So-net無料ブログ作成

2016年4月下旬の谷津干潟 [探鳥]

ゴールデンウィーク初日の東京は、青空は広がったものの物凄い強風が
一日中吹き荒れました。
とは言え、折角一眼が戻ってきたのですから探鳥へ行かない手はありません。
この風だと、河川の傍は控えた方が良いだろう・・・ということで都心の植物園へ
向かいます。

運が良ければキビタキに出会えるかも・・・と期待しておりましたが、強風の
せいなのか春の渡り第一弾が終わったのか、強風吹き荒れる園内には
ツグミがぽつん・・・。

20160429a.JPG

あとは、何とか一羽だけ撮れたエナガ。

20160429b.JPG

うーん、場所を変えようと次に向かった先は谷津干潟。
沿岸部の此方は更に強風が吹き荒れていましたが、先ずコチドリが2羽
その姿を見せてくれました。

20160429c.JPG

チュウシャクシギも3羽居ました。

20160429d.JPG

杭の上で強風にじっと耐えていたダイゼン。

20160429e.JPG

此方も、姿勢を低くしてじっと耐えるキアシシギ。

20160429f.JPG

この風はいつ止むの?とばかりにちらっと空を見上げるダイゼン。

20160429g.JPG

キアシシギは更に身を屈め目を閉じて耐えます・・・。

20160429h.JPG

オオバンばかり浮かんでいる中にヨシガモが一羽いました。

20160429i.JPG

オオバンが海藻をつついています。

20160429k.JPG

ハシビロガモもまだ居ました。

20160429l.JPG

遠くには婚姻色に染まったダイサギ。

20160429m.JPG

シメの姿もありました。

20160429n.JPG

木の枝で風を避けつつ羽繕いをする鳩。

20160429o.JPG

メダイチドリも強風のせいか身を屈めています。

20160429p.JPG

やがて動き出し、何やらゴカイを見つけて引っ張っています。

20160429q.JPG

ぴろ~んととれました。

20160429r.JPG

20160429s.JPG

こちらでもぴろ~ん・・・

20160429t.JPG

比較的近くで観察することが出来ました。

20160429u.JPG

帰り道もチュウシャクシギがいましたが、大きなこの鳥も目を細め、強風に
まいったなぁという表情をしていました。

20160429v.JPG

4月も末だというのにこの北風・・・今年の4月の天候はおかしいですね。

・撮影日:4月29日
nice!(17)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年4月下旬の手賀沼 [探鳥]

昨夜、ようやく修理に出していた一眼が戻ってきました。
ゴールデンウィークに間に合ってホッ。
早速明後日からはいつものカメラで鳥見に行けます。

先日日曜にコンデジを持っ出掛けた先は久々の手賀沼です。
猫なら、コンデジでも難なく撮れます。

20160426a.JPG

この日は雨上がりだったせいなのか、ツグミが数羽集まって
採食していました。
今季はツグミが比較的遅くまでいるような気がします。

20160426b.JPG

コブハクチョウの若。まだ、今年は営巣しない個体なのでしょうか。

20160426c.JPG

百舌が三羽で鳴きながら追っかけっこのような事をしていました。
此方は成鳥。

20160426d.JPG

そして此方は・・・

20160426e.JPG

幼鳥です!
どうやら巣立った幼鳥に親鳥が飛び方を教えていたようです。
今季初めて幼鳥に出会えて嬉しかったです。もう、新しい命がこうして
旅立ちを迎えているのですね。

ホオジロの姿もありました。この鳥達もぼちぼち営巣に入るのでしょうね。

20160426f.JPG

仲睦まじく羽繕いをしていた鳩の番。
じっと見ていたらきまり悪そうに微妙に離れてしまいました。

20160426g.JPG

卵を温めるコブハクチョウの親。

20160426h.JPG

雉の姿もあり、盛んにケーン、ケンとあちこちで声が聞こえました。

20160426i.JPG

葦の中のホオジロも何とか撮影できました。
コンデジも慣れると愉しいものです。

20160426j.JPG

この日歩いた周辺では、まだコブハクチョウの雛達の姿を見る事はありませんでした。
ゴールデンウィーク頃に、その姿を愛でる事が出来るかもしれません。

撮影日:4月24日
nice!(19)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年4月下旬の大町自然観察園と調整池 [探鳥]

只今、愛用の一眼レフ(EOS Kiss X6i)を修理に出しており、週末は
家族のコンデジ(Nicon COOLPIX P510)を持って大町へ出掛けました。

今月のBirderもコンデジ特集。
正直私も、重たいシグマのレンズを手持ちで・・・というスタイルも
疲れてきた今日この頃、いっそのこと高機能搭載のコンデジへシフト・・・
と思っていましたが、やはり、当たり前ですがコンデジと一眼レフは
異なると痛感しました。

先ず、自然観察園に入ってすぐ現れたエナガやシジュウカラ、ヤマガラと
いったチョコマカ動き回るカラ類は全く撮影することが出来ません。
勿論、慣れていないということも大きいとは思いますが、とにかく動きに
カメラが追い付かない・・・。

この日はフクロウらしき猛禽の姿も見ましたし、コマドリやキビタキ、
更にはセンダイムシクイの声も聞くことが出来ましたが、大町で撮影したのは
トンボと爬虫類のみと惨敗でした。

20160424a.JPG

20160424b.JPG

勿論、写真は撮れなくとも緑が濃くなってきた園内で夏鳥達の声に包まれ
清々しい気分を味わう事は出来ました。

その後は先日ツルシギがやってきたという調整池に移動します。
此方では、コガモ、ハシビロガモ、オナガガモの姿を目撃することが
出来ました。

20160424d.JPG

そして、タシギの姿も3~4羽確認。

20160424e.JPG

二羽で追っかけっこをしていたコチドリ。
もしかして、この地で繁殖するのかもしれませんね・・・。
(それとも縄張り争いでしょうか)

20160424f.JPG

この時期、鯉のぼりが風にそよぐ姿を見るのは良いものです。

20160424c.JPG

やはり、一眼とコンデジは違うということを改めて知った1日でした。
予備機として、こうして修理の時などにこうした望遠の効くコンデジは便利
ですし、旅先等で野鳥に遭遇した時は有り難い存在ですが、やはり普段の
野鳥撮影には、慣れた一眼が良いですね。

・撮影日:4月23日
nice!(14)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年4月中旬の谷津干潟 [探鳥]

ようやく谷津にホウロクシギがやってきたという事で先週末に行ってきました。
昨年より二週間程遅いとのことですが・・・。

20160421a.JPG

この立派な嘴を持った大きなシギを此処で見られると、嗚呼春の渡りの時期
なのだなぁと改めて実感します。

まだ、ヒドリガモの姿もありました。セイタカシギとのツーショット。

20160421b.JPG

セイタカシギが何か捕まえました。

20160421c.JPG

オオバン、海藻を食べています。
この鳥は首都圏で確実にその数を増やしているような気がします。

20160421d.JPG

メダイチドリも居ました。

20160421e.JPG

ハマシギが水浴びや羽繕いに精を出していました。

20160421f.JPG

干潟の中央に居たシギ達が一斉に飛び立ちました。

20160421g.JPG

公園の水たまりにはオタマジャクシの姿。

20160421h.JPG

帰り道、あのホウロクシギが活発に動き回っていました。

20160421i.JPG

20160421j.JPG

まだ若い個体なのでしょうか?あちこち動き回りますが、なかなか
お目当ての蟹等を獲ることが出来ないようです。

20160421k.JPG

そして、向けられたカメラも気になるようです。

20160421l.JPG

バラ園裏にはダイゼンの姿。午後だと此処はこのように黒い写真になります・・・。

20160421m.JPG

久々にホウロクシギに出会い、春の渡りを実感した週末でした。

撮影日:4月16日
nice!(10)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年4月上旬の奥日光 ~その②~

4月上旬の週末に出掛けた奥日光探鳥旅、~その②~は光徳の続きから。
シギが飛び去った小川に居たのはミソッチ。

20160416a.JPG

とても近い距離で囀ります。

20160416b.JPG

奥日光には今まで何度も探鳥で訪れていますが、これほどまでにミソサザイを
何羽も近距離で見たのは初めての事。
ちょうど、営巣前の恋の季節にぶつかったのでしょう。

20160416c.JPG

様々な動きを観察することができました。

20160416d.JPG

そして、牧場傍ではルリビタキの姿もありました。

20160416e.JPG

すぐ傍にはジョウビタキの雌も観察できました。
ぼちぼち、宿のある湯元へ向かいます。

温泉寺傍ではコガモの姿。

20160416f.JPG

アオジの声も聞こえますが姿は見せず。
猿はいつもの通り此処に居ました。

20160416g.JPG

翌朝、朝食前に湯元でプチ探鳥を愉しみます。
まず現れたのはヒガラ。

20160416h.JPG

コガラも居ました。朝はまだ気温が低く風が冷たかったです。

20160416i.JPG

フィフィフィと、ゴジュウカラが温泉街でも元気に囀っていました。

20160416j.JPG

宿の軒先に営巣していたイワツバメ。

20160416k.JPG

これは雛なのか成鳥なのか・・・。やはり、時期を踏まえると親鳥でしょうか?

20160416l.JPG

湯の湖には、キンクロやオナガガモ、ホシハジロの姿が見られました。

20160416m.JPG

そして、湯の湖周辺でも朝から元気に囀っていたのは此方。

20160416n.JPG

20160416o.JPG

奥日光ミソッチ祭り・・・というくらい今回は多くのミソッチを観察することが
出来ました。

20160416p.JPG

あれから一週間。今頃は番となり営巣で忙しくしている頃でしょうか?
これだけ頑張って囀っているのですから、雌が来てくれないと気の毒な気も。

20160416r.JPG

ミズバショウも咲いていました。

20160416s.JPG

湯元の駐車場傍にはシメの姿もありました。(遠いです)

20160416t.JPG

朝から猿もやってきました。これから温泉寺の方へ行き暖を取るのでしょうか。

20160416u.JPG

20160416v.JPG

猿は表情が豊かですね。

20160416w.JPG

すぐ足元にやってきたコガラ。今回はコガラとの距離も近かったです。

20160416x.JPG

食後、再び光徳に向かって歩いていると遠くにカシラダカの姿がありました。

20160416y.JPG

一日しか経っていませんが、この日は光徳牧場傍で例のシギにもルリビタキにも
会う事はありませんでした。

今回はキバシリやカワガラスには出会う事は出来ませんでしたが、人の少ない
奥日光でのんびりと探鳥を愉しみ、白濁の湯を堪能し、愉しい週末を過ごす
ことが出来ました。

nice!(15)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年4月上旬の奥日光 ~その①~ [探鳥]

先週末に出掛けたのは久しぶりの奥日光。
夏鳥がやってくるには少し早いこの時期ですが、逆に訪れる人もまだ
少なく、静かな環境で探鳥を愉しむことが出来ました。

赤沼でバスを下車して歩き出すと、すぐにフィフィフィという声と共に
ゴジュウカラが現れました。

20160414a.JPG

木の皮をめくって何やら虫を探しているようです。

20160414b.JPG

逆さに降りるのもこの鳥の得意技ですね。

20160414c.JPG

戦場ヶ原では、まだ新緑はハッキリと認識できません。

20160414d.JPG

この日はノビタキやホオアカの姿はまだ見掛けませんでした。
その代わり、いつもの鳥達が楽しませてくれます。
水辺にいたキセキレイ。

20160414e.JPG

マガモ。

20160414f.JPG

こちらの番はのんびり休憩中です。もうすぐ営巣に入るのでしょうか?

20160414g.JPG

シジュウカラも元気に囀っていました。

20160414h.JPG

でも、この日誰よりも大きな声で元気に鳴いていたのは此方でした。

20160414i.JPG

ミソサザイはこの後、目の前の杭にとまり此方に向かって縄張りを
主張し始めました。(残念ながら暗い写真でボツ・・・)

久々にアカゲラも観察することが出来ました。

20160414j.JPG

この鳥も繁殖期が近いのか、二羽で縄張り争いではない、緩い追っかけっこの
ような事をしているものを見掛けました。

20160414k.JPG

カケスも沢山見掛けましたが、いかんせん良いところにとまってくれません。

20160414l.JPG

こちらは、すぐ目の前に来てくれたミソッチ。

20160414m.JPG

可愛いですね。^^

20160414n.JPG

その後三本松の駐車場へ行きましたが、ちょうど工事中ということもあり
鳥達の姿は少なく、ウソも見掛けませんでした。

昼食後、光徳へ移動するとセグロセキレイが迎えてくれました。

20160414o.JPG

牧場付近にはコゲラも沢山いました。

20160414p.JPG

牧場傍の水場にはキセキレイの姿。

20160414q.JPG

と、この後すぐ目の前を何やら大きな鳥が飛び立ちました。
写真には撮れませんでしたが、それは紛れもなく、シギ。
瞬間的にしか見る事が出来ませんでしたが、大きさ、居た場所から
踏まえると、アオシギだった可能性大・・・とても残念な事をしました。

ちょこまか動くコガラがちょっと動きをとめてくれた所を撮影。
この鳥を見たのもまた久しぶりです。

20160414r.JPG

コゲラが雄の証明を見せてくれました。

20160414s.JPG

そして、目の前にゴジュウカラ。今回この鳥は全く人を警戒せずで
すぐ傍までやってくる個体が多かったです。

20160414t.JPG

さぁ、引き続き探鳥を続けましょう。
<その2へ続く>

nice!(13)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年4月初旬の荒川河川敷 ハクガン [探鳥]

4月に入り、週末は所用で外出することが多く鳥見もできない日が
続きましたが、今週末は久々に奥日光へ探鳥へ出掛けてきました。

そちらの写真はまた次回として、今回は、家族が4月2日に撮影した
ハクガン写真を掲載します。

私が前回、3月末にこの三羽を観察したときは、白い二羽が盛んに
鳴いていて、羽にまだブルーグレイの色が残る個体の声を聞くことは
ありませんでした。

が、この日はこの一番幼い個体も鳴いていたとのこと。
いよいよ旅立ちが近い合図だったのでしょうか・・・。

20160410a.JPG

三羽が並んだ飛翔風景。

20160410b.JPG

こうして見ると、やはり幼い一羽は羽の密度も異なりますね・・・。

20160410c.JPG

これでは長旅に耐えるのは厳しいと、4月になってもこの地にとどまって
いたのでしょうか・・・。

20160410d.JPG


私が最後に河川敷に出掛けたのは4月8日の金曜日の午後。
この日、三羽の姿はありませんでした。

いよいよハクガン達は北へ向かって旅立ったのか・・・それとも・・・?

・撮影日:4月2日
nice!(16)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年3月下旬の21世紀の森と広場(松戸) [探鳥]

桜の季節はいつも天候が落ち着きませんね。
寒の戻りがあったり、雨が続いたり・・・スギ花粉からヒノキに変わり少しだけ
花粉症の症状が緩和してきたのが救いです。

少し前ですが3月最後の日曜に出掛けた先は21世紀の森と広場。

20160403a.JPG

シロハラの姿は何とか観察できました。

20160403b.JPG

この日は桜が咲き始め。

20160403c.JPG

最近話題のシジュウカラ。

20160403d.JPG

食性も豊かですし、その動きも愛らしく見ていて飽きない鳥ですよね。

20160403e.JPG

とても綺麗な囀りがしたので其方を見ると、アオジがいました。

20160403f.JPG

先日、通勤時に近所の住宅の庭の木にとまるツグミが美しい声で囀って
いましたし、この時期旅立つ鳥達から意外な美声を聞く可能性もあるのですね。

コゲラの姿。巣材を集めているのでしょうか・・・?
そういえばコゲラの営巣というのは写真でもあまり見たことがありません。

20160403g.JPG

雄の証を見せてくれました。

20160403h.JPG

オオジュリンの姿もありました。

20160403i.JPG

晴れ間が出てくると、水場ではシジュウカラ、メジロが水浴びを始め、
そのうちエナガもやってきました。

20160403j.JPG

20160403k.JPG

此方は別の個体。なかなか水にすぐは入りません。

20160403l.JPG

20160403m.JPG

ようやく、ぷるぷると水浴び。

20160403n.JPG

20160403o.JPG

エナガは水浴びすらとっても可愛らしいです。

20160403p.JPG

20160403q.JPG

見ていて飽きません。

20160403r.JPG

20160403s.JPG

その後、すぐに枝にとまって羽を乾かしはじめました。

20160403t.JPG

すぐ目の前の枝にとまってくれました。

20160403u.JPG

最後はヤマガラの姿。

20160403v.JPG

ニーニーと忙しく動き回っていました。

20160403w.JPG

留鳥が目立つようになってきましたが、愛らしいエナガの水浴びを観察
できてまずまずの鳥見となりました。

いよいよこれからは春の渡りですね!

・撮影日:3月27日
nice!(23)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る