So-net無料ブログ作成
検索選択

2012年初秋の北海道旅 ~その4~ [旅]

お付き合い頂いている「初秋の北海道旅」も、ぼちぼちクライマックスへ・・・。
二日目の蕎麦ランチを食べ終えた我々は、然別に車を走らせ、「ここかな?」と
思われる場所で車ととめた。
“ここ”とは、夫が出発前に検索した「ある動物」に出会えるというエリア。
詳しい場所は殆ど記載されておらず、然別湖手前というイメージ。
岩場を好むあの動物なら、多分、この森林を抜けた先の上に広がるザレ場に
居るのでは・・・?という期待のもと、歩き出した。

今回は山歩きをする予定ではなかったものの、なかなかな坂道。
こうした道を歩けば、今年の北海道は9月でもかなり汗ばむ・・・。ゼイゼイと
息をしながらフト辺りを見渡すと、暑い暑いと言いつつも秋の気配が・・・。

20121007a.JPG

暫く山を登ったものの、どうやら“ここ”ではないらしい・・・と、再び元来た道を
下りだすと、フト木の幹を走る鳥を見つけた。

20121007b.JPG

↑これは、キバシリ。という野鳥。名前の通り、木の幹を走るように移動する。
よく見るとその動きはとてもユニークだが、動きは速い。
そして、今回初めて見たのがコチラの頭の白いエナガ「シマエナガ」↓。

20121007c.JPG

後ろ向きで非常に分かり難いが、この野鳥もとにかくチョコマカと動き回り
非常に撮影し難く、ようやく撮れてもほとんどが枝被り・・・。

20121007d.JPG

森の妖精とも言われる可愛いシマエナガは、日本では北海道のみに生息
(まれに東北北部でも見られるとか)している。たまたま誤って目的地とは異なる
山に登ってしまったが、こうして初見の野鳥に出会ったのだから、ヨシとしよう!

さぁ、気を取り直して探している場所を目指そう。
車を少し走らせると、・・・おや?数台の車(北海道以外のナンバーの車も発見)が
駐車している場所がある。狭いが登山道もあるようだ。
・・・もしかして、“ここ”か・・・?
車を駐車すると、登山道をカップルが下りてきて「これは、感動だったね!」等と
話ながら盛んにデジカメで撮った画像を確認している。
間違いない・・・。きっと「生きた化石」はここにいるのだ。

早速狭い登山口を登っていくと・・・あれ?・・・登り始めてすぐのこと、私の足から
10センチ程の距離のところに小さなネズミのような生き物がじっとしているではないか。

20121007e.JPG

「・・・ネズミ・・・?」いや違う、これこそ今回出会えたらいいなと思っていた
生きた化石と言われる「ナキウサギ」である。
えぇぇっ、こんな至近距離に現れるものなの!?と驚愕。その昔、大雪山に登った際
頂上付近の岩場でナキウサギらしい声は聞こえたものの、その姿を見る事は
出来なかった。滅多に見る事は出来ない。天然記念物にと道内で叫ばれている
動物でもあるナキウサギを、まさかこんなに近くで見ることが出来るとは・・・感激だ。

20121007f.JPG

まんまるの耳は勿論、その円らな瞳、その動き・・・全てが愛らしく可愛らしく
ただただ夢中でシャッターを押した。この個体は、特に人間を恐れるでもなく、
殆ど意識せずに葉を食べる事に夢中になっていた。

20121007g.JPG

20121007h.JPG

感無量の我等。多くのブログでは、この登山道の上の岩場にてナキウサギを
撮影したという画像が掲載されている。折角なのでその場まで登ろうと、クマザサが
茂る道を暫く行くと、程なくしてザレ場に到着。三脚を構えた男性もいる。
常連さんらしいその男性に下の登山道で近距離でナキウサギを撮影したと
画像を見せた所、とても驚かれた。
たまたまの偶然だったのか、なかなか其処までの至近距離で写真を撮ることは
難しいようだ。

暫くその場でナキウサギの登場を待っていると、キッ、キッと甲高い声がして
「ナキウサギが鳴いていますね」と、その男性が言った途端、「ほら、あそこ!」と
岩の上にナキウサギが登場した。

20121007i.JPG

陽の光を浴びているので先程より明るい茶色に見えるが、こちらもナキウサギ。
冬毛へとはえ代わっているのかちょっと毛が抜けてしまっている。
此処でもナキウサギを見ることが出来た・・・。良かった良かったと下山した。
流石に元来た道の同じ場所に、あのナキウサギはとどまってはいなかった。

「いやぁ~、良かったねぇ・・・」と感動しつつ、車を本日の宿のある糠平温泉
走らせる。然別から糠平までの道は急カーブが続く。(運転は全て夫・・・)
到着した糠平温泉には、鉄道博物館などの博物館も充実していることから
宿へチェックインの前にちょっと散歩を・・・。
と、博物館隣の敷地にいるのは・・・?

20121007j.JPG

これはトラツグミ。ツグミの仲間だ。関東ではなかなか頻繁には見られない鳥だが
人に慣れているのか、結構近づいても逃げない。

20121007k.JPG

でも、流石に近付き過ぎると・・・

20121007m.JPG

驚かせてごめんなさい。
この場所で餌を食べていたのは番と思われる二羽。鉄道博物館を見学して戻っても
そして翌朝もこの場所に居たので、ここが余程気に入っているようだ。

それではぼちぼち今夜の宿「中村屋」さんへ向かいましょう。
宿の方が改装・改築に熱心と聞いていたが・・・まず驚いたのは部屋の広さと美しさ!

20121007n.JPG

20121007o.JPG

夫婦二人で、和室とフローリングのベットルームのついた部屋に泊るとは・・・
贅沢!ベットの傍には枕も数種類用意されている。

20121007w.JPG

部屋の中のアメニティもしっかり充実しているが、館内には「エゾリスの穴」という
場所があり、ソーイングセットや宿の葉書、グラス、ワインオープナー、ヘアアイロン
ドライバー、その他、旅先であったらいいな・・・というグッズが完備されている。

20121007r.JPG

ロビーにはコーヒーマシンやおやつ(ポテトチップスや飴)が完備され、いつでも
愉しむ事ができる。勿論、ライブラリーも兼ねていて、パソコンも置かれている。

20121007s.JPG

うーん、この痒いところに手が届くサービス、華美過ぎず、でも心のこもった、そして
充実のアメニティと寛ぎの空間・・・なるほど、糠平温泉で検索すると上位にランクイン
するのも頷ける。
因みに、前日の芽登温泉の露天風呂で一緒になった女性に、翌日ここに泊ると
話したところ、「そこはいい宿ですよ~。帯広で芽登温泉と糠平温泉(中村屋さん)は
凄くいい選択ですね」と言われたっけ・・・。地元でも有名な宿なのだ。

それでは糠平の湯に浸かりましょう!
露天風呂は混浴のものがひとつだけ。女性限定の時間は夜間なので、まずは
内風呂を堪能。

20121007x.JPG

ナトリウム・塩化物-炭酸水素塩泉(重曹泉)であるこちらの湯は滑らかでありながら
サラリとしていて、心地よい。温度もちょうどよく、何時までも入っていられそうな湯だ。
うーん、気持ちいいなぁ・・・。
因みに、もうひとつの内風呂はコチラ↓。

20121007p.JPG

露天風呂に行くには、回廊を通る。

20121007v.JPG

広々として心地よい露天風呂、私は夜間に星空の下のんびりと浸かった。

20121007t.JPG

さぁ、人気の宿の湯を堪能した後はいよいよお楽しみの夕食だ♪
(その5へ続く)
nice!(1)  コメント(18)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 18

きなこの母

行かずともquesoさんのブログで北海道を一緒に旅している気分です。
ナキウサギの撮影が主なる目的だったんですか?
それにしてもこんなに至近距離で撮影出来て本当にラッキーでしたね。
やっぱり広い北海道、自然も豊かで色んな野生動物にも出会える・・・素晴らしき北海道。
by きなこの母 (2012-10-07 16:51) 

yu-yu1117

ブログ、堪能してます!
いちいち、へ~~!そうなんだ~~!と頷いたりびっくりしたり。

鳥の名前、よくわかりますね。
「この仲間だろうね」くらいまで判っても、なかなか判別がつきません。
しかも雄だ雌だ幼鳥だ、となるともう何が何だか。

シマエナガ、初めてそんなのがいるのを知りました。
つるっと白いエナガ、見てみたいなあ・・・。

いろんな生き物に出会って、夜はゆっくり温泉とごちそう。
きゃ~。うらやましい!



by yu-yu1117 (2012-10-08 12:46) 

dinghymama


ナキウサギ、本当に可愛いですね!!
丸くて小さな耳、葉っぱを食べている姿も可愛過ぎなくらい。
こんなウサギがいるなんて、知りませんでした。
quesoさん、ありがとう(^^)

こういうお宿、いいですよね〜
北海道ではないのですが、姫路と有馬にこんなお宿があって
また行きたいと思わせる仕様です。
夕食が楽しみです!!


by dinghymama (2012-10-08 15:50) 

ぴくるす

北海道の大自然を満喫ですね~♪
私まで一緒に旅している気分にさせていただいています。

なきうさぎ、ですか!
生きた化石といえば、シーラカンスしか浮かばない
無学な私(^_^;)
お目当てのナキウサギ、至近距離で出会えてラッキーでしたね♪
日頃の行いがいいに違いないですよ!

お宿、素敵ですね~。
お部屋もロビーも素敵!
露天風呂への回廊もいい感じですね~。
は~、うらやましくてため息もでちゃう~!
by ぴくるす (2012-10-08 19:51) 

sana

なきうさぎ、ホント、一見ねずみに見えますね。
でもまあるい耳が独特。私も初めて見ました。可愛い。
こんな至近距離にゲットできてよかったですね。
文章から、その時の喜びと興奮が伝わってきます。^^
quesoさんの足元に出て来てくれたなんて、きっと偶然じゃないですよ。
自然の中の動物を愛するオーラをなきうさぎ君も感じたんだわ。^^

お宿、素敵ですね。何泊もしたくなっちゃいそう。^^
これは、お料理も期待できそう。
楽しみです。
by sana (2012-10-09 10:34) 

ろろすけ

けそ様運がよいですね!
ナキウサギを間近でのご撮影おめでとうございます(*^^)v
初めて見ましたが可愛いですね。
お宿もお風呂もまた素敵ですね♪

by ろろすけ (2012-10-09 11:35) 

saji

凄い凄いー楽しい~~♪
quesoさんの写真を拝見しながら
私も北海道の自然を満喫してますよー。
野鳥の姿も美しいですが、ナキウサギやエゾリスまでも…
ホントにツイてましたね(^ー^)☆
私が北海道へ行く時はいつも法事がらみで慌ただしいので、
たまにはこんな風に自然を感じながらのんびりと訪れてみたいです。
お宿も素敵なところを探されましたね。
ぜひ参考にさせて頂きたいと思います♪

by saji (2012-10-09 20:41) 

kinda

ナキウサギ近くで撮れて凄いです。男の場合、露天風呂の撮影は難しいです。
by kinda (2012-10-09 22:13) 

queso

きなこの母様、
北海道の自然は、またどこかが異なる独特なものですよね・・・。
正直、目的は前夜の「シマフクロウ」で、今回の「ナキウサギ」は、
もしも何処かで逢えたらいいなあ・・・という生き物でした。
仰る通り、こんな至近距離で捉えられるとは本当にラッキーです!

by queso (2012-10-10 21:33) 

chidori

出ました、ナキウサギ!
さすが北海道、こんな貴重な動物に出会えるなんて・・・
でも誰しもが出会えるわけではないので、ラッキーでしたよね~
しかもこんな至近距離で!
つぶらな瞳も、丸い耳も何てキュートなんでしょう。

ホテル、木の香りが漂ってきそうでとっても素敵ですね~
ベッドも寝心地がよさそうだし、すごーくリラックスできそう。
窓辺のソファに身を任せて、ワインなど飲んでみたいです(^^)
by chidori (2012-10-11 05:14) 

queso

yu-yu様、
仰る通り、野鳥の判別は難しいですよね。
〇〇ヒタキの雌なんて皆同じに見えますし、夏羽や冬羽、そして
幼鳥、エクリプス・・・
私もシギ・チドリ系はお手上げな感じです。
玄人さんのサイトを見てなるほど・・・と勉強はしますが、それでも
難しいですよね。

シマエナガ、とっても可愛らしいですよね。
が、普通のエナガ同様にキャラキャラと動きが早くて・・・
枝被りしか撮れませんでした。次回はきちんとカメラに収めてみたいです。

探鳥三昧と温泉・・・最高です!
by queso (2012-10-11 08:17) 

queso

dinghymama様、
ナキウサギ、可愛いですよね(^^)。
私の片手に乗るのでは・・・?と思うくらい小さくて、幼い個体
だったのか全く人を恐れず、ただもくもくと草を食べている姿は
本当にキュートでした。
この耳が何とも言えませんよね。

有馬と姫路にもこちらの宿のようなところがあるのですね。
是非行かれたらブログに掲載してください。
姫路はまだ訪れた事がなく、お城の工事が全て終わったら
行ってみたいなと思っています。
by queso (2012-10-11 21:06) 

queso

ぴくるす様、
やはり北海道は自然が豊かですよね・・・
その雄大さは他の比ではないなぁと。そして今回出会った鳥達の
種類の多い事・・・。

ナキウサギ、実はこうして実際に出会う前までは「多分、会えないだ
ろうなぁと」期待度は低かったのです。
まさかここまで近くで遭遇するとは・・・
日頃の行いはイマイチですが、動物好きが幸いしたのでしょうか。

こちらの宿は、ご主人が自ら改装を趣味としているとの事で何でも
自分で作られるようなのですが、それにしても趣味もよいし、
素敵な内装でした。清掃も隅々まで行き届いていて、家族経営だからこそ
できる値段とグレードのバランスが素晴らしいなぁと。
こちらに行かれる事がありましたら絶対にお薦めです。
by queso (2012-10-11 21:11) 

queso

sana様、
ナキウサギ、声は一度大雪山で聞いたことがありましたが、実際に
目にしたのはこれが初めてでした。
仰る通り、ネズミかと思う大きさで、でも耳はこうして真ん丸で
動きが愛らしく、何とも言えないキュートさ・・・
偶然ではなく、彼(彼女?)から私に会いに来てくれたのでしょうか(^^)♪

今回の北海道旅は、sanaさんも感激しそうな野鳥達と沢山出会いました。
その後の写真整理は「ひぇぇ」という感じですが・・・(^^;)。
残念ながらシマフクロウには出会うことは出来ませんでしたが、これはまた
北海道に行く口実が出来た、ということですよね。
by queso (2012-10-11 21:16) 

queso

ろろ様、
有難うございます。
運よくこんな近くでナキウサギ撮影に成功しました!
小さくて動きも可愛らしく、そしてあまりにも人を恐れずなので
連れて行かれてしまうよ・・と別の心配もしてしまいました。
それくらいの極至近距離でした。

糠平温泉はビジターセンターも来年出来るそうです。コンパクトながら
見どころも沢山ありますし、大型旅館も少ないのでのんびり静かに
温泉を愉しみたい派にはお薦めです♪
by queso (2012-10-11 21:20) 

queso

saji様、
嬉しいコメント有難うございます。
今回はエゾリスにも何度も会えたし、何よりナキウサギにこんなに
近くで出会えたのは嬉しかったです。
野鳥達にも沢山遭遇しましたし、本当にラッキーな旅でした。

御親戚が北海道にお住まいなのですね。
法事がらみだと、確かに慌ただしくなってしまいますね・・・。
帯広は外国人観光客も北海道の中では少ないエリアかと思いますし
逆にのんびり静かに観光するにはお薦めです。
今回のお宿「中村屋」さんは本当に素敵なところでした。
お料理もとっても美味しかったです(^^)♪
by queso (2012-10-11 21:24) 

queso

kinda様、
ナキウサギ、然別湖の手前から細い登山道を登ってすぐに出会いました。
特に表示はないところですが、駐車している車が数台あるので分かるかと思います。
偶然の事でしたが、小さくて可愛らしいナキウサギとの遭遇、感動しました。
by queso (2012-10-11 21:27) 

queso

chidori様、
そうです、ナキウサギ登場です(^^)♪
色々な表情を至近距離で見せてくれたこちらの個体、名前を勝手に
つけて呼んだりしてみたいくらいでした・・・。
ナキウサギに相応しい名前・・・なんでしょうね?

上のガレ場でナキウサギを撮影していた男性に聞くと、2~3時間
待っても現れず諦めて帰る人もいるとの事でしたから本当に運
なんですよね。

仰る通り、こちらのホテルは木の香りいっぱいの素敵な宿でした。
窓辺の椅子も座り心地が良かったですよ~。
朝はすぐ傍の木々に野鳥もやってきました。
そして肝心のお料理もまた最高だったのです♪
by queso (2012-10-11 21:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る