So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年春の粟島探鳥 ~その⑤~ [探鳥]

2017年春の粟島探鳥旅、最終日は曇り空から覗いた朝日から。

20170510a.JPG

この日の予想は残念ながら雨後晴でしたが、朝は曇り空でそれから
だんだんと日が差してきました。
先ず、朝食前の鳥見散歩で出会ったのはクロツグミ。
ツグミと違いすぐに隠れてしまうのでなかなか綺麗には写せません。

20170510b.JPG

こちらは普通ツグミ。ちょっと優しそうな表情をしています。

20170510c.JPG

見返りアカハラ。

20170510d.JPG

新緑とアオジ。

20170510ee.JPG

民宿の窓から撮影したツバメ。巣材を咥えています。

20170510f.JPG

朝食後、港で撮影した遊覧船。

20170510g.JPG

小学校裏の畑ではイカルを確認できました。

20170510h.JPG

ちょっと遠いですが畑の裏手の茂みから姿を見せたのはクロツグミの雌。

20170510i.JPG

雌個体は初めて見ました。

20170510j.JPG

畑から海岸線へ抜けると、すぐ目の前の桜の枝にオオルリの姿。

20170510k.JPG

よく見ると、その木の上には三羽のオオルリ雄がとまっていたので
此方がアワアワしてしまいました。

20170510l.JPG

一度にこんなに沢山のオオルリを見たのは初めての事です。

20170510m.JPG

そのオオルリ達を威嚇する鳥が現れました。正体はアカハラ。

20170510n.JPG

島ではカラアカハラ情報もありましたが、今回見られたのは通常の
アカハラのみだったのが残念です。

20170510v.JPG

オオルリ一羽が道に降りました。

20170510o.JPG

そして、上がった小枝で虫を食べ始めました。

20170510p.JPG

私の目線でオオルリの採食を見るのは勿論初めての事。

20170510q.JPG

よく見ると、この個体は胸に傷のようなものがあります。

20170510r.JPG

何処かで何かに襲われ怪我を負ったのでしょうか。

20170510s.JPG

とは言え、今はこうして獲物を捕らえ羽の色艶も良いようですから回復し
元気に過ごしているのでしょう。

20170510t.JPG

もしも来年春此処を訪れ、この個体に出会えたら嬉しいですね。

20170510u.JPG

此方は別の雄個体。

20170510x.JPG

地上でキビタキ。

20170510w.JPG

この日はキビタキの姿も沢山見掛け、二羽でバチバチ音をたてて激しい
縄張り争いを繰り返すものも居ました。

20170510y.JPG

20170510z.JPG

海面すれすれを飛ぶヒヨドリ。

20170510z1.JPG

こうして飛んでは海岸線の木にとまる、という動きを繰り返していました。
大海原に出る練習を此処で行っているか、風を待っているのか・・・。

20170510z2.JPG

再びすぐ目の前に現れたオオルリ。

20170510z3.JPG

この日は沢山のオオルリに出会う事が出来ました。
何れも近く、目線というのは島ならではでしょうね。

20170510z4.JPG

陽の光を浴びた青い羽根は本当に美しいですね。

20170510z5.JPG

まだ、縄張り争いをしていたキビタキ。お腹の黄色が綺麗です。

20170510z6.JPG

此方は眉のような黄色が特徴的なキビタキ。

20170510z11.JPG

証拠写真ですが、ルリビタキ雌も居ました。

20170510z10.JPG

ようやくまともに撮れたムシクイ。

20170510z7.JPG

全く鳴かない個体でしたが、色合いからしてエゾムシクイでしょうか。

20170510z8.JPG

最後は昨日に引き続き今日も観察できたキマユホオジロ。

20170510z12.JPG

今回の粟島野鳥写真はこれでおしまいです。
3日目朝には海岸線でコルリの声をすぐ傍で聞きましたが残念ながら
撮影には至りませんでした。

また、この日海岸線では鳥見の人は数える程しか出会えませんでしたが
牧平でサンショウクイやハチジョウツグミが観察されたようです。
徒歩でも歩ける島ではありますが、そうした情報があった際に
移動できる手段(レンタサイクルや宿で車を借りる等)があると良いかも
しれません。

とは言え、これだけの数のオオルリ、キビタキの色々な表情を短時間で
観察できたのは大きな収穫でした。
ただ、この2種類の雌個体を全く観察できなかった理由は謎です。

今回の粟島探鳥については前回の秋同様にこちらのサイトを参考に
させて頂きました。有難うございます。

初見のキマユホオジロ、シロハラホオジロに出会い、多くの冬鳥、夏鳥を
観察でき、島ならではの新鮮な魚、新潟ならでは白米、そして日本酒を
愉しんだ二泊三日となりました。
宿泊した民宿の皆さんをはじめ、島内で出会い様々な情報を下さった
バーダーの皆さんに改めて御礼申し上げます。

島を離れる時間は、ちょうど明日の「島開き」準備に島民の皆さんが
追われていました。

20170510z13.JPG

これから夏に向け粟島は多くの観光客で賑わうのでしょう。
また、次回の秋か春に此処で多くの野鳥に出会えますように・・・。
(2017年春の粟島探鳥・おわり)
nice!(13)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る