So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年7月初旬の奥日光 ~その③~ [探鳥]

2017年梅雨真っ只中の奥日光探鳥、残念ながら二日目朝は
土砂降りとなりました・・・。
本来なら5時前に出発を予定していましたが、少し小降りになるまで
待とうと、朝風呂に浸かり、朝食用のおにぎりは部屋で頂きました。

7時過ぎても雨は降り続いています。天気予報は雨後曇で、やむのは
昼前頃となりそう・・・。残念ですが昨日は愛想の良いノビタキにも
出会えた事だし、このまま帰ろうかと湯元温泉始発のバスに乗りました。

それでも、折角来たのだからちょっとだけ戦場ヶ原を歩こうと赤沼で
ひとり下車しました。この日は月曜、更に雨天とあって人は殆どいません。
傘をさして木道を歩き始めると、昨日同様に雨が上がりました。
と、すぐ目の前にゴジュウカラが現れました。

20170710a.JPG

身体をピーンと伸ばしたゴジュウカラ。

20170710b.JPG

コサメビタキが二羽枝にちょこんととまっていました。

20170710c.JPG

可愛いですね。

20170710d.JPG

20170710e.JPG

雨上がりの月曜朝の戦場ヶ原は貸切状態で鳥の声が響くのみ。
熊除けの鈴はつけていましたがちょっと怖いくらいの静けさでした。
そんな中、目の前にキビタキ雄が現れました。

20170710f.JPG

口いっぱいに虫を咥えながらも綺麗な声で囀っていました。
近くに雌が居たのでしょうか。

20170710g.JPG

20170710h.JPG

昨日は声だけだったアカゲラもカメラに収めることが出来ました。

20170710i.JPG

遠くに見えるのはホトトギスでしょうか・・・。

20170710j.JPG

此方は今日も元気に鳴いていたカッコウ。縄張り争いなのか凄い声を
あげていました。

20170710k.JPG

アカゲラ二羽が恋の駆け引きでしょうか。

20170710l.JPG

この日は遠かったノビタキ。

20170710m.JPG

アオジも姿を見せてくれました。

20170710o.JPG

そして、そのアオジのすぐ傍に居たのはホオアカ。

20170710p.JPG

この日は、この個体が暫く相手をしてくれました。

20170710q.JPG

この時間になると、木道を歩く人もぽつぽつと現れ始めました。
湯川では可愛い雛を連れたマガモの雌が居ました。

20170710r.JPG

と、不意にすぐ目の前にビンズイが舞い降りました。

20170710s.JPG

近過ぎて、此方が暫く動けなくなってしましました・・・

20170710t.JPG

樹上にカッコウ。とにかくこの鳥は沢山居ました。
それだけ托卵相手が奥日光に存在するということなのでしょうね。
となると、通いつめればいつか托卵された親鳥がカッコウ幼鳥に
給餌する場面を撮ることが出来るのでしょうか(難しそうですが)。

20170710u.JPG

茂みの中で何かの幼鳥らしき声がするなぁと思ったらシジュウカラが
居ました。この鳥の生息範囲は本当に広いですね。

20170710v.JPG

空はすっかり明るくなり、青空も所々覗き始めました。
帰らないで良かった・・・と思いつつ、更に欲を出して再び湯ノ湖畔へ
バスで戻ることにしました。
(その④へ続く)
nice!(9)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 8

Mitch

やはりこの時期は山中の探鳥地に行かないと、
野鳥たちには出会うのは難しいようですね。
by Mitch (2017-07-10 17:52) 

ramblin

私の経験上ではこのような夏鳥の繁殖地での探鳥は
意外と雨天が打率が高いように思います。人影も
少ないし雨筋や雨音は鳥たちの警戒心を少しだけ
緩めてくれる効果が有るのではないでしょうか?
by ramblin (2017-07-10 21:27) 

まっちゃん

カッコウが仮の親から餌を貰うところが見たいですね。
MFでもたまにホトトギスが鳴いていますが、子はどうやって本当の親に付いていくのか、見て見たいものです。
by まっちゃん (2017-07-11 09:31) 

queso

Mitch様、
訪れた奥日光は予報では天候はイマイチだったのですが、こうして
途中から晴れ間ものぞき多くの野鳥と出会えた事はラッキーでした。
by queso (2017-07-11 21:16) 

queso

ramblin様、
仰る通りと思われます。特に今時分の奥日光は林間学校の小学生で
賑わいますが、朝方の雨で午前中の戦場ヶ原歩きを変更した所も
多かったようで、ハイシーズンながらも「貸切戦場ヶ原」を堪能
することが出来ました。
そして鳥達も、夜から続いた雨がやんだこともあり、更に人も少ない
事から警戒心を解きつつ出てきてくれたものが多かったと思われます。
by queso (2017-07-11 21:20) 

queso

まっちゃん様、
探鳥を続けていると色々欲が出てきますが、カッコウ幼鳥へのの給餌
は、この趣味を持っている者ならばいつかは観察したいものですね。
托卵される側にとってはけしからんことですから、なかなか目にする
機会は今後も少ないとは思いますが・・・。
by queso (2017-07-11 21:22) 

Rocky

二日目、まだ雨の降る中よく戦場ヶ原を歩こうと決心されましたね。
人影が全くなかったのが幸いしたのでしょう。ゴジュウカラ、コサメビタキ、キビタキ、アカゲラなどを近くから独占観察出来ましたね。さすがです。
カッコウ、ノビタキ、アオジ、ホオアカ、ビンズイなどにも出会えて、サイコーでしたね。
勇気ある決断が好結果につながりましたね。素晴らしいです。

by Rocky (2017-07-13 22:26) 

queso

Rocky様、
バスを降車した時は雨が降っていましたが、戦場ヶ原の木道を
歩き出すとピタッと雨が止んだのは嬉しかったです。
この時期、此処を貸切状態で歩く事はほぼない事です。そんな中、
多くの鳥達の姿を観察することが出来たのは幸運でした。
涼しい場所ですし、これからも頻繁に出掛けたいですが、この三連休
含め、夏休みの間は混み合うでしょうね・・・。
by queso (2017-07-14 08:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る