にタマシギ親子が居ました。

20170902a.JPG

遠いですが、雄と雛3羽を観察出来ます。

20170902b.JPG

20170902c.JPG

雛達はかなり大きくなってきているようです。

20170902d.JPG

少しでも天敵から見つかり易い、ちょっと開けた場所に出る時は親も
子供も速足で通り過ぎて行き、証拠写真程度となりましたが、初めて
タマシギの雛を見ることが出来ました。

卵から孵り、無事成鳥となる確率はどれくらいなのでしょうか。
日中はオオタカ等猛禽類もいますし、まだ蛇も活動しています。
夜間にはイタチもやってくるでしょう・・・。
無事、あの子達が成鳥になりますように。

帰り道、蛙を運ぶ鷺に出会いました。

20170902e.JPG

もうすぐ稲刈りも本格的に始まりますね。

20170902f.JPG

この夏は雨天が多かったので、新米の出来が心配です。
nice!(9)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年8月下旬のタマシギ [探鳥]

先週末、田園へタマシギを観察しに出掛けました。
先ず見付けたのは雄個体。

20170831a.JPG

じっとして目を閉じている事が多かったです。

20170831b.JPG

遠くにはもう一羽の雄。

20170831c.JPG

この日はひとつの田圃に、雌が2羽、雄が2羽居ました。
周りの田圃はまだ稲刈りが終わっていなかったので、此処にふたつの番が
やって来たのでしょうか・・・?

雌一羽が動き出しました。

20170831d.JPG

羽繕いを始めます。

20170831e.JPG

20170831f.JPG

鳥が目を閉じている姿は愛らしいものですが、シギチは特に可愛いですね。

20170831g.JPG

念入りに羽繕いしています。

20170831h.JPG

20170831i.JPG

20170831j.JPG

胸を膨らませています。

20170831k.JPG

コゥ、と鳴いたような気がしました。

20170831l.JPG

再び動き出しました。

20170831m.JPG

遠くの雄は相変わらずです。

20170831nn.JPG

帰りに農道を歩いている亀に出会いました。

20170831n.JPG

ちょっと失礼して・・・

20170831o.JPG

その後畦道へ置くと、田圃の中に入って行きました。
この日は雄の雉も観察することが出来ました。

20170831p.JPG

まだ尾羽が短く若い個体のようです。来年の春には母衣打ちを見せて
くれるようになるでしょうか。
nice!(10)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年8月下旬の利根運河 ~その2~

8月最後の土曜に出掛けた利根運河。
アカガシラサギに出会った後は、複数羽のセッカを撮影しました。

20170827a.JPG

此方は何やらVサインしているような・・・。

20170827c.JPG

背景の稲穂はたわわに実っていました。

20170827d.JPG

ハシブトガラスが蛾の幼虫を狙っていました。

20170827b.JPG

上空を舞うシギの群。ムナグロでしょうか・・・。

20170827e.JPG

雌の雉も姿を見せてくれました。

20170827f.JPG

そして今回壮観だったのが、工事現場に群れていた鷺達。

20170827g.JPG

ブルドーザーが土地を均す度に地中から虫がどんどん出てくるせいか
200羽以上の鷺達が集結していました。

20170827h.JPG

アマサギ、チュウサギ、ダイサギ、コサギ、そしてアオサギもいます。

20170827i.JPG

20170827j.JPG

ブルドーザーぎりぎりの所まで鷺達はやって来ます。

20170827k.JPG

運転する方も気になるだろうなぁという感じ・・・。

20170827l.JPG

この辺りは、かつてコミミズクが冬になると飛来しバーダー達はその時を
愉しみにしていたものですが、こうして開発が始まってしまい、鷺達は此処での
最後の晩餐とばかりに集結したのでしょうか・・・。

もう間もなく、この耕地でも稲刈りが始まり、その後ジシギ等との出会いも
期待できるかもしれません。
晩秋になればカシラダカやアオジがやって来てくれるはずです。でも、鳥達は
昨年とは異なるその環境を知り、次の年もまた次の年もやって来てくれるか
どうかは分かりません。

ひらひらと舞うアゲハチョウが目の前にとまってくれました。
この夏もぼちぼち、終わりですね。

20170827m.JPG

田園で拾った羽。雉の羽でしょうか・・・。

20170827n.JPG
nice!(9)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年8月下旬の利根運河 ~その1~ [探鳥]

8月最後の週末、曇り空で少しは涼しくなるかと期待して出掛けた先は
久々の利根運河。
既に運河沿いは彼岸花が咲き始めていました。

20170826a.JPG

運河に居る鴨はまだカルガモのみ。今年はいつ頃ヒドリガモ達が飛来
するのでしょうか。

20170826b.JPG

対岸にはゴイサギ。

20170826c.JPG

この個体はずっとこの姿勢で寝ていました。左奥にはホシゴイが居ます。

20170826d.JPG

エナガの幼鳥。

20170826e.JPG

ヤマトシジミ。よく見掛ける小さな蝶ですが、淡い綺麗な色が美しいです。

20170826f.JPG

耕地に出るとチュウサギコサギ(幼鳥?)の姿がありました。

20170826g.JPG

大きな口を開けたダイサギ。

20170826h.JPG

20170826i.JPG

ずんぐりとした首の鷺が飛んでいます。

20170826j.JPG

この鷺、初見のアカガシラサギ幼鳥のようです。

20170826k.JPG

20170826l.JPG

飛び方も、チュウサギ、ダイサギとはちょっと異なる感じでした。

20170826m.JPG

今期ここでヨシゴイの姿を見ることが出来ませんでしたが、思わぬ鷺に
出会えた嬉しいひと時でした。
蒸し暑いですがもう少し探鳥を続けましょう。
(その2へ続く)

nice!(7)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年8月下旬の十姉妹幼鳥 [探鳥]

先月半ばに家で飼っている十姉妹の卵が孵化しました。
一時増え過ぎて17羽になってからは、壺巣を皿巣に変え孵らないように
していましたが、今回は珍しく一羽が孵りすくすく育ちここまで大きく
なりました。

hinahina4.JPG

仕事から帰宅すると、先ず幼鳥の無事を確認するのが日課です。

hinahina3.JPG

hinahina1.JPG

皿巣から落ちると、下にこぼれているアワ玉を自分で食べています。
夜寝るときは自分で皿巣に戻れないので、私の手で巣まで運んでいます。
親鳥は幼鳥がピィピィ鳴いても口移しで食べ物を与えなくなってきたと
同時に雄個体は求愛ソングを再び囀るようになりました。

こちらが幼鳥の父親。十姉妹らしくない囀りをする個体です。

hinahina2.JPG

幼鳥の母親は残念ながら先日旅立ってしまいました・・・。
今では父親ではない、別の雄個体が幼鳥を一番可愛がっています。

鳥枯れのこの夏は十姉妹の雛の成長が愉しみでした。
nice!(7)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年8月中旬の奥日光 ~その2~ [探鳥]

2017年8月中旬の奥日光探鳥、到着時は晴れていたものの昼前から
雨が降ったり止んだりの天気となってしまいましたが、目の前にヒタキ類の
幼鳥がカラ類と混群となって現れました。

20170820a.JPG

こちらは、キビタキの幼鳥でしょうか・・・?

20170820b.JPG

傍にはコガラや、

20170820c.JPG

ヒガラの幼鳥が居ました。

20170820d.JPG

今回は特にヒガラの幼鳥を見かける事が多かったです。

20170820e.JPG

20170820f.JPG

昼食後、更に辺りは暗くなり目の前にとまったビンズイも真っ暗。

20170820g.JPG

露出を上げても残念な感じです・・・。

20170820h.JPG

雨が本降りとなり、早々に湯元温泉の宿へチェックインしました。
この所どうも奥日光に訪れた際の天候がイマイチで残念な限りですが
心地良い硫黄泉に浸かり疲れを癒しましょう。

翌朝は雨・・・。
今回も早朝出発予定で宿でお弁当を作って頂きましたが、結局部屋で
食べました。
傘をさして源泉付近を散歩すると、マガモの姿。

20170820i.JPG

20170820j.JPG

幼鳥もまだ見られました。

20170820k.JPG

湯元温泉始発のバスに乗り、そのまま帰ろうかとも思いましたが
ちょっと雨も小降りになったので赤沼で下車して千手ケ浜へバスで
向かいました。
この辺りは熊目撃情報が多い所ですからクマ除けの鈴をリュックに
付けます。
バス停付近で見られたコサメビタキの幼鳥。

20170820l.JPG

千手ケ浜から見られたアオサギ。以前はあまり奥日光で見ることの
なかった鳥というイメージですが、最近は戦場ヶ原でも見掛けます。

20170820m.JPG

山は霧がたちこめ、どんよりとしています。

20170820n.JPG

ここではミヤマカラスアゲハを頻繁に観察できました。

20170820o.JPG

とても綺麗な色の蝶ですね。

20170820p.JPG

20170820q.JPG

バス停付近に居たビンズイ。

20170820r.JPG

今回はビンズイも数多く観察出来ました。

20170820s.JPG

8月半ばともなると、奥日光ではオオルリ、キビタキ、トケン類は殆ど
姿を消し、ムシクイの声も数える程しか聞くことが出来ませんでしたが
ヒガラ幼鳥、ビンズイ、コサメビタキと平地ではまだ出会えない鳥達を
しっかり観察することが出来ました。

次回こそ、澄み切った青空の下で空模様を気にすることなく静かに
鳥見を楽しみたいものですが、それは紅葉も見頃を過ぎた初冬の頃と
なってしまうかもしれません。

20170820t.JPG

(2017年8月中旬の奥日光・おわり)
nice!(12)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年8月中旬の奥日光 ~その1~ [探鳥]

8月中旬に奥日光へ探鳥へ出掛けました。
始発に乗り東武日光駅に到着すると、くっきりとした青空が広がり
夏の日差しが照り付けていました。
いつものように赤沼バス停で下車し、戦場ヶ原を歩きます。

20170818a.JPG

すぐ傍にヒガラの幼鳥がやってきました。

20170818b.JPG

ヒメシジミ。

20170818c.JPG

ホサキシモツケは見頃をぼちぼち終える頃でしょうか。

20170818d.JPG

この日、ノビタキは遠かったです。

20170818e.JPG

親に食べ物をねだっている幼鳥。

20170818f.JPG

ここ戦場ヶ原では、ノビタキは早春に真っ先にやって来て、キビタキや
オオルリが去った後も子育てをしている等、比較的長い間観察できる
鳥の様です。

分かり難いですが、遠くにアカハラの姿も確認できました。

20170818g.JPG

コサメビタキ幼鳥が二羽います。

20170818h.JPG

20170818i.JPG

ビンズイも居ました。

20170818j.JPG

羽繕いに夢中です。

20170818k.JPG

20170818l.JPG

オオチャバネセセリチョウとアザミ。

20170818m.JPG

久々にアサギマダラを見ました。

20170818n.JPG

証拠写真ですがキバシリの姿も確認。

20170818o.JPG

再びアサギマダラ別個体、この蝶は飛び方が優雅ですね。

20170818p.JPG

ミドリヒョウモン。

20170818q.JPG

道路に降りたビンズイ。

20170818r.JPG

朝はあんなに晴れていたのに、11時前から雨がポツポツ降ってきて
辺りは暗くなってしまいました・・・。
三本松で昼食をとって暫く様子をみましょう。

(その2へ続く)
nice!(10)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る