So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年2月下旬の稲敷~銚子探鳥 [探鳥]

2月の荒天後の日曜に出掛けたのは稲敷市。
もう少し早く晴れるかなと思ったのですが、朝8時前に現地へ到着するも
まだ薄曇りです。

20160229a.JPG

と、チュウヒが飛び始めました。

20160229.JPG

20160229c.JPG

水蒸気をしっとり含んだ空気のせいか(腕が悪いせい)、イマイチ上手く
撮れません・・・。

20160229d.JPG

ようやく太陽の光が・・・。

20160229e.JPG

しかし、すぐに別の雲がやってきて陰るの繰り返しです。
そんな時、タイミング悪く上空に獲物を運ぶミサゴが舞いました。

20160229f.JPG

葦原にはベニマシコの姿。

20160229b.JPG

蓮田の傍に居たノスリ。

20160229g.JPG

20160229h.JPG

その後、車を銚子へ走らせます。
到着した公園では三脚を持った方々の姿がちらほら・・・。

その鳥はメジロと一緒に行動しているようです。

20160229i.JPG

上空にオオタカが舞いました。

20160229j.JPG

そして・・・

20160229k.JPG

お目当てのキバラガラがやってきました!

20160229l.JPG

シジュウカラより小さく(尾羽が短いです)、顔も何やらあどけないことから
幼鳥なのでしょうか?

20160229m.JPG

実を抱えてからの動きはヤマガラに似ています。

20160229n.JPG

ちょこまかと動く、愛らしい一羽でした。

20160229o.JPG

ぼちぼち、港へ向かいましょうか・・・。

・撮影日:2月21日

nice!(20)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年2月下旬の向島百花園 [探鳥]

2月20日の土曜、雨の降る前にと出掛けたのは向島百花園。
この日も昼過ぎから荒れるという予報でしたね・・・。

梅の名所でもある園内にはヒヨドリの姿。

20160228a.JPG

嘴に花粉をたっぷりつけて水を飲んでいます。

20160228b.JPG

アオジがすぐ傍までやってきました。

20160228d.JPG

ウメとアオジ。

20160228g.JPG

ツグミが何やら土中から見つけたようです。

20160228e.JPG

小さな、ミミズようなものでしょうか・・・?

20160228f.JPG

ジョウビタキの雄もまだ居てくれました。

20160228h.JPG

何やら空を見上げています。
雨が降るなぁ、荒れるよな、帰るのは来週かなぁ・・・と思案しているのでしょうか。

20160228i.JPG

何とか、梅ジョウ君が撮れました。

20160228j.JPG

※翌日日曜は、稲敷~銚子とプチ遠征へ出掛けましたので次回からは
其方で出会った野鳥を掲載いたします。

・撮影日:2月20日

nice!(19)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年2月中旬の谷津干潟 [探鳥]

少し前の、強風の日曜に出掛けた先は久しぶりの谷津干潟。

20160226a.JPG

イソシギがユニークな動きをしていました。

20160226b.JPG

アオサギ。

20160226c.JPG

鴨類は多彩。ハシビロガモの雌。

20160226d.JPG

こちらは雄。採食方法はいつみても興味深いです。

20160226f.JPG

午後の光を受けてうっすらと羽が赤く見えるオナガガモ。

20160226e.JPG

オオバン。

20160226g.JPG

目の黄色が目立つスズガモ。

20160226h.JPG

ホシハジロ。

20160226i.JPG

カンムリカイツブリの足を初めて見ました。

20160226j.JPG

オカヨシガモ。

20160226k.JPG

荒天で疲れたのか目を開けたり閉じたりしていました。

20160226l.JPG

観察小屋の脇の樹木にやってきたエナガ。

20160226m.JPG

通年で見られるセイタカシギ。

20160226n.JPG

冬の谷津の主役はやはりこちらでしょうか。

20160226o.JPG

バラ園横の遊歩道ですぐ傍までやってきたアオジ。

20160226p.JPG

春の渡りが待ち遠しくなってきましたね。

・撮影日:2月14日
nice!(13)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年2月中旬の荒川河川敷 [探鳥]

少し前の話ですが、その日の午後から荒れるという予報の土曜に出掛けた先は
地元荒川河川敷。

橋の上から川を見下ろすと鵜がのんびり寛いでいました。

20160223a.JPG

潮が満ちて干潟がなくなったからなのか、ウトウト休憩中のイソシギ。

20160223b.JPG

ツグミ。傍に寄っても逃げません。

20160223d.JPG

ホシハジロ。

20160223f.JPG

20160223e.JPG

オオジュリンは忙しく葦原の中で食事に夢中でした。

20160223g.JPG

20160223h.JPG

だんだんと夏羽に移行中の個体が増えてきましたね。

20160223i.JPG

アオジ。

20160223j.JPG

此処を縄張りにしている百舌。

20160223k.JPG

ヒヨドリ。

20160223l.JPG

そして、いつもの三羽。
この日は海外からやってきた方が探鳥に訪れていました。

20160223m.JPG

三寒四温と言いますが、まだまだ寒い日も多く天候も安定しませんね。
皆さんも体調を崩されないようご自愛ください。

・撮影日:2月13日
nice!(25)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年2月下旬の稲敷市探鳥 この鳥は何でしょう? [探鳥]

先日日曜に出掛けた稲敷市の葦原で撮影した小鳥です。
最初はオオジュリンかなと思っていましたが、後で見ると異なります・・・。

20160223n.JPG

オオジュリンでもないし、ホオジロでもありません。

20160223o.JPG

ホオジロの顔を黒くして人相を悪くしたような・・・

20160223p.JPG

シベリアジュリンなのでしょうか・・・?

20160223q.JPG

撮影日:2月21日
nice!(19)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年2月中旬の八柱霊園 [探鳥]

少し前の事ですが、2月11日の建国記念日に出掛けた先は八柱。

シロハラはだいぶ人慣れしてきていました。

20160220a.JPG

もっと人慣れしてきているのはツグミ。今季は飛来が遅れましたね。

20160220d.JPG

いつもの場所にアトリ。今季は数が少ないですね。

20160220b.JPG

20160220c.JPG

ヤマガラも元気に動き回っています。

20160220e.JPG

園内で一番多いのはやはりシジュウカラでしょうか。

20160220f.JPG

この日はシメを沢山見掛けました。帰る直前は群になるのでしょうかね。

20160220g.JPG

20160220k.JPG

オジロビタキの姿もまだありました。大砲の数はだいぶ減りましたね。

20160220h.JPG

20160220i.JPG

20160220j.JPG

今季なかなか上手く撮影させてくれないこの鳥も出てきてくれましたが・・・

20160220l.JPG

20160220m.JPG

やはり、撮影は困難を極めますね。

20160220n.JPG

エナガは松の木で何やら綿のようなものを盛んに嘴で引っ張っていました。

20160220o.JPG

20160220p.JPG

巣材に使うのでしょうか?

20160220q.JPG

コゲラ。ちょっと分かり難いですが頭には赤い羽根がちらっと見えました。

20160220r.JPG

最後に出会ったのはウメジロ。

20160220s.JPG

20160220t.JPG

もう、春ですね。

・撮影日:2月11日
nice!(14)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年2月初旬の関西探鳥 ~京都府立植物園・宝ヶ池編~  [探鳥]

2016年2月の関西探鳥、二日目は京都府立植物園へ出掛けました。
時折粉雪が舞う中、此処でもイカルがその姿を見せてくれました。

20160216a.JPG

百舌も登場。

20160216b.JPG

ルリビタキも雪がちらちら舞う中膨れています。

20160216d.JPG

やがて太陽が姿を現し、ヤマガラが元気に動き出しました。

20160216e.JPG

キリリとしたシメの姿。

20160216f.JPG

ジョウビタキ雄もすぐ傍にやってきました。

20160216g.JPG

何やら私達に向かって威嚇しているような・・・

20160216h.JPG

綺麗な声で鳴き合っていたセグロセキレイのカップル。

20160216i.JPG

20160216j.JPG

ぼちぼち鳥達も恋の季節を迎えるのでしょうね・・・。
植物園でもシロハラの姿は沢山観察できました。

20160216k.JPG

その後、地下鉄に乗って宝ヶ池へ移動します。
駅を降りて公園内を歩いていると、何やら茶色いものが動いています。
よく見ると・・・

20160216l.JPG

立派な雄の鹿です。

20160216m.JPG

よく見ると、周りには鹿除けの柵があります。
また、子連れのお母さんも、「あ、鹿や~。鹿がおるで~」と驚く様子もないことから
この辺りでは日常的に鹿が居る事が分かりました。

宝ヶ池の傍に居たガチョウ。鳴き声はまさにガーガーと賑やかでした。

20160216n.JPG

そして、今回観察したかった鳥でもあるオシドリも居ました!

20160216o.JPG

20160216p.JPG

雌が首を縮めて何やら雄に近付いています。

20160216r.JPG

雄も首を伸ばしながら何やら更に接近。

20160216s.JPG

雄が雌の上に乗りました。

20160216t.JPG

20160216u.JPG

何やら雄が雌の頭の羽毛を噛んでいるような・・・。

20160216v.JPG

雄の頭の羽が・・・。

20160216w.JPG

離れていく二羽。

20160216x.JPG

思いがけず、オシドリの交尾を観察することが出来ました。

その後、マガモとのツーショット写真も・・・。

20160216y.JPG

こちらは、まるで置物のようなオシドリ。

20160216z.JPG

この時は小鳥のような可愛らしい鳴き声も聞かせてくれました。
この顔であの鳴き声・・・なんだかアニメというか、童話のような不思議な鳥です。

20160216z1.JPG

此処まで至近距離でオシドリを観察したのは初めての事ですが、やはり自然界では
あり得ないような不思議な造形の鳥だなぁと感じた次第です。


沢山のイカルにミヤマホオジロやトラツグミ、今季なかなか東京近郊では見られない
コミミズク、そしてオシドリと多くの鳥達に出会えた充実の冬の関西探鳥旅となりました。

2月も後半となりますし、ぼちぼち春の渡りが愉しみな時期を迎えますね。

撮影日:2月7日
nice!(22)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年2月初旬の関西探鳥 ~淀川河川敷編~ [探鳥]

2016年2月初旬の関西探鳥旅、京都御所探鳥を終えて食事を摂った後に
向かったのは大阪の水無瀬駅。

水無瀬駅から歩いて徒歩15分程のところにある河川敷では一昨年コミミズクが
10羽近くやって来た事で知られていますが、今季もその姿を観察できるという事で
足を運んだ次第です。

河川敷に到着したのは午後2時15分過ぎ。
既に多くのカメラマン達がスタンバイしている中、百舌などを撮影しつつ我々も
コミミズクの登場を待つことに。

20160213a.JPG

時間は午後2時半。ひらりと何かが飛び始めました。

20160213b.JPG

コミミです!

20160213c.JPG

とても綺麗な羽を持つ個体です。

20160213d.JPG

20160213e.JPG

20160213f.JPG

20160213g.JPG

20160213hh.JPG

翼が長く、遠くから見るとコミミズクではないような猛禽にも見えそうな・・・。

20160213i.JPG

飛ぶコミミの下にはアオサギの姿があります。お互い無関心でしょうか?

20160213j.JPG

20160213k.JPG

20160213l.JPG

20160213m.JPG

20160213n.JPG

20160213o.JPG

20160213p.JPG

少し遠いですが、正面に別の個体がとまりました。

20160213q.JPG

20160213r.JPG

20160213s.JPG

また、枝にとまります。

20160213t.JPG

20160213u.JPG

かなり近くまで来てくれました。

20160213v.JPG

20160213w.JPG

これだけ近くでコミミの飛翔を撮影できたのは初めての事です。
更にもっと傍、道を挟んですぐの所にとまりました。

20160213z.JPG

多くのカメラマンを不思議そうに見ています。

20160213z1.JPG

すぐ傍をジョギングする方が通りましたが全く気にする素振りは見せませんでした。

20160213z2.JPG

更にこの河川敷ではキツネも観察できます。

20160213x.JPG

北海道でキタキツネを見たことはありますが、本州で野生のキツネを見たのは
初めての事。
盛んにジャンプをして何やら小動物を狙っているようでした。

20160213y.JPG

この日のカメラマンの数は100人を超えていたでしょうか。

20160213z3.JPG

この日、観察できたコミミズクは3羽。
14時半過ぎと思いがけず早い時間に登場してくれたお陰で明るい中で
撮影することが出来、大満足でその場を後にしました。
また、次の冬にも姿を見せてくれたら嬉しいですね。

・撮影日:2月6日
nice!(14)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年2月初旬の関西探鳥 ~京都御所編~

2月第一週の土日は所用で京都へ出掛けました。
この時期ですので、勿論鳥見も絡めることに・・・。

京都に着いて向かった先は京都御所。
既に探鳥会らしき方々の姿があり、「あそこにイカルが100羽程いますよ」と
教えていただきました。

20160210a.JPG

イカルの大群です。
下に降りてきました。

20160210b.JPG

20160210c.JPG

御苑内では水浴びしている姿も観察できました。

20160210d.JPG

梅にイカル。

20160210e.JPG

勿論、ウメジロも忘れてはいけません。

20160210f.JPG

20160210g.JPG

シロハラはあちこちで相当数観察できました。

20160210h.JPG

ツグミも同様に沢山いましたが、ハチジョウツグミを見る事は出来ず・・・。

20160210i.JPG

お腹が白く、チャッチャでも、ホーホケキョでもない、とても綺麗な囀りをしている
ウグイスのような鳥がいました。

20160210j.JPG

どう見ても、これはウグイスですが、その囀りは初めて聞きました。
ホーホケキョの練習を小声で始めていたのでしょうか・・・?

20160210k.JPG

ガサガサと池の周辺の茂みで音がします。シロハラよりものっそりとした音だなぁと
覗いてみると・・・

20160210l.JPG

今季初のトラツグミがそこにいました!

他にはシメも雌雄共に沢山観察できました。

20160210m.JPG

ビンズイも居ました。

20160210n.JPG

バードバスにはメジロの姿。メジロの水浴びは可愛らしいですね。

20160210o.JPG

水を飲みにアトリもやってきました。こちらも正面顔がとても愛らしいです。

20160210pp.JPG

おにぎりのように膨れているシジュウカラ。

20160210q.JPG

シロハラも水浴びにやってきました。

20160210r.JPG

そして、待望のミヤマホオジロもやってきてくれました。

20160210s.JPG

更に、ヤマガラ。

20160210t.JPG

アオジと続きます。

20160210u.JPG

その後再びシメの群に出会いました。御所ではこの鳥は沢山います。

20160210v.JPG

日陰で更に暗い中、見つけたのはルリビタキ。

20160210w.JPG

雌か、雄の若か・・・ちょっと分かりません。何となく雄の若のような気も・・・?

20160210x.JPG

マガモの姿もありました。

20160210y.JPG

ちょっとセクシーなポーズの猫も。

20160210z.JPG

御苑内で過ごしたのは3時間程度でしょうか。
山が近いせいか、東京の皇居東御苑よりも出会える鳥の種類も数も
かなり多いなと実感。

でも・・・冬の底冷えが厳しい京都ですから身体も相当冷え切ってしましました。
ぼちぼち暖かいものでも食べて話題の河川敷へ移動しましょう。

~河川敷編へ続く~

撮影日:2月6日
nice!(14)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年1月下旬の利根運河 [探鳥]

1月最後の日曜に向かった先は利根運河。
ベニマシコは居なくなった訳ではないらしい・・・との事でもう一度その出会いを
期待して出掛けました。

まずはいつもの所でいつもの雌の百舌に出会いました。

20160209a.JPG

上空に向かってカメラを向けている方が二名、その先を追ってみると・・・

20160209bb.JPG

居ました、ベニマシコ雄です。
前回とは異なり単独でしたが、また出会うことが出来て感無量です。

その後は、いつものホオジロや、

20160209c.JPG

アオジ。

20160209d.JPG

この辺りを縄張りにしているキセキレイは、ジョウビタキ雄を追い払っていました。

20160209e.JPG

隙を見てジョウビタキ雄が水を飲みにやってきます。

20160209gg.JPG

すかさず、キセキレイが追い払っていると、その二羽が争っている間にちゃっかりと
やってきたのはウグイス。

20160209f.JPG

ささっと水を飲んだらまた葦の中に消えていきました。
ジョウビタキを追い払って戻ってきたキセキレイは安堵の表情。

20160209h.JPG

工場裏の公園ではいつものシロハラ。

20160209g.JPG

耕地ではコクマルガラスの姿がありました。

20160209j.JPG

何やら、電線で遊んでいるような・・・

20160209k.JPG

鳴き声は、カァとミャーを足して二で割ったような哺乳類のような声。

20160209n.JPG

見ていると愛らしさすら感じます。

20160209l.JPG

20160209m.JPG

ミヤマガラスも一緒にいました。

20160209o.JPG

オオジュリンも葦の中で鳴いていました。

20160209i.JPG

いつものカシラダカ。

20160209p.JPG

帰り道、公園ではメジロがすぐ足元までやってきました。

20160209q.JPG

惜しい・・・けれど一応ウメジロです。

20160209r.JPG

運河ではカイツブリの姿。

20160209s.JPG

光を浴びて美しいコガモ。

20160209t.JPG

往路で出会った百舌の雌が再び同じ場所にやってきました。
何やら「今日の成果はどうった?」と聞きたげな表情です。

20160209u.JPG

ベニマシコやコクマルガラスに出会えた利根運河ならではの探鳥となりました。

・撮影日:1月31日
nice!(18)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る