So-net無料ブログ作成

2017年6月下旬の手賀沼 [探鳥]

週末に出掛けた先は手賀沼。
サシバに出会えることを期待しての鳥見だったのですが、この日はサッパリ。
そして朝から蒸し暑く粘って鳥見が厳しくなり、残念ながら早々に引き上げる
結果となってしまいました。

田園に佇むチュウサギ。

20170628a.JPG

同じく田園にカワセミ。巣が傍にあり、ここで狩りをしているようでした。

20170628b.JPG

メジロやコゲラと行動していたエナガ幼鳥、撮影は厳しいものでした。

20170628c.JPG

セセリチョウも紫陽花の葉にとまるばかりで花にはとまらず・・・。

20170628d.JPG

頭上にはホバリングするチョウゲンボウ。

20170628e.JPG

さっと降下したと思ったら、あっという間に何かを捕らえて去って
行きました。

20170628f.JPG

獲物はネズミだったのでしょうか。

20170628g.JPG

田園には雉が二羽。番でしょうか。

20170628h.JPG

雄雉とハクセキレイが出会いましたが、

20170628i.JPG

お互い全く我関せずでした。

20170628j.JPG

鳥枯れの季節となってきました。蒸し暑いと体力も気力も続かないので
無理に出掛けず、家で鳥に関する書物等を読んだり、DVDを観るのも
良いかもしれません・・・。

20170628k.JPG
nice!(9)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年6月中旬の奥志賀 [探鳥]

先週末に探鳥に出掛けた先は志賀高原。
先ず見掛けたのは、キセキレイ。

20170923a.JPG

もう一羽、巣材を咥えてやって来くると二羽揃って奥へと消えて
行きました。これから子育てが始まるのでしょう。

20170923b.JPG

志賀高原はこのところ気温が低いことが多かったとの事で、花々の開花も
遅れているようで、残雪も所々見受けられました。

20170923c.JPG

上空を飛ぶカラス。こんなに羽が欠損しても飛べるのですね。

20170923d.JPG

ウグイスもあちこちで鳴いていました。

20170923e.JPG

アオジかなと思った鳥はクロジ。
盛んに鳴いていたので幼鳥だったのでしょうか?

20170923f.JPG

20170923h.JPG

20170923g.JPG

20170923i.JPG

オオルリも居ましたが、皆木の天辺で囀り撮影は厳しいものばかり。

20170923j.JPG

アカゲラも居ました。

20170923k.JPG

ミソサザイは、木の上で囀るものが多かったような・・・。

20170923l.JPG

20170923m.JPG

コガラ。二羽で追いかけ合い、羽を震わせていました。

20170923n.JPG

ぼちぼちカップル誕生で営巣に入るのかもしれません。

20170923o.JPG

20170923p.JPG

頭にチラッと赤い羽根が見えた雄のコゲラ。

20170923q.JPG

虫を沢山咥えたホオジロ。盛んに幼鳥を呼んでいました。

20170923r.JPG

センダイムシクイ。あちこちで、エゾムシクイやメボソムシクイの声は
聞こえるのですが、なかなかカメラにその姿を収めることが出来ません。

20170923s.JPG

バス停の壁にとまるのはニュウナイスズメ。

20170923t.JPG

キビタキもようやく撮影。囀りは聞こえるのですが、なかなか此方も
撮り難かったです。

20170923v.JPG

20170923w.JPG

そして、最もよくその鳴き声が聞こえながらも全く姿を見せてくれない
この鳥も何とか最後にカメラに収めることが出来ました。

20170923u.JPG

オオルリよりも、キビタキよりもあちこちで鳴いていたコルリ。

20170923y.JPG

とにかく手強い相手でした・・・。

20170923z.JPG

奥志賀は野鳥の声はそこかしこから聞こえるのですが、実際に撮影するのは
なかなか難しいですね。
そして、夏山ならではの虫除け対策も怠ってはいけません。
涼しいから大丈夫かなと思った早朝、おでこを二箇所虫に刺されてしまい
未だ傷が残っています。

帰り道、長野駅に向かう途中に寄ったのはチョウゲンボウの営巣で知られる
十三崖。今年はチョウゲンボウの他にハヤブサも営巣を始めたとか・・・。

20170923z1.JPG

既にチョウゲンボウは巣立ち、その姿を見る事は出来ないと分かって
いましたが、ハヤブサの幼鳥が二羽その地に居りました。

20170923z2.JPG

20170923z3.JPG

30分程観察していましたが、親鳥がやって来ることはありませんでした。
もう、独り立ちする頃なのでしょうか。

初夏の奥志賀探鳥、何とかコルリを観察できたまずまずのものとなりました。
次回訪れる際は、雌個体も観察してみたいものです。
nice!(9)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年6月中旬の利根運河 [探鳥]

先々週の日曜に出掛けた先は利根運河。
往路ににおどり公園で出会ったのはエナガ。

20170621a.JPG

20170621b.JPG

シジュウカラ幼鳥は、逞しくも自分で捕まえたと思われる蝶を
捕食していました。

20170621c.JPG

先日、親鳥に食べ物を貰っていた個体でしょうか。

20170621d.JPG

こうなれば、親は一安心ですね。

20170621e.JPG

耕地に出ると、鷺が飛んでいました。チュウサギかダイサギかな?と
よく見ずに撮影し、家でパソコンに落とすとアマサギと判明・・・。

20170621f.JPG

それも一羽は嘴が婚姻色に染まっています。

20170621g.JPG

きちんと観察しながら撮影しないと駄目ですね・・・。
田園にはチュウサギの姿。

20170621h.JPG

ヒバリも鳴いています。

20170621i.JPG

20170621j.JPG

ちょっと目を閉じたところ。あの囀りを休みなく続けるのもなかなか
苦しいものがあるようですね。

20170621k.JPG

ヒッヒッヒと頭の上から声が聞こえるなと見上げると、電線にセッカ。

20170621l.JPG

すぐ近くにとまったこの個体は目を怪我しているのか、細めたり閉じたり
することが多かったです。

20170621m.JPG

20170621mm.JPG

それでも、囀り雌を呼ばなければ・・・

20170621n.JPG

この日は雉の姿をよく見ました。

20170621p.JPG

20170621q.JPG

20170621u.JPG

耕地で見かけた雄雉は3個体。狙いはこの雌個体だったのでしょうか?

20170621t.JPG

巣材を運ぶセッカ。

20170621r.JPG

20170621s.JPG

帰り道、再びにおどり公園で出会ったシジュウカラ幼鳥。

20170621v.JPG

エナガの幼鳥も居ました。

20170621w.JPG

20170621x.JPG

何だかちょっと眠そうです。

20170621y.JPG

やがて、目を閉じて

20170621z.JPG

スヤスヤとお昼寝を始めました。

20170621o.JPG

運河沿いではホオジロが元気に囀っていました。

20170621zz.JPG

出会いが益々減るこの時期ですが、まずますの鳥見となりました。

nice!(9)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年6月中旬の印旛沼 [探鳥]

6月の晴れた土曜に向かった先は印旛沼エリア。
毎年この時期になると、ここへ一度は足を運んでいます。

目的はヴォー、ヴォーとビール瓶に息を吹きかけたような音で鳴く
野鳥との出会いですが、毎年遥か遠くの田圃にそれらしき生き物を
何とか確認できる程度に終わっていました。

目的地に向かい歩いていると、川にはアヒル二羽の姿。

20170619a.JPG

岸辺からおじさんが二羽を呼ぶと、すーっと泳いで陸に上がり
お尻をフリフリしながら其方へ歩いて行きました。
その後、逆光ですがセッカが目の前に現れました。

20170619b.JPG

20170619c.JPG

目的地に到着すると、同じ方向にカメラを向けた方々が既に沢山
います。その先には・・・

20170619d.JPG

居ました、サンカノゴイです。
ブルッと身体を震わせました。

20170619e.JPG

そして、

20170619f.JPG

飛び立ちました。

20170619g.JPG

目の前でこの鳥が飛んでいるのを見るのは勿論初めてのことです。

20170619h.JPG

ゆっくりしたスピードですが、みるみるうちに近付いてきます。

20170619i.JPG

20170619j.JPG

20170619k.JPG

かなり近くに飛んで来ました。

20170619l.JPG

20170619m.JPG

その後、向こう岸まで飛び葦の中に消えて行きました。

実はこの日、常磐線でうっかり我孫子で降りるのを忘れてしまい、
予定より遅い時間に到着してしまったのですが、飛翔姿を撮ることが
できたのは幸運でした。
サンカノゴイを撮影するには、やはり早朝が良さそうです。

葦原が広がるこの地では、多くのオオヨシキリ達が子育中で、虫を
咥えて飛ぶ親鳥達があちこちに行き交っていました。

20170619n.JPG

そして、印旛沼で忘れてならないのはヨシゴイ。

20170619o.JPG

あちこちで飛びますが、飛びものを撮るのは難しいですね。

20170619p.JPG

此方は、すぐ傍にとまっていた個体。

20170619q.JPG

飛びました。

20170619r.JPG

此方は擬態しようとしているのでしょうか・・・。

20170619s.JPG

首を縮めている時と、伸ばした時とのギャップが何ともユニークな
鳥ですよね。

20170619t.JPG

葦にとまるときの脚のポーズも独特ですね。

20170619u.JPG

20170619v.JPG

20170619w.JPG

見ていて飽きません。

20170619x.JPG

飛翔。

20170619y.JPG

10時過ぎ、暑くなってきたのでその場を後にしました。
往路で見たアヒルは、お腹が膨れたのかスヤスヤとお休み中でした。

20170619z.JPG

・撮影日:6月10日
nice!(10)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年6月初旬の手賀沼 [探鳥]

どんよりとした天気の6月初旬に出掛けた先は手賀沼。
まだ、幼鳥と思われる雀。

20170613a.JPG

雉の雄。ぼんやりと立っています。番となった雌は子育て中で
この雄は縄張りを守っているのでしょうか。

20170613b.JPG

雉の正面顔はいつ見てもユニークですね。

20170613c.JPG

燕の幼鳥が親鳥を待っています。

20170613d.JPG

20170613e.JPG

こちらのコブハクチョウの幼鳥は大分大きくなりました。
既に片親は一緒に過ごしてはいないようです。

20170613f.JPG

雛と成鳥は真っ白ですが、この時期の幼鳥は微妙な羽の色を呈していますね。

20170613g.JPG

20170613h.JPG

カワセミも居ました。

20170613i.JPG

此方にはまだ小さな雛がいました。小さな羽を広げパタパタしています。

20170613j.JPG

20170613k.JPG

可愛いですね。

20170613l.JPG

20170613m.JPG

小さな翼が何とも愛らしいです。

20170613n.JPG

20170613o.JPG

目を閉じた姿も何とも言えません。

20170613p.JPG

脚をうーんと伸ばしてストレッチ。

20170613q.JPG

手賀沼は益々サイクリングロードが賑わっていますね。
沼寄りがサイクリングロードに指定されているので、白線外の端の方で
鳥見をしていても、自転車乗りの方に怒鳴られることもあり、
バーダーレーンも作って欲しいと思う今日この頃です。
nice!(14)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年6月初旬の利根運河 [探鳥]

今月初旬に利根運河へ出掛けました。
運河沿いで観察できる鳥もかなり限られてきましたが、におどり公園と
耕地での出会いに期待しつつ・・・。

そのにおどり公園で先ず出会ったのは野良猫達。

20170611a.JPG

まだ若いと思われる猫達は愛らしい表情をしています。

20170611c.JPG

此方は貫禄のある成猫。

20170611b.JPG

園内の桜の木にはシジュウカラの幼鳥も居ました。

20170611d.JPG

親鳥に食べ物をねだります。(暗かったので露出をあげています)

20170611e.JPG

虫を貰いました。

20170611f.JPG

20170611g.JPG

シジュウカラの幼鳥は、あどけない動きも表情も愛らしいですね。

20170611h.JPG

20170611i.JPG

耕地では、オオヨシキリが鳴いていました。
ただ、営巣に入った個体が多いのか以前より目立つところで鳴く雄は
少なくなったような気がします。

20170611j.JPG

この日はコヨシキリも何とか観察することが出来ました。

20170611k.JPG

風が強い日で葦が揺れてなかなか上手く撮れなかったのと、この個体は
すぐに葦の中に隠れてしまうことも多かったのが残念。

20170611l.JPG

この個体は、この翌日にも観察されたそうですがその後何処かへ行って
しまったのか、姿が見えないようです。
またその姿をカメラに収めたいものですが・・・。

この日はコチドリも田圃で複数羽観察できました。

20170611m.JPG

20170611n.JPG

帰り道、運河沿いで元気に鳴いていたのはホオジロ。
この個体はカシラダカのように頭頂部の毛が立っています。

20170611o.JPG

此方は別個体。

20170611p.JPG

運河沿いではウグイスやコジュケイの声が聞こえなくなってきました。
百舌の姿もありませんし、早くも秋の訪れが待ち遠しいです。

・撮影日:6月4日
nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年5月下旬のツミカップル [探鳥]

昨年、ツミが営巣した公園に出掛けると再びツミのカップルが
やって来ていました。

20170609a.JPG

昨年は、残念ながら雄が営巣途中で亡くなってしまいましたが、立派に
子供を育て上げた雌が新しいパートナーを連れて戻ってきたのでしょうか。

20170609b.JPG

雌は風格がありあます。

20170609c.JPG

雄個体。

20170609d.JPG

樹上で獲物を食べる雌。

20170609e.JPG

ツミの雄というのは、どことなく大型インコに似ているような・・・。

20170609g.JPG

雌より小さいせいもあってか可愛らしい印象の猛禽です。

20170609i.JPG

雄は此処で30分余り、じーっとしていました。
べテラン雌に、「なにしてるのよ!」と怒られないと良いのですが。

20170609j.JPG

此処ではキジバトの他、オナガも着々と営巣体制に入っているようです。

20170609f.JPG

雛の誕生が待ち遠しいですね。
nice!(12)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年5月下旬の手賀沼 [探鳥]

5月下旬の週末に出掛けた先は手賀沼。
今年もコブハクチョウのファミリーに出会う事ができました。

20170606a.JPG

大分子供達は大きくなっています。

20170606b.JPG

カンムリカイツブリの夏羽。

20170606c.JPG

忙しそうに飛んでいた燕が暫し電線で休憩。

20170606e.JPG

道路の真ん中に佇むコブハクチョウ。

20170606f.JPG

個体差はあるのでしょうけれど、此方は全く人を恐れません。

20170606g.JPG

別のファミリーも居ました。まだ雛達は小さいです。

20170606h.JPG

フワフワとした羽毛が何とも愛らしいですね。

20170606i.JPG

その後、親鳥に先導され水に入って行きました。

20170606j.JPG

雉の雄が一羽。羽が結構摩耗しています。

20170606k.JPG

ほろ打ちを何度も行えば、羽にダメージがあるのでしょうね。

20170606l.JPG

樹上では親鳥からの食事を待つシジュウカラ雛がウトウト。

20170606m.JPG

オオヨシキリも鳴いていますが既に営巣に入った個体が多いのか
その数は減ったような・・・。

20170606n.JPG

最後はコゲラ。

20170606o.JPG

もうすぐ入梅ですね。
nice!(12)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年5月下旬の奥日光 ~その3~ [探鳥]

2017年5月の奥日光探鳥、その3は二日目の戦場ヶ原での探鳥の
続きです。
前日と同じように赤沼から歩き出したので、ほぼ同じエリアで出会う
鳥もいましたし、昨日は居なかったのに今日は・・・というものも
ありました。

昨日同様にほぼ同じ場所で出会ったのはビンズイ。

20170601a.JPG

東京では冬鳥ですが、奥日光で繁殖している個体もいるようですね。

20170601b.JPG

昨日は、もっと奥でしか出会えなかったキビタキでしたが今日は
雄個体一羽を発見。

20170601c.JPG

ヒガラは今日も元気に囀ります。

20170601d.JPG

羽を震わせ、求愛をしているのでしょうか。

20170601e.JPG

こちらも、昨日出会ったエリアとほぼ同じところで観察できたホオアカ。
二羽で行動していました。

20170601f.JPG

20170601g.JPG

此方が別の個体。

20170601h.JPG

20170601i.JPG

夏のホオアカの羽は美しいですね。
ニュウナイスズメ雄もすぐ傍で囀ります。

20170601j.JPG

昨日と全く同じ場所で囀っていたカッコウ。木の天辺ですが今日は
証拠写真を撮ることが出来ました。

20170601k.JPG

此方も、ほぼ毎年この時期同じエリアで見られるアオジ。

20170601l.JPG

湯川沿いに出た所で、ムシクイらしき鳥が藪を移動していました。

20170601m.JPG

とても小さいなという印象でしたが、暗い藪の中で鳴かない個体なので
全くお手上げです・・・。

20170601n.JPG

20170601o.JPG

距離は近かったのですが、決め手となる写真は結局撮れずに終わりました。

20170601p.JPG

今日は囀りだけでなく、姿を見せてくれたミソサザイ。

20170601q.JPG

20170601r.JPG

20170601t.JPG

昨年、コマドリが撮影されたエリアにもカメラマンが居ましたが
今年はまだ・・・との事でした。

この日の戦場ヶ原はシーズンということもあってか、林間学校の小学生と
思われる多くのグループとすれ違いました。
木道の歩き方等を引率の大人が教えていないのかと思われる事も多く、
鳥見にはちょっと厳しいなという環境下でもありましたが、そうした時は
早々に戦場ヶ原を抜けて湯ノ湖周辺の散策も良いかもしれません。

かく言う私も、そうした喧騒を早々に離れ湯ノ湖畔を歩いている際、
目の前にキビタキ雄がやってきて、虫を捕食する様子をカメラに収める
事が出来ました。

20170601u.JPG

とても綺麗な雄個体でした。

20170601w.JPG

此方でもニュウナイスズメはすぐ傍で観察出来ます。

20170601y.JPG

「キーコーヒー、キーコーヒー」と樹上で囀っていたエゾムシクイ。

20170601z.JPG

ムシクイは安全な高い木の上でないと囀ってくれないものなのでしょうか。

キビタキの雌も発見。

20170601z1.JPG

すぐ傍には雄。先程虫を捕まえていた個体でしょうか。

20170601z2.JPG

そのすぐ傍ではキセキレイ二羽で追いかけっこをしていました。
此方も番だったのかもしれません。

20170601z3.JPG

そして、ミツバツツジの蕾を背景に佇む可愛い鳥を発見。

20170601z4.JPG

ヒガラばかりで、なかなかその姿を観察出来なかったコガラです。

20170601z5.JPG

前日同様にこの日も気温が高く、堪らず水浴びをしていたのでしょう。
1回の水浴びではまだ足りないようで、再び水面近くに移動します。

20170601z6.JPG

用心深く辺りを見回しているようです。

20170601z7.JPG

そして・・・

20170601z9.JPG

湖面に浸かりました。湯ノ湖には湯元温泉の硫黄泉も注ぎ込んでいますから
冷たいながらも温泉成分を愉しめる水浴び、となるのでしょうか。

気持ちよさそうです。

20170601z10.JPG

季節外れの暑さに見舞われた奥日光。真冬も此処で過ごすコガラには
ちょっと暑過ぎたのかもしれません。

20170601z11.JPG

奥日光ならではの、ゴジュウカラやキバシリには今回出会えませんでしたが
此処らしい鳥達をじっくり観察出来たひと時となりました。

彼の地もぼちぼちクリンソウも咲き緑も濃くなる頃。
オオジシギのズヒャーク、ズヒャークという鳴き声も聞こえるようになって
来ているでしょうか。

そうなると更に人出も多くなりますが、また近々夏鳥との出会いを求めて
出掛けたい探鳥地です。
(2017年5月下旬の奥日光探鳥・おわり)

nice!(11)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る