So-net無料ブログ作成

2017年7月下旬の利根運河 ~その1~ [探鳥]

久しぶりに利根運河へ出掛けました。
到着すると、雨がぽつぽつ降ってきましたが通り雨だったようで
間もなく上がったものの、空はどんよりしています・・・。

そんな中、対岸にゴイサギがとまっていました。

20170730a.JPG

この羽の色合いからすると、第二回夏羽でしょうか?
ゴイサギは、ホシゴイか成鳥のどちらかを見掛ける事が殆どで、あまり
中間色(ホシゴイから成鳥へ移行中)を観察できたことは今まで
なかったので、良い機会となりました。

20170730b.JPG

すぐ傍にホシゴイがやって来ました。

20170730c.JPG

この個体も来年になると、こうした中間の色合いになるのですね。

20170730d.JPG

暗い曇り空なので、ホオジロも暗いです・・・

20170730e.JPG

工場裏手の公園に居たコゲラ。

20170730f.JPG

この時期、コゲラも撮れたら御の字といったところです。

20170730g.JPG

耕地に出ると、定位置で鵜が羽を乾かしていました。

20170730h.JPG

セッカも鳴いていますが、その囀りの声は小さく、もう激しい
縄張り争いも少ないようです。

20170730i.JPG

目の前に立ちはだかるチュウサギ。

20170730j.JPG

正面顔はどことなくコミカルです。

20170730k.JPG

それにしても、スラッとしていますね。

20170730l.JPG

此方は木の上にとまっていた個体。

20170730m.JPG

カラスと一緒に何かが飛んでいるなと遠くから見た鳥の正体は、

20170730o.JPG

チョウゲンボウでした。どうやら幼鳥と思われるこの個体にカラス2羽が
ちょっかいを出しているようです。

20170730p.JPG

チョウゲンボウも負けてはいません。

20170730q.JPG

20170730r.JPG

1対2では分が悪いのではと見ていましたが、頑張っていました。

20170730s.JPG

20170730t.JPG

こうした行動もまた、獲物を取る時に役立つようになるのでしょうね。
湿度は高いものの、気温はそこまで高くなく、たまに良い風も吹くので
もう少し探鳥を続けましょう。
(その2へ続く)
nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 8

Mitch

少し寝ぼけたような色合いのゴイサギ、数回見かけましたが、第二回夏羽だったんですね。
図鑑とか調べなかったので、なんで色が薄いんだろうか・・・と^^;
by Mitch (2017-07-30 18:10) 

まっちゃん

チュウサギですか、いいですね。
MFからは白いサギがいなくなってしまいました。
チュウサギは一度も見たことがないのか、認識できないだけなのか。^^;
by まっちゃん (2017-07-31 08:46) 

queso

Mitch様、
このぼやけた色、よく見るとなかなか美しい中間色ではないかと
思っています。粋な和服にでもなりそうな・・・。
でも、まだまだ目がホシゴイとほぼ同じですね。
by queso (2017-07-31 18:36) 

queso

まっちゃん様、
チュウサギとダイサギの違いは私もあやふやな所があります。
でも、夏場の田圃(特にこの耕地では)チュウサギを見掛ける事が
圧倒的に多い気がします。
アオサギの数は夏になると減るような気がしますが、何処へ行って
いるのでしょうね。
by queso (2017-07-31 18:37) 

takapy77

ゴイサギ2回夏羽って見た事ないような。まあゴイサギ自体
あまり多くは居ないですけど。チュウサギは、生息域が限定的
ですが、こちらのシギチエリアは、チュウサギとアマサギが
多くて、チュウダイサギやアオサギの方が少ないです。
一方、近所の田園はチュウサギやアマサギが殆どいません。
不思議ですね。チョウゲンボウはあどけなくて可愛いですね。
by takapy77 (2017-07-31 22:24) 

Rocky

暑い中、お疲れさまでした。
まだホシゴイの名残が見えるゴイサギですが、うまく出会えてよかったですね。
チョウゲンボウの幼鳥とカラスのバトル、さすがは猛禽の幼鳥です、カラスに負けないでよく頑張っていますね。
ナイスショット!

by Rocky (2017-07-31 22:51) 

queso

takapy様、
仰る通り、ゴイサギはコサギ等に比べて数が少ないのか夜行性の
せいなのかあまり頻繁には見掛けませんね。
留鳥でもあるようですが、冬場に見かける事も少ないですし。
この田園ではこの日アマサギの群も観察できましたが、夏羽から
冬羽へと移行している個体が多かったです。
そういえば、チュウサギは群にはなりませんね。
チョウゲンボウ、表情がまだ幼さを残していますね。この辺りを
縄張りにしている成鳥も居ますし頑張って欲しいものです。
by queso (2017-08-01 08:54) 

queso

Rocky様、
駅に着いたら雨が降り出してガッカリしましたが、思っていたより
出会いのある探鳥となりました。
かつてのコミミエリアの奥も何やら工事が始まるのでしょうか、
フェンスに囲まれていますね。
そうした事が原因かは分かりませんが、今期耕地でサシバを私は
見る事はありませんでした。
出会いの多い探鳥地なだけに残念です。
でも、チョウゲンボウはこうして工事中の場所を利用して逞しく
成長しているのですね。
by queso (2017-08-01 08:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る