So-net無料ブログ作成

2016年9月初旬のスペイン探鳥 ~その⑥~ [旅]

2016年秋、スペイン探鳥旅。その6は、ピレネーで出会った鳥達を掲載します。

エブロデルタから車でひた走り、Ainsaにてエコ・ミュージアムへ立ち寄りました。
此処では、ピレネーに生息する動物についての展示や生息環境についての
映像、そしてスタッフの方よりヒゲワシ等の生態について詳しい説明があります。
また、施設内には保護された猛禽も飼育しており、ワシミミズクなどを観察する
ことが出来ます。

その後、宿泊地のBrotoに到着。夕刻でしたが、空はまだ明るく日が差しています。

20161009a.JPG

宿泊先のホテルは此方。

20161009f.JPG

ホテルからBrotoの街を眺めます。

20161009b.JPG

周辺を散歩していると、クロジョウビタキ雌に出会いました。

20161009c.JPG

ヨーロッパシジュウカラの幼鳥は何やら獲物を咥えています。

20161009d.JPG

こちらを向きました。

20161009e.JPG

その夜は通り雨があったようですが、翌朝は晴れていました。
ピレネーの山も、標高が高い所では薄っすら雪化粧をしています。

20161009g.JPG

朝食前に軽く周辺を散歩していると、ヨーロッパシジュウカラの成鳥が現れました。
昨日の幼鳥に比べ、お腹の黄色が目立ちます。

20161009h.JPG

日本で見られるシジュウカラより大きい印象です。

20161009i.JPG

今日もクロジョウビタキの雌が居ました。
ホテル周辺を縄張りにしている個体のようです。

20161009j.JPG

20161009k.JPG

朝食後は猛禽観察へ出掛けることに。
車を止め、30分程緩い登坂を歩いていて向かう途中、キタメリエンダの花が
沢山咲いていました。

20161009l.JPG

そして、日本で見られるキクイタダキとは異なる、マミジロキクイタダキの姿。

20161009m.JPG

あのちょこまかした動きは全く同じでなかなか上手く撮影出来ません。

20161009n.JPG

ちょっと強面なキクちゃんという印象です。

20161009o.JPG

そうこうしているうちに鷲の観察ポイントに到着。
早速目の前に、シロエリハゲワシが滑空し始めました。

20161009p.JPG

(その7へ続く)

2015年12月下旬の八柱と大町自然観察園 [旅]

いよいよ今年もあと僅かで暮れようとしていますが、今日もついつい
鳥見に出掛けてしまいました・・・。

以下は先日の土曜に出掛けた八柱霊園と大町自然観察園で出会った
小鳥達です。

まずは、八柱のヤマガラ。

20151230a.JPG

この日のエナガは近くまで来てくれて撮り易かったです。

20151230b.JPG

可愛いですね・・・。

20151230c.JPG

20151230d.JPG

キクイタダキにも会えましたが、酷い写真しか撮れず・・・。
そしてオジロビタキは大分カメラマンの数も減っていましたが、まだその
姿を観察することは出来ました。

その後、大町へ移動します。既に蝋梅が咲いていました。

20151230f.JPG

シロハラの姿も何度も見掛けました。

20151230e.JPG

アオジも何羽も観察できました。

20151230g.JPG

20151230k.JPG

カワセミ。枝被りですが、海老を食べているのが分かります。

20151230h.JPG

鋭い表情をしています。

20151230i.JPG

藪の中を素早く移動する鳥がいるなと思ったら・・・

20151230j.JPG

今季初のルリビタキ(雌)。辛うじて撮れたレベルの写真でしたが
出会えて嬉しかったです。

・撮影日:12月26日


2014年3月 早春の茨城探鳥旅 ~その2~ [旅]

3月三連休の茨城探鳥旅。
その2は、那珂湊漁港で見たスズガモから。

20140330a.JPG

その後、景勝地「高戸小浜」に向かう途中の河口で見掛けたのはウミアイサ。
怪我をしているようでした。早く回復して海に戻れると良いのですが・・・。

20140330b.JPG

日本の渚百選にも選ばれた高戸小浜は、確かに素晴らしい眺めです。

20140330d.JPG

この日は強風で海は大時化。そんな中、激しい波の間に間に浮かんでいる
鴨達を遠くに見ることが出来ますが、遠すぎて判別が難しい・・・。

20140330c.JPG

其処に、そう遠くない岩場に雌のシノリガモが現れました。

20140330e.JPG

すぐにこの個体も波に消えていきました。それにしてもこの時化の中海に漂う
鴨達はよくその動きに波酔いしないものだと感心・・・。
私など、波に揺られ上下している鴨を見ているだけで気持ち悪くなりそうです。

20140330f.JPG

景勝地を後に、ぼちぼち本の宿へ向かいましょう。
今宵の宿は常陸太田市にある大管鉱泉「里見屋旅館」さん。

田園の中に二軒の宿が建つのみの温泉地ですが、静かにのんびりと寛ぐには
とても良い環境です。

荷物を下ろしたら、近所の田園を探鳥しつつぶらぶら散歩を愉しみました。
すぐに現れたのはセグロセキレイ。

20140330g.JPG

綺麗な声で鳴いているホオジロにも出会いました。

20140330h.JPG

こちらの鉱泉は、単純硫黄泉。リューマチや冷え性に効果があるということで、なるほど
じっくりと浸かっていると、ぽかぽかじんわり身体が温まり、泉質も柔らかく、とても
良い湯でした。

20140330n.JPG

お楽しみの夕食は、部屋食。

20140330i.JPG

揚げたての天麩羅も運ばれてきました。ホロ苦いフキノトウが嬉しい!

20140330k.JPG

名物のこんにゃくも美味。

20140330j.JPG

ズイキや野菜がたっぷり入った太めの饂飩の煮込みも、とても美味しかったです。

20140330l.JPG

固めに茹でられた菜の花もお酒を呼びます。

20140330m.JPG

この日は早々にバタンキュー。
翌朝は、ウグイスの囀りを聞きながらのんびりと朝風呂に浸かってから
朝食を頂きます。

20140330o.JPG

さぁ、今日はお目当ての鳥に会えるでしょうか。
まず向かったのは、宿から程近い「玉簾の滝」。

20140330p.JPG

すぐ傍で綺麗な鳥の囀りが聞こえ、何処だ何処だと探してみると・・・
枝被りで遠いですが、高い木の上にイカルがいました。

20140330q.JPG

その後向かったのは小木津山自然公園。
この冬、県外の車が沢山やってきたと地元の方が話していましたが、その理由は
此処にある鳥が飛来したからなのです。
まだ、その姿を見ることが出来るでしょうか?

駐車場に車をとめて歩き出すと、なるほどカメラや双眼鏡を持って歩いている方を
ちらほら見かけます。
と、早速ジョウビタキが現れました。

20140330r.JPG

このエリアではコゲラも沢山観察出来ました。
そして、木の天辺の方に見えるのは・・・シメのようです。

20140330s.JPG

梅も青空に映えていますね。

20140330t.JPG

と、松が生い茂る木々の傍に何羽かの赤い鳥が見えました。
もしかして・・・

20140330u.JPG

憧れの鳥、イスカです!この特徴的な嘴・・・間違いありません。

20140330v.JPG

ほんの数秒ですぐに高い松の木に上がってしまいましたが、こんなに近くで
その姿を観察でき、カメラに収められたのはとても嬉しい収獲です。

20140330x.JPG

すぐ傍にはルリビタキの雌も居ました。
また、メジロやイスカの雌個体も確認出来ました。

20140330w.JPG

憧れのイスカに出会い、興奮冷めやらぬまま向かった川尻海水浴場では
クロガモを観察することが出来ました。

20140330y.JPG

このハッキリしたコントラストが波に浮かぶ姿は、どことなくお風呂で遊ぶ
アヒルの人形を髣髴とさせます・・・。

この日の昼食はトンカツ屋さん。私はガツンとカツ丼を頂きました。

20140330z1.JPG

食後に向かったのは水沼ダム。
釣り客は多かったのですが、あまり鳥の鳴き声が聞こえません。
時間帯が良くなかったのかも・・・と歩いていると、目の前で何やらホオジロのような
鳥が飛び出しました。

20140330z2.JPG

枝被りですがミヤマホオジロ。この冬目にしたのは初めてです。
嬉しい出会いに足取りも軽く、この後帰路につきました。

常磐線と駅レンタカーを使っての近旅でしたが、冬鳥の少なかった今季を
埋め合わせてくれるかのように多くの収穫のあった嬉しいひとときとなりました。

今回宿泊した大管鉱泉の傍には、大手旅行会社のパンフレットには掲載されない
ような、こぢんまりとした秘湯が他にもあるようですので、また別の機会にぜひ
探鳥を絡めて訪れてみたいなと思いました。

<2014年3月早春の茨城探鳥旅 おわり>

【撮影した野鳥】

・スズガモ・・・Greater Scaup
・ウミアイサ・・・Red-breasted Merganser
・シノリガモ・・・Harlequin duck
・セグロセキレイ・・・Japanese Wagtail
・ホオジロ・・・Meadow bunting
・イスカ・・・Common Crossbill
・ルリビタキ・・・Red-flanked bluetail
・クロガモ・・・Black scoter
・ミヤマホオジロ・・・Yellow-throated bunting1

2014年3月 早春の茨城探鳥旅 ~その1~ [旅]

久しぶりに温泉+探鳥旅に出ようと、先週の三連休に向かったのは茨城県。

当初は何処か島でも・・・等と考えていましたが、かなり風が強い連休と
なってしまった事からも、移動手段に船や飛行機を利用しない旅というのは、
正解だったのかもしれません。

まずは朝、のんびりと常磐線に乗ってウトウトしている間に水戸駅に到着。
此処からレンタカーを借りて海辺に向かいます。
まずは大洗サンビーチ。ヒバリ達の賑やかな声を聞いていると、アオジが
木に上りました。

20140329a.JPG

その後、大洗、那珂湊、久慈漁港と周ります。風も吹いているし、鳥達は
漁港へ集まっているのでは・・・という期待を込めて。

20140329h.JPG

まず現れたのは、初めて目にしたアカエリカイツブリです。

20140329c.JPG

なかなか目つきの鋭いカイツブリのような・・・

20140329d.JPG

20140329e.JPG

のんびり休憩中のウミネコ達に交じって真っ白なカモメがいました。

20140329f.JPG

・・・これは、シロカモメでしょうか・・・?

20140329g.JPG

では、このカモメ↓は・・・セグロカモメの幼鳥でしょうか。
うーん、難しいです。(※オオセグロカモメの幼鳥と思われます)

20140329b.JPG

こちらは、ウミネコの幼鳥かと思われます。

20140329i.JPG

そしてこれは・・・

20140329j.JPG

うーん・・・。顔立ちが何だか優しげなのですが・・・
カモメは本当に難しいです。

20140329k.JPG

其処へ水浴びしているイソヒヨドリが登場して、ホッ。

20140329l.JPG

羽をぶるぶると乾かします。

20140329m.JPG

20140329n.JPG

こちらはウミネコ。他のカモメも幼鳥も、これといった特徴が明確だと
良いのですが・・・。

20140329o.JPG

こちらも幼鳥ですが・・・セグロカモメでしょうか・・・?
(※こちらもオオセグロカモメの幼鳥かと思われます)
カモメを撮影するときは脚もきっちり入れないと判別は更に難しいですね。

20140329p.JPG

食事中のウミネコ。身体の大きい強そうな個体が餌を独占。

20140329q.JPG

こちらのウミネコは、この個体が鳴いた途端に、

20140329r.JPG

もう一羽フワリと降りてきて、追いかけっこのような、歩調を合わせた早歩きを
繰り返していました。カップルなのでしょうか・・・

20140329s.JPG

カンムリカイツブリも近い所に出てきてくれました。

20140329u.JPG

海ではなく、原っぱの水たまりで水浴びするウミネコ達。

20140329v.JPG

20140329w.JPG

そして、久慈漁港ですぐ傍にその姿を現したのは・・・

20140329x.JPG

初めて見たアビです。こんなに大きい鳥なんですね。
(※こちらはアビではなく、ハシジロアビでした)

20140329y.JPG

海沿いに行くと、普段目にすることの出来ない鳥達に会えるものですね。
それにしても、カモメは難しいです。

最後は羽繕いに夢中だった一羽、こちらはセグロカモメでしょうか。

20140329z.JPG

撮影日:3月21日

※ご指摘を頂き、三ヶ所後に修正させて頂きました。

【撮影した野鳥】

・アオジ・・・Black-faced bunting
・イソヒヨドリ・・・Blue Rock Thrush
・アカエリカイツブリ・・・Red-necked grabe
・アビ・・・Red-throated Diver
・カンムリカイツブリ・・・Great Crested Grabe
・ウミネコ・・・Black-tailed Gull
・シロカモメ・・・Glaucous Gull
・セグロカモメ・・・Herring Gull

2013年師走の奥日光探鳥旅 ~その2~ [旅]

師走の奥日光探鳥旅、初日の午後に菖蒲ヶ浜でのオオワシ観察ですっかり
冷えきった身体を温めようと向かった宿は、今年初旬にも母と宿泊した「湖上苑」。

けして華美な宿ではないけれど、源泉かけ流しの硫黄泉はしみじみ温まるし
食事も美味しい。こぢんまりとした規模なので賑やかな団体客も少なく、
奥日光を散策し、温泉に浸かってゆっくりと寛ぐにはお薦めの宿。

早速、その麗しい湯に浸かろう・・・。

20131226nikko1.JPG

こんこんと湧く緑色の湯が美しい。因みに露天風呂は中禅寺湖の目の前で
「湖上での入浴体験」が出来るものの、冬場は風もあってやはり寒いッ・・・。

20131226nikko2.JPG

のんびりと温泉に浸かった後は、部屋で缶ビールをぐびぐびぷはぁ~っ。
部屋の窓はこの通り・・・。勿論室内はしっかり暖房が効いて暖かいです。

20131226nikko3.JPG

さぁ、ぼちぼちお楽しみの夕食の時間。

20131226nikko4.JPG

前菜は、引き揚げ生湯葉、湯葉と野菜の煮物、お造り、酢の物等が並び
どれも美味しい。夫はビール、私はグラスの白ワインでこれらを愉しんだ後は
赤ワインをオーダー。

20131226nikko5.JPG

自家製塩麹の鶏ハムとヤシオマスのリエットも美味↓。

20131226nikko6.JPG

季節のグラタンはかぼちゃが使われていてコクがあって美味しい。

20131226nikko7.JPG

魚料理は、ニジマスの唐揚げ。カリリッと揚がっています。

20131226nikko8.JPG

お肉料理は牛ヒレ肉の粒マスタードソース。

20131226nikko9.JPG

ふぅ、お腹いっぱい。この後、ご飯、デザートと続く充実のディナーコースでした。
その後温泉を堪能してバタンキュー。

翌日も、起きてすぐに温泉に浸かる。部屋は8割がたは埋まっていたはずなれど
お風呂はいつも貸切状態というのが何だか得した気分だった。
朝食も美味しく頂いたら、今日はスノーシュー無しで再び戦場ヶ原へ・・・。

昨日と同じ場所に現れたツグミ。

20131226nikko10.JPG

今日は晴れていて山々が美しい・・・。

20131226nikko11.JPG

マガモ♀も登場。

20131226nikko12.JPG

これぞ、冬の奥日光!という澄み切った空・・・気温も高めで快適な歩き。

20131226nikko13.JPG

冬ならではの結晶も・・・

20131226nikko14.JPG

・・・しかしである、景色は最高なのに鳥の声がピィとも聞こえず。
どうしちゃったんだろうか・・・?途中前方から浮かない顔をして大きなカメラを
担いだ男性とすれ違ったけれど・・・圧倒的に鳥が少な過ぎる。

やれやれと途中で引き返し、その後出会ったのがキバシリ(写真はイマイチ)と
ゴジュウカラ。

20131226nikko15.JPG

昨日より空が青く光が良いのが救いか・・・。

20131226nikko16.JPG

20131226nikko17.JPG

トトトト・・・とドラミングが聞こえ、もしやっ!!と期待して仰げば・・・

20131226nikko18.JPG

奥日光でアカゲラに全く会えない、というのは珍しい事だ。
その後見掛けたカワガラスは、何だか普段より更に警戒心が強くあっという間に
遠くに飛び去ってしまった・・・。

この冬は鳥が少ない、というのは首都圏だけでなく奥日光も同様のよう・・・。
1月や2月の厳冬期となると状況は変わるのだろうか。
でも、その時エッチラオッチラとスノーシュー歩きを再度出来るかと問われると
・・・・。

(2013年師走の奥日光探鳥旅・おわり) 


【撮影した野鳥】
・ツグミ・・・Dusky Thrush
・マガモ・・・Mallard
・ゴジュウカラ・・・Eurasian nuthatch
・コゲラ・・・Japanese Pigmy Woodpecker

2013年師走の奥日光探鳥旅 ~その1~ [旅]

久しぶりに白濁の温泉に浸かりたい・・・という夫の希望もあり、探鳥も
ついでにと、師走三連休を利用して出掛けたのが奥日光。

東武でフリーパスを購入して、東武線、東武バスを使って赤沼で下車。
たまに晴れ間も覗くものの、曇り空からは粉雪も時折舞うという天候の下
東屋でスノーシューを装着していると、早朝に探鳥を終えたと思われる
男性が戻ってきた。

「いや~、全然鳥がいないよ~。こんなにくたびれてツグミとベレー帽だけ」
というお言葉を聞き、ありゃ、そうなの・・・?と意気消沈。
今年は冬鳥が少ないと実感しているものの、奥日光までも・・・?

気を取り直して歩きはじめると、早速独特の鳴き声と共に現れたのがツグミ。

20131225b.JPG

以前、冬に此処に来たときはツグミの声など聞かなかったけれど、何故・・・?

戦場ヶ原を歩いていて目についてのは、木々がまだまだ実を沢山、それも
広範囲に渡ってつけていたこと。
そうなると鳥達も分散傾向にあるし、更に餌があるのだから首都圏に渡って
くる必要もない。・・・ということで、この冬ツグミが少ない、という現象が起きて
いるのだろうか・・・。

こちらには、ヒガラ、エナガ、コガラが隠れています・・・。

20131225d.JPG

ベレー帽君、冬場なれど餌にはさほど困っていない模様。

20131225e.JPG

戦場ヶ原から山々は雪で霞んで見えず・・・。

20131225a.JPG

その後暫くは「鳥がいないね」状態が続く。うーむ、連休の探鳥地としての
選択は失敗だったのだろうか・・・。

と、ようやくゴジュウカラが登場。

20131225f.JPG

そうそう、奥日光へ来たらこの鳥に会わなくちゃ。

20131225g.JPG

ゴジュウカラの他にも鳥の姿が見え始め、あっちこっちと移動する
小さな物体を何とか捉え、後で確認すると・・・

20131225h.JPG

久々のキクイタダキ!今季初。遠いけれど、嬉しい・・・。

20131225i.JPG

その後、キバシリもその興味深い姿を見せてくれた。

20131225j.JPG

しかし、だんだんと天候はイマイチに、そして寒さも増して風も・・・。

20131225k.JPG

ということで、スノーシュー歩きは切り上げてバスに乗り、竜頭の滝で下車。
紅葉で有名なかの地は、冬景色も美しい。

20131225l.JPG

滝横には氷の見事なオブジェが出来ていた。今見ても、さ、寒そう・・・。

20131225m.JPG

ちょっと身体を温めようと向かったのは菖蒲ヶ浜にあるレストラン。

20131225n.JPG

素朴なラーメンだったが、しみじみと身体に染みて美味だった。
折角此処に来たのだから、すぐ傍で三脚を構えている方々と共に我等も・・・
と、食後はオオワシ・オジロワシ撮影に挑むことに。

食事中、皆のカメラがこっちに向いているなぁと思ったら、オオワシはレストランの
奥にある木でお休み中だった。

20131225t.JPG

何でも、この姿勢をかれこれ2時間以上続けているとか・・・。
カラスが鳴いても、トンビが傍を通っても知らんぷり。これは長期戦となりそう。

と、上空を別の大きな猛禽が舞い始めた。

20131225o.JPG

オオワシかオジロワシか・・・多分オオワシではないかな・・・?
その後も全く木にとまったオオワシに動きは無い。
周りの木立には、エナガなどの小鳥達がやってきたので、そちらを撮影。

うーん、ここにも木の実は健在。

20131225p.JPG

ベレー帽君も何やら食べています。

20131225r.JPG

そして何と、此処にもキバシリが登場!

20131225q.JPG

・・・わざわざスノーシューを履いてエッチラオッチラと戦場ヶ原を歩かなくても
たまたまとは言え、此処で会えるとは・・・。

中禅寺湖にはオオバンも沢山。

20131225s.JPG

20131225u.JPG

少しだけ、あのオオワシに動きがありました。

20131225v.JPG

でも、これだけ・・・。2時半過ぎとなり、冷たい風も吹き始め、ひとり、またひとりと
三脚をたたみ撤収を始めています。
バスの時間もあるし、我々もぼちぼち今夜の宿に向かいますか。
温泉で身体を温めないとね・・・。

バス停は、ちょうどこのオオワシがとまっている木の下付近。
独特の鳴き声が頻繁にし始めた。そして、バスは遅れているのか来ない。
と、その瞬間、すぐ上空をオオワシが舞った(写真撮れず)。
悠然と冬の奥日光上空を飛ぶオオワシの姿は、やはり美しかった。

次のバスにして、あと7~8分待てば、我々もオオワシを撮影できたはず。
野鳥撮影には忍耐が必要だ。

(その2へ続く)

【撮影した野鳥】
・ツグミ・・・Dusky Thrush
・コガラ・・・Willow tit
・ヒガラ・・・Coal tit
・エナガ・・・Long-tailed Tit
・ゴジュウカラ・・・Eurasian nuthatch
・キクイタダキ・・・Goldcrest
・キバシリ・・・Treecreeper
・オオバン・・・Black coot
・オオワシ・・・Steller's sea eagle

2013年11月中旬の皇居東御苑と能登の旅 [旅]

11月14日午前に出掛けた皇居東御苑では、もう見られるかな・・・?と
期待したジョウビタキとは残念ながら出会えず。
例年ならもうぼちぼち来る頃なのだけれど。

ということで、撮影したのはいつものメンバー。
ニーニーと、いつも可愛くポーズを決めてくれるヤマガラ(Varied tit)。

20131119a.JPG

20131119b.JPG

この日は寒かったせいか、野鳥達も普段よりふくっと膨れていたような・・・。
メジロ(Japanese White-eye)もふっくら。

20131119c.JPG

20131119d.JPG

シジュウカラ(Japanese tit)もふくっとしていた。

20131119e.JPG

此処からは、週末を利用して出掛けた能登旅行を・・・。
石川県でも金沢には出掛けた事はあるものの、能登半島の旅は初めて。
鰤も蟹も解禁となり、冬の海の幸との出会いも期待したいところ。

能登へのアクセスは、東京からなら羽田から1日2便飛んでいるANAが便利。
1時間の空の旅では、頂上に雪を被った冬らしい富士山の姿を愉しめた。

20131119f.JPG

能登空港からは予約していた「乗合タクシー」にて七尾へ向かう。
そして、七尾駅からすぐの回転寿司店へGO!
北陸の回転寿司はグレードが高いと聞いていたが果たして・・・。

続きを読む


浜松旅行と手賀沼のカワセミ [旅]

全国的にお天気がイマイチだった三連休。
久々に女友達4人で旅行に出掛けたのは浜松。
幕府を開いたこのキャラクターで今、売出中の注目の観光地である。

20131105o.JPG

今回は大阪在住の友人と東京組の中間地点、ということでこの場所を選択。
東京組は、「ぷらっとこだま」のドリンクチケットを使い、新幹線の中から早くも
ビールで乾杯♪大阪組は車で現地へ・・・。
浜松駅で合流してまずはランチ、と駅傍のドイツビアレストランへ。

20131105a.JPG

スープ、ステーキ、パンorサラダ、コーヒーで840円のランチはなかなかの
ボリューム。(東京組はしっかりビールを此処でも呑む)

20131105b.JPG

その後車で舞阪へ。
漁師町として知られるこちらの町にて浜名大橋と赤鳥居前で記念撮影をして
名物のシラスを調達。

20131105c.JPG

その後、本日の宿泊地である浜名湖傍の会員制リゾートホテルへ向かう。

20131105d.JPG

勿論、私が会員の訳ではなく、友人家族の会員権を使っての宿泊。
こんなゴージャスなシステムも世の中にあるんだなぁと今更ながら知る。

夕食は館内のレストランが高価な事と、風呂に入ってから車で出掛けるのが
面倒な事から、浜松駅ビルで調達したワインや惣菜、パン、そして舞阪のシラスを
部屋で頂くことに・・・。
久々に女友達での旅行となれば、部屋でワイワイ呑んで食べて喋る方が断然
楽しい!夜はあっという間に更けていった。

そして翌朝はだんだんと天候も回復して青空ものぞきだし、観光日和に。
向かったのは奥浜名湖エリアの「龍潭寺」。

20131105e.JPG

奈良時代に創建されたという古刹の龍潭寺は、井伊家に縁があり、江戸時代に
造られた庭園の美しさも有名で、紅葉の名所としても知られている。

20131105f.JPG

園内では、野鳥の声も響き、しっとりとした庭をのんびりと眺めていると
時の経つのを忘れてしまう・・・。

20131105g.JPG

因みに、こちらで炊かれていたお香はとても良い香りだったのでついつい
購入してしまった。
更に・・・お土産として販売されていた「浜納豆」なる豆製品を試食し、
すっかり虜になり、こちらも購入、早速、ごはんに酒の肴に活用している。

次に向かったのは「縁結び」で有名な舘山寺。

20131105h.JPG

確かに若いお嬢さんグループが多く、絵馬も「素敵な人が現れますように」、
「○○君とずーっと幸せでいられますように」と、四十路の我らが無言で「・・・」と
遠い目になってしまうものが目立った。

舘山寺の裏手には素晴らしい展望台があり、こんな景色を臨める。

20131105i.JPG

この日の浜名湖は最高の秋晴れ!

20131105j.JPG

さぁ、舘山寺で急な坂や階段も上り下りしてお腹も減ったと向かったのは
浜松の鰻店。やはり、浜名湖と言えば鰻である。
今回は鰻重ではなく、鰻重も、鰻茶漬けも楽しめるこちらをオーダー。

20131105m.JPG

お櫃にはご飯と鰻がこんもりと・・・。

20131105k.JPG

まずは、お茶碗にそのままよそい、次は出汁と薬味をかけて頂く。

20131105n.JPG

鰻の旨味、タレの甘味とコク、そして薬味の葱と山葵に出汁があいまって
これはかなり秀逸な美味しさでペロリと完食。
やはり、旨い鰻は旨い。

新幹線まで時間が少しあるなぁと最後に向かったのは浜松城。
只今改修工事中だが、青空に映える天守閣を臨む事ができた。

20131105p.JPG

浜名湖周辺は、これからは牡蠣や河豚もシーズン。
奥浜名湖エリアには古刹もあり、これからの紅葉シーズンに女同士ゆっくりと
旅を楽しむのにお薦め。(勿論、夫婦の旅にもお薦めですよ~~)

さてさて、此処からは前回の手賀沼探鳥の続き。

綺麗な声で鳴いていたのはホオジロ。

20131105r.JPG

ジッジと鳴き声ばかりで姿をなかなか見せてくれないアオジも登場。

20131105s.JPG

そして・・・あの独特の高い声がすぐ傍で聞こえた。

20131105t.JPG

物凄い近い距離・・・。そしてすぐ目の前の石にひらっと飛来。

20131105u.JPG

その距離、3メートルもないだろう・・・。此処までカワセミと近い距離という
シチュエーションは初めて。先程まで園児達が遊んでいたエリアなので
暫くじっと潜んで、ようやく出れるぞ!!と警戒心が薄くなったのだろうか。

20131105v.JPG

多くのカメラマンを魅了するカワセミだけに、カメラ慣れ(人慣れ)している
ということも事実なのかもしれないけれど・・・。

【撮影した野鳥】
・ホオジロ・・・Meadow Bunting
・アオジ・・・Black-faced Bunting
・カワセミ・・・Kingfisher

2013年10月 川越散策 [旅]

今週月曜に母と川越散策に出掛けた。

20131025kawagoe1.JPG

月曜は休業という店も多いとの事だったが、バスで乗りつけての団体さんや
外国人観光客もかなり多く、「小江戸 川越」人気を今更ながら知った次第。

JRの川越駅から蔵造りの町並までは、ウォーキングとしてもお薦めの距離。
途中見つけてしまった小江戸蔵里では、銘酒鏡山の試飲も出来る。

20131025kawagoe2.JPG

早速母と私で昼前から日本酒を少々・・・。

20131025kawagoe3.JPG

すきっ腹に日本酒でちょいといい気分・・・。
そのまま歩き進めばだんだんと小江戸川越らしい町並に。

20131025kawagoe4.JPG

有名な「時の鐘」はこちら。

20131025kawagoe5.JPG

そして、この「時の鐘」の形そのものを焼いたお菓子が「時の鐘焼き」↓。

20131025kawagoe6.JPG

消化を助ける効能が期待される食用の竹炭が生地に練り込まれていて
ちょっと黒っぽい、時の鐘そのもののような色合いとデザインが特徴で、
餡は、あんこか川越ならではのお芋のクリームを選べるというもの。

ふわりとした生地から漂う炭の香りが、ちょっと燻香に通じるものもあって
甘さ控えめな芋のクリームとの相性も良く、なかなか美味しい。
散歩途中に一息つきたい時や、川越土産にお薦め。
(辛党でも美味しく頂ける)

さてさて、川越土産を手に入れた後は・・・知人に勧められた蕎麦店へ。
ビール・・・ではなく、先程の試飲の続きで再び「鏡山」をお願いする。

20131025kawagoe7.JPG

蕎麦屋の肴の定番、板わさ。山葵が美味・・・。

20131025kawagoe8.JPG

そして鴨焼きも王道!この、鴨の脂を纏った葱も香ばしく焼かれて大変
美味しい。嗚呼、カモネギの季節も到来かぁ、と暫しウットリ・・・。

20131025kawagoe9.JPG

そして〆の蕎麦。残念ながらこの日は田舎蕎麦が完売とのことで、せいろを
お願いしたが、なかなか美味しい蕎麦であっという間に完食。

20131025kawagoe10.JPG

川越ならば昼食は鰻、と思いきや「蕎麦」。これもありだなぁと満足しつつ再び
母と川越駅に向かった。

月曜昼から日本酒と鴨に旨い蕎麦・・・。
かなり贅沢なひとときでした。

2013年10月 粟島探鳥旅 ~その5~ [旅]

2013年10月の粟島探鳥旅、3日目は穏やかな晴天で幕を開けた。

とそこへ、粟島汽船より「今朝は7時にフェリーが出航します」と全島放送が入る。
昨日は全便欠航で足止めされてしまった人も多いのだろう。

さて我々も早速、食事の前に探鳥に出掛けねばッ。
鼻息荒く向かったのは、小学校裏手の畑。今日も野鳥撮影の方々の姿がちらほら。
まず現れたのは、ノビタキ。

2013101019a.JPG

昨日よりもその数が増えたように思えるのは気のせいだろうか。

2013101019b.JPG

2013101019c.JPG

2013101019d.JPG

畑にはキセキレイの姿も。

2013101019h.JPG

そして、カシラダカもすぐ真上にとまってくれた。

2013101019j.JPG

2013101019k.JPG

美しい声で囀りながら電線にとまったのはイソヒヨドリの雄↓。

2013101019e.JPG

こちらは雌↓。なんだか、雄より凄みがあるような・・・

2013101019f.JPG

2013101019g.JPG

風がやんだせいなのか、海が穏やかになったせいなのか・・・
今朝は今までより断然鳥の数が多い。まだまだ撮影していたいけれど、残念ながら
ここで朝食の時間。

宿に戻れば、朝食がスタンバイ。

2013101019m.JPG

朝から美しいアオリイカが並び思わずニッコリ。
甘く、爽やかな美味しさと独特な歯応えが秀逸な烏賊につられてご飯も進む。

2013101019n.JPG

そこに現れたのが、注文しておいた粟島名物「わっぱ煮」。

2013101019o.JPG

「わっぱ」と呼ばれる器に、予め焼いた季節の魚と湯を注ぎ、焼石を入れて
自家製味噌で仕上げたもので、魚の出汁がよく出て秀逸な美味しさ。

もともとは漁師さんが島のあちこちで見かける湧水を使って漁の合間に作って
食べていたものだとか。

ボリュームたっぷりの「わっぱ煮」、食べ進むと石がごろりと登場。

2013101019p.JPG

ふぅぅ~、かなり満腹になった。
これはしっかり歩いて探鳥を愉しまなくては!

昨日の島1周ウォーキングで足は筋肉痛なれど、穏やかな潮風を受けつつ
歩くのは心地よい。
港には、魚を見付けたのかカモメの幼鳥達が先を争っていた。

2013101019q.JPG

2013101019r.JPG

地元の女性達は海藻を収獲。

2013101019s.JPG

今朝も鳶は沢山飛んでいる。

2013101019t.JPG

海はどこまでも穏やかで、今日帰る身としてはホッ・・・。
さすがにこの波なら船酔いはしないだろう。

2013101019u.JPG

2013101019v.JPG

道路では、虫をとるハクセキレイの姿。身体が柔らかい・・・。
ワタシならこんな恰好をしたらグキッとムチウチになりそう。

2013101019w.JPG

と、上空を飛ぶのは猛禽・・・?
その物凄く速いスピードを踏まえると、もしかするとハヤブサだろうか。

2013101019x.JPG

明らかに昨日までとは違う鳥達の出現にワクワクしつつ、探鳥時間もあと
残りわずかとなってしまった。
あと数時間、鳥との出会いを愉しもう。
(その6へ続く)
メッセージを送る