So-net無料ブログ作成

2016年3月下旬の手賀沼と荒川河川敷ハクガン [探鳥]

先週土日、天気予報はイマイチでしたが昼過ぎから晴れたりと何やら
探鳥予定を立て難い天候となりました。

そんな土曜に出掛けたのは久々の手賀沼です。
此方の百舌♂は雌と一緒に行動していましたが、何やらせかされたのか
獲物探しを始めていました。

20160331a.JPG

休耕田で食事中の雉♂。ケーン、ケーンという声も聞こえました。

20160331b.JPG

手賀沼名物コブハクチョウは今季も営巣をスタートしていました。

20160331c.JPG

傍には野良猫も居ましたが、この辺りでは既に無敵の強さを発揮している
ように見受けられました。

葦原、ちょっと遠くにシメも居ました。

20160331d.JPG

顔が真黒なアオジ♂。

20160331e.JPG

膨れていたホオジロ。具合が悪いのかもしれません・・・。

20160331f.JPG

此方は別のコブハクチョウが営巣中。

20160331g.JPG

すぐ傍にやってきたオオジュリン。既に頭はかなり黒くなっています。

20160331h.JPG

この個体は、少し先に飛んでは此方を待機、暫く遊んでまた先に進む
という動きをしていました。

20160331i.JPG

オオジュリンも、これが今季の見納めでしょうか。

20160331j.JPG

このコサギは、上空に別のコサギが飛び始めるとこんな仕草をしていました。
一種の威嚇なのでしょうか・・・。

20160331k.JPG

この時期なので贅沢は言っていられません。
この日の手賀沼での探鳥はこれで終了・・・。

ちょっと消化不良なので地元の河川敷にも出掛けてみました。
すると・・・

20160331l.JPG

まだ、あの三羽がいました。

20160331m.JPG

相変わらずの仲良しです。

20160331n.JPG

そして、寛ぎ方も相変わらず・・・。

20160331o.JPG

明日から4月となりますが、流石にもうこの三羽は旅立ったのかどうか・・・
週末に、再び河川敷に行って確かめたいと思います。

・撮影日:3月26日
nice!(19)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年3月下旬の向島百花園 [探鳥]

この週末もはっきりしない空模様となりましたね。
曇っていると思うと晴れ出し、そうかと思うとまた曇って冷たい風が
吹いて来たりと、服装にも迷います。

先週の日曜に出掛けたのは久々の向島百花園。
冬鳥達はだいぶ少なくなっていましたが、ツグミの姿はまだ確認できました。

20160327a.JPG

番で行動していたアオジの雌。

20160327b.JPG

正面顔も可愛いです。

20160327c.JPG

この二羽は、目的地へ到着したら即営巣に入るのでしょうか。

20160327d.JPG

土筆を見たのは久々です。

20160327e.JPG

と、目の前にジョウビタキ雄がやってきました。

20160327f.JPG

今季はもう出会えないものと思っていましたが、旅立つ前に馴染みの
植物園に寄ってくれたのでしょうか。

20160327g.JPG

この個体は暫く遊んでくれました。

20160327h.JPG

名残惜しいですが、この鳥ともお別れの季節です。

20160327i.JPG

先程のアオジは羽虫を捕まえて食べていました。
旅立つ前にしっかりと動物性タンパク質を摂取しておかないとですね。

20160327j.JPG

このヒヨドリは帰らずに此方で営巣する個体でしょうか・・・?

20160327k.JPG

梅が散った園内では春の花が咲き出していました。

20160327l.JPG

雪柳。

20160327n.JPG

そして、もうシャガの姿もありました。

20160327m.JPG

桜が開花すると、一斉に春の花々が咲き出しますね。
春の渡りの鳥達を待ちつつ、季節の花々を愉しみたいと思います。

・撮影日:3月21日


nice!(21)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年3月下旬 都心某所で探鳥 [探鳥]

お彼岸の中日、墓参りに行く前に探鳥を、と出掛けた先は都心某所。
前回トラツグミに出会えた場所ですが、まだ帰っていない事を期待して・・・。

園内に入ると、暗がりでシロハラの姿がありました。

20160321a.JPG

そして、その少し先には・・・いました、トラツグミです!

20160321b.JPG

でも、このトラツグミの様子が何やら変なのです。
何というか、風に揺れているような、もしくは蛇のような、何かに擬態して
いるような不思議な動きをしていました。(動画を撮るべきでした・・・)

20160321c.JPG

トラツグミにそうした生態があるのかどうかは分かりませんが、その後
観察していると、やはりこの鳥は、ちょっと爬虫類のような、更に
哺乳類でもあるかのような、他の鳥にはない動きをするなぁと思わせる
何かがありますね・・・。

20160321e.JPG

20160321f.JPG

20160321g.JPG

近くに人が迫ってきたようで、すっと首を伸ばしました。

20160321h.JPG

20160321i.JPG

そして、この後奥へ飛んで行きましが、今回は随分長い間近距離で
観察させてくれました。


早咲きの桜はもう花を落とし始めていますが、ヒヨドリの嘴には花粉がたっぷり。

20160321j.JPG

シメが水を飲んでいます。

20160321k.JPG

ちょっとビックリした表情。

20160321l.JPG

ツグミの数は前回訪れた時よりかなり減っていました。

20160321m.JPG

カワラヒワ。集団で食事中でした。

20160321n.JPG

桜の木にはメジロが4~5羽集まってきていました。

20160321o.JPG

20160321p.JPG

20160321q.JPG

東京も今日、桜の開花宣言が出ましたし、春爛漫ですね。

20160321r.JPG

20160321s.JPG

アオジの姿もまだ見る事が出来ました。

20160321t.JPG

水の中には大きなオタマジャクシの姿も・・・。

20160321u.JPG

冬鳥がどんどんいなくなってきていると実感します。
こうなると、シギチや夏鳥の到来が待ち遠しいですね。

・撮影日:3月20日
nice!(24)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年3月中旬 荒川河川敷 ハクガンはまだいました・・・ [探鳥]

先日、ハクガンは帰ったらしいと掲載してしまいましたが・・・
本日(3月19日)、雨が上がった午後に河川敷へ出掛けてみると、なんと
帰ったはずのハクガンが三羽揃っているではありませんか!

20160319a.JPG

1~2日姿が見られないだけで判断してはいけませんね。
誤った情報を掲載して申し訳ありませんでした。

20160319b.JPG

この地を忘れられず、旅立ったものの途中で引き返した・・・
なんてことはないのでしょうけれど、ここ数日も姿が見えない日もあるそうで
何処かで準備飛行でもしているのでしょうか。

暖かい午後となったせいか、とてもリラックスしています。

20160319c.JPG

これは欠伸。そのあとウトウトが始まります。

20160319d.JPG

此方の個体も欠伸。

20160319e.JPG

ウトウト・・・。此方までなんだか眠くなってきました。

20160319f.JPG

スクッと立ち上がって羽をファサファサ。

20160319g.JPG

歩き出します。

20160319h.JPG

こちらは水を飲んでいる正面顔。

20160319i.JPG

仲良し三羽はいつ旅立つのか・・・。

20160319j.JPG

また、会えたのは嬉しいですが、もうぼちぼち旅立たないとですよね。

20160319k.JPG

ハクガンの奥には、黒い鳥の群。カラスかと思ったらオオバンでした。
河川敷でも雛を観察できるかもしれませんね。

20160319l.JPG

ツグミは7~8羽見られました。この鳥も、ぼちぼち旅立ちですね。

20160319m.JPG

という事で、本日現在まだハクガンは観察できました。

・撮影日:3月19日


nice!(11)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年3月中旬の八柱霊園 [探鳥]

冬鳥が旅立ちを迎えた今、探鳥地はどこも寂しくなってきましたね。

先週土曜に出掛けた八柱も同様でしたが、まだ何とか残っている
鳥達を観察することが出来ました。

まずは、枝にとまり何やら思案しているようなシロハラ。
いつ旅立とうか考えているのでしょうか。

20160317a.JPG

今季大人気だったオジロビタキもまだその姿を見る事が出来ました。

20160317b.JPG

顔がちょっと黒くなってきているのでしょうか・・・?

20160317c.JPG

ぼちぼちこの鳥も旅立ちですね。

20160317d.JPG

群で行動していたシメ。

20160317e.JPG

旅立つ前にしっかりと栄養を蓄えているようです。

20160317f.JPG

20160317g.JPG

また、シロハラがやってきました。

20160317h.JPG

ひたすら食べ続けるシメ。

20160317i.JPG

いよいよ週末は東京でも桜が開花するようですね。
ぼちぼち谷津干潟にもシギチの姿を見る事が出来るでしょうか。

・撮影日:3月12日
nice!(17)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年3月 荒川河川敷 ハクガンの旅立ち [探鳥]

昨日の土曜、午前中に探鳥を終えて午後はハクガンを見に近所の河川敷へ出掛けました。

カメラを掲げた方達の姿はありましたが、ハクガンがいません。
前日の3月11日は3羽が観察されたものの、この日は朝から姿が見えないとのこと。

荒川では寒空の下、夏羽に変わりつつあるユリカモメが水浴びをしています。

20160313a.JPG

そして、此方ももうすぐ旅立ちのオオジュリン。

20160313b.JPG

辺りにはハクガンの落とし物が沢山落ちていましたが、まとまって落ちている箇所が
近距離で3つありました。

20160313c.JPG

鳥は、飛ぶ前に身体を軽くするために排泄するとも聞きますが、この量が三ヶ所で
同じように落ちているということは、長旅の前に3羽で一斉に身体を軽くして
飛び立ったのでしょうか・・・。

もしかして、1日何処かへ行っただけで今日は来るかもしれない・・・と今朝も9時半過ぎに
河川敷へ出掛けましたが、ハクガンの姿はありませんでした。

遂に旅立ちを迎えたとすれば、寂しいけれど無事この地で越冬し3羽揃って
北回帰を始めることが出来たのは、とても喜ばしい事です。

以下は先月27日に撮影したハクガンです。

20160313d.JPG

そういえば最近は何とはなしに空を見上げる事が多かった3羽。

20160313e.JPG

もしかして、帰るタイミングを計っていたのかもしれません。

20160313f.JPG

いつも一緒で動きも同じ、とにかく仲の良い3羽でした。

20160313g.JPG

20160313h.JPG

荒川河川敷の今季の可愛い冬の使者は、春の訪れと共に姿を消したようです。

nice!(24)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年3月初旬の都内某園 [探鳥]

先週の日曜午前中、予報に反して晴れてきたので、こうしちゃいられないと
カメラを持って出かけた先は都内某園。

此処で、都内では今季初のトラツグミに出会う事が出来ました。

20160312a.JPG

20160312b.JPG

この個体は同じように暗がりに居たシロハラと何やら縄張り争いのような事を
していました。

20160312c.JPG

椿の花とトラちゃん。意外な組み合わせです。

20160312d.JPG

すぐ傍まで来てくれました。

20160312e.JPG

都心でもトラツグミに出会う事が出来るのですね・・・。

早咲きの桜にはヒヨドリ、メジロが数羽集まっていました。

20160312f.JPG

20160312g.JPG

シメの姿もありました。

20160312h.JPG

アカハラも見かけたのですが一瞬の事ですぐに藪の方へ入ってしまいました。
空模様もだんだん怪しくなり、ぽつぽつと僅かに雨も落ちてきたので残念ですが
この辺りで探鳥は打ち切り。

最後にヤマガラが別れを告げにやってきてくれました。

20160312i.JPG

もう一度、今月中に出掛けたい都内某所となりました。

・撮影日:3月6日
nice!(13)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年3月初旬の利根運河 [探鳥]

3月に入り、久々に出掛けた先は利根運河。まだ冬鳥の姿は見られるでしょうか。

出会ったのはいつも運河で見られるコサギ。冠羽が目立ちました。

20160310a.JPG

足をぐりぐりして獲物を探しています。

20160310b.JPG

20160310c.JPG

葦原ではアオジの姿もありましが。だいぶ数は減ってきたような気がします。

20160310d.JPG

百舌の雄。

20160310e.JPG

耕地では遠くにホオアカの姿。この鳥は此処ではなかなか近くで撮影できません。

20160310f.JPG

カシラダカ。

20160310g.JPG

工場裏手の公園にはシロハラの姿。二羽ほど観察できました。

20160310h.JPG

運河沿いの木の上でのんびりと羽繕いをしていた雄の雉。

20160310i.JPG

ぼちぼち、ケーン、ケーンの声も聴かれる頃でしょうね。

20160310j.JPG

往路で見た雄の百舌でしょうか?

20160310k.JPG

すぐ傍には雌の百舌が居て、雄へのおねだりなのかキィキィと鳴いています。
ちょっと怖い顔です。

20160310l.JPG

それに比べて雄は穏やかな可愛らしい表情。

20160310m.JPG

雌は相変わらず厳しい表情です。
「営巣に入るのだから、早く獲物を持ってきなさい」と雄にけしかけているのでしょうか。

20160310n.JPG

その傍ではウグイスも居ました。

20160310o.JPG

ジョウビタキの雌。

20160310p.JPG

最後にアカハラに出会えてまずまずの鳥見となりました。

20160310q.JPG

耕地にコチドリなどの姿を見られる日が待ち遠しいですね。

・撮影日:3月5日

nice!(13)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年2月下旬の手賀沼 [探鳥]

2月最後の日曜に出掛けた先は、久しぶりの手賀沼。
冬の手賀沼名物とも言える沢山のオナガガモは多くが北へ帰ってしまったようで
僅かに残ったものと、オオバン、カルガモ、コブハクチョウ、ユリカモメが目立ちました。

その手賀沼脇の芝生で何やら動きものがいるなと目をやると、イソシギが1羽
忙しそうに食べ物を探していました。

20160306tega1.JPG

恋の季節を迎えた猫達。

20160306tega2.JPG

こちらも番で行動していたホオジロ。

20160306tega3.JPG

20160306tega4.JPG

カワセミの雌。

20160306tega5.JPG

何やら争いを始めたカルガモ。他の仲間はとめるでもなく、遠巻きに見ている
感じでした。

20160306tega6.JPG

喉を嘴で噛んでいるようです・・・。

20160306tega7.JPG

鴨のこうした喧嘩は初めて見ました。

20160306tega8.JPG

やがて、どちらからともなく水に入って試合終了となったようです。

この日はオオジュリンも近距離で観察することが出来ました。
大分黒くなってきていますね。

20160306tega9.JPG

此方は別の個体。

20160306tega10.JPG

バン。

20160306tega11.JPG

カイツブリ。

20160306tega12.JPG

エナガもだいぶ顔が黒っぽくなってきた気がします。

20160306tega13.JPG

梅の花の中でメジロがせわしなく動き回っていました。

20160306tega14.JPG

百舌も番で見られました。
雄は真剣にプレゼントを探しているようです。

20160306tega15.JPG

雌は余裕な感じ・・・。

20160306tega16.JPG

その後少し離れたところに飛んだ雌は、おねだりするような高い声をあげていました。

目の前の枝にとまったアオジ。こちらも色合いが変わってきたような・・・。

20160306tega17.JPG

北へ帰るもの、営巣に入るもの、夏羽にかわるもの・・・
皆各々次の季節への支度を始めているのですね。

・撮影日:2月28日
【撮影した野鳥】
・イソシギ・・・Common sandpiper
・ホオジロ・・・Meadow bunting
・カワセミ・・・Kingfisher
・カルガモ・・・Grey duck
・オオジュリン・・・Reed bunting
・バン・・・Common moorhen
・カイツブリ・・・Little grebe
・エナガ・・・Long-tailed tit
・メジロ・・・Japanese white-eye
・百舌・・・Bulll-headed shrike
・アオジ・・・black-faced bunting
nice!(24)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年2月下旬の稲敷~銚子探鳥 ~その3~ [探鳥]

今朝、探鳥に行く途中の最寄り駅傍の道端で、小さな鳥の雛の死骸を見掛けました。
暫く空き家のあった庭付きの土地が再開発されるようで、ヒヨドリや鳩、オナガが
やってきていた大木も伐採されていたので、そこから落ちてしまったのかもしれません。

既に日本は空き家問題が叫ばれて久しいのに、人口はこれから減る一方なのに
まだまだ新築集合住宅をつくり続けているのは不思議極まりないことです。

都心のあちこちで再開発が進み、次々と高層オフィスビルが建設予定というのもまた
不思議な事ですが・・・。

さてさて、そんな事はさておき、2月に出掛けた稲敷~銚子探鳥も最終回です。
ウミスズメに出会えた波崎から再び稲敷市に戻り、夕方のチュウヒ観察をスタート。

こちらは飛び出すタイミングを計っているかのような個体です。

20160305a.JPG

空を舞うチュウヒ。

20160305b.JPG

葦原を舞うチュウヒ。

20160305c.JPG

20160305d.JPG

20160305e.JPG

眼光が鋭いです。

20160305f.JPG

20160305g.JPG

ミサゴがゆっくりと塒へ帰っていくようです。

20160305h.JPG

夕日を浴びて金色に輝く葦原でのチュウヒは、やはり冬ならではの風景ですね。

20160305i.JPG

ここ、浮島ではいつまでもこの鳥の姿を見られますように・・・

20160305j.JPG

20160305k.JPG

撮影日:2月21日

・チュウヒ:Eastern marsh harrier
nice!(10)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る