So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2016年8月中旬の霞ヶ浦周辺探鳥 ~その②~ [探鳥]

霞ヶ浦周辺探鳥、その2は水田から離れての鳥見です。
まず、現れたのはセッカ。

20160821kasumi1.JPG

20160821kasumi2.JPG

20160821kasumi3.JPG

お目当てのコジュリンは遠くで囀るばかりでしたが、ようやく近距離で
鳴いている個体を発見。

20160821kasumi4.JPG

20160821kasumi5.JPG

この鳥は、このエリア以外ではなかなかMFでは出会う事ができません。

20160821kasumi6.JPG

鳴き声はホオジロと似ていますが、よくよく聞いていると僅かに違いがあります。

20160821kasumi7.JPG

いつまでもこの場所で残っていて欲しい野鳥です。

20160821kasumi8.JPG

20160821kasumi9.JPG

お目当てのシギチにはなかなか出会えませんが、コジュリンを観察できたので
先ずはヨシとしましょう!
あと1回、霞ヶ浦周辺探鳥を掲載します。
nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年8月中旬の霞ヶ浦周辺探鳥 ~その①~ [探鳥]

久々に霞ヶ浦周辺に探鳥に出掛けました。
この日は、涼しい風が吹き、探鳥には良い日よりです。

休耕田に居たのはのはコチドリ。

20160820kasumigaura1.JPG

一羽のコチドリがイソシギに近寄って行きます。

20160820kasumigaura2.JPG

コチドリがイソシギを突いて攻撃。

20160820kasumigaura3.JPG

イソシギも負けずに応戦。

20160820kasumigaura4.JPG

その後はお互いの存在を無視して食べる事に専念。

20160820kasumigaura5.JPG

別のコチドリがまたイソシギの傍にやってきました。

20160820kasumigaura8.JPG

今度は争いもないようです。

20160820kasumigaura9.JPG

こうして見ると、イソシギとコチドリは大きさがほぼ一緒なのですね。

20160820kasumigaura10.JPG

こちらはコチドリの幼鳥でしょうか。

20160820kasumigaura6.JPG

20160820kasumigaura7.JPG

爽やかに響くホオジロの声。

20160820kasumigaura11.JPG

上空にミサゴの姿。

20160820kasumigaura12.JPG

と、鳶が追いかけ始めました。

20160820kasumigaura13.JPG

20160820kasumigaura14.JPG

このミサゴはその後、鳶の幼鳥が複数羽いるところに降り立ち水浴びを
始めました。
わざわざ鳶の傍に降りて水浴びをしていた理由は不明ですが、やがて
再び飛び立ち去って行きました。

20160820kasumigaura16.JPG

期待していたほどシギチの姿が見えなかったので別の場所で探鳥を続けます。

20160820kasumigaura17.JPG

(その2へ続く)

nice!(9)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年8月初旬の三番瀬 ~その③~ [探鳥]

お盆も過ぎましたが、今月初旬の三番瀬探鳥、その③を掲載致します。

先ずはオオソリハシシギの羽繕いから。

20160817a.JPG

長い嘴を器用に使っています。

20160817b.JPG

20160817c.JPG

20160817d.JPG

嘴部分を除けば、ダイゼンと大きさは変わらないような・・・。

20160817e.JPG

20160817f.JPG

田園で見るより、この時期シギチは海辺で見る方が涼しくて良いですね。

20160817g.JPG

アジサシの群が上空を舞いました。

20160817h.JPG

その後、少し沖合に出来た干潟にミヤコドリが現れました。

20160817i.JPG

二羽います。

20160817j.JPG

20160817k.JPG

嘴を開いて舌が見えました。

20160817l.JPG

三番瀬らしい風景ですね・・・。

20160817m.JPG

チラッと空を見上げたミヤコドリ。

20160817n.JPG

東京湾でこれだけの野鳥を観察できるとは・・・探鳥を始めるまでは
全く知らない事でした。

今回の三番瀬探鳥はこれにておしまいです。
次回は霞ケ浦周辺探鳥を掲載します。

nice!(11)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年8月初旬の三番瀬 ~その②~  [探鳥]

猛暑が続いていますね。
山の日の本日、東京は朝はどんよりとして雨がぱらつきそうな雰囲気
だったので、待機していたらあれよあれよという間に猛暑となってしまい
鳥見は断念してしまいました。

ということで、先日の三番瀬の続きです。

トウネン二羽の背後にいるのはミユビシギ。

20160811a.JPG

正面からトウネン。おにぎりのような形です。

20160811b.JPG

メダイチドリは冬羽に移行中で羽の色合いも様々です。

20160811c.JPG

20160811d.JPG

20160811e.JPG

水浴びするメダイチドリ。

20160811f.JPG

20160811g.JPG

20160811h.JPG

何かと小競り合いも起きていました。

20160811i.JPG

20160811j.JPG

水浴びするダイゼン。

20160811l.JPG

ミユビシギ。トウネンより嘴の長さが目立ちます。

20160811m.JPG

もう1回だけ三番瀬が続きます。

猛暑が続きますので鳥見の際は水分補給を忘れずに、無理はせず
ほどほどに愉しみましょう。

・撮影日:8月6日
nice!(10)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年8月初旬の三番瀬 ~その①~ [探鳥]

猛暑の週末の探鳥は高地か水辺に限る・・・ということで昨日は
三番瀬に出掛けました。

この日の干潮は昼頃だったので、潮干狩り客も朝は少な目。
シギチの姿もしっかりと観察できました。

20160807f.JPG

メダイチドリ、キョウジョシギ、トウネン、キアシシギ等々が見られます。

20160807a.JPG

↓ダイゼン左奥に居るのはメダイチドリではなく、オオメダイチドリでしょうか?

20160807b.JPG

色々なシギチが集まっていると、各々の動きを観察するのも愉しいですね。

20160807c.JPG

キアシシギを近くで撮影できました。

20160807d.JPG

ウミネコの中にオオソリハシシギが一羽。

20160807i.JPG

20160807e.JPG

20160807g.JPG

20160807h.JPG

ダイゼンも数羽確認できました。足環が左右にあります。

20160807j.JPG

8時過ぎとあって海風もまだ涼しかったので、探鳥を続けましょう。
(その2へ続く)

・撮影日:8月6日
nice!(10)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年7月下旬の利根運河 [探鳥]

暑い日曜早朝に出掛けた先は利根運河。

対岸にはゴイサギが居ました。暑い日中はじっとしているようです。

20160805a.JPG

ホシゴイも居ました。こちらは魚を狙っているようです。

20160805b.JPG

耕地ではアオサギ。
少しでも風通しの良い所にとまって涼を感じているのでしょうか。

20160805c.JPG

暗い畦には雉の雄(若鳥でしょうか)の姿。

20160805d.JPG

セッカを何とか葦の間から撮ることが出来ました。

20160805e.JPG

20160805f.JPG

久々に猛禽も目撃しました。チョウゲンボウの幼鳥でしょうか。

20160805g.JPG

20160805h.JPG

20160805i.JPG

20160805j.JPG

稲をバックにアオサギ。今年のお米の出来はどうなのでしょうね。

20160805k.JPG

遠くにコチドリの姿。

20160805l.JPG

道路を渡っていたクサガメ。私の姿を見ると戻っていきました。何故?

20160805m.JPG

セッカらしいとまり方をしたセッカ。

20160805o.JPG

彼岸花の蕾。

20160805p.JPG

モンシロチョウ。

20160805q.JPG

運河上空で猛禽が舞い始めました。

20160805r.JPG

サシバのようです。

20160805s.JPG

三羽、その姿を確認しました。
風に乗り、見る見る天高く昇っていく姿は美しかったです。

もうすぐ、鷹の渡りの季節ですね。

・撮影日:7月31日
nice!(20)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年7月中旬の三番瀬 [探鳥]

二週間程前の事ですが、久々に三番瀬に出掛けました。

20160731e.JPG

ミヤコドリは遥か彼方の距離で、やってくるのはウミネコばかり。

20160731d.JPG

20160731a.JPG

20160731c.JPG

一羽、釣り糸のようなものが身体に刺さっている個体がいました。
大丈夫でしょうか・・・。

20160731b.JPG

カラシラサギが一羽飛んできました。

20160731f.JPG

20160731g.JPG

この日は大潮。潮干狩りの方がどんどんやってきたのでこの辺りで
引き上げる事にします。

20160731h.JPG

このままでは物足りないと谷津干潟へ向かいました。

いつものアオサギ。

20160731i.JPG

観察小屋からはバンの親子の姿を見る事が出来ました。

20160731j.JPG

カイツブリの幼鳥もいます。

20160731k.JPG

幼鳥の背後の水の中では別の一羽が潜って餌を探しているようです。

20160731l.JPG

20160731m.JPG

眠いのか、暑いのか・・・欠伸をした幼鳥。

20160731n.JPG

出会えたシギチは此方だけ。

20160731o.JPG

前日はオオメダイチドリ等がやってきたそうですが、今日はサッパリ。

20160731p.JPG

そんな日もありますね・・・。

20160731q.JPG

本格的な秋の渡りが待ち遠しいです。

nice!(9)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年7月中旬 耕地でアマサギ [探鳥]

三連休の先週土曜に出掛けた先は久々の耕地。
そこでアマサギの群に出会う事ができました。

20160723a.JPG

20160723b.JPG

この、亜麻色と白のコントラストは美しいですね。

20160723c.JPG

20160723d.JPG

羽の様子も様々です。

20160723e.JPG

20160723f.JPG

百舌の若鳥もいました。

20160723g.JPG

20160723h.JPG

夏の田圃と鷺。

20160723i.JPG

気の毒な程羽が抜け落ちた鳶がやってきました。

20160723j.JPG

ぼろぼろの鳶を追うカラス。

20160723k.JPG

再びアマサギ。

20160723l.JPG

20160723m.JPG

正面顔はユニークです。

20160723n.JPG

20160723o.JPG

帰り道、運河沿いにもう咲いていた彼岸花。

20160723p.JPG

アマサギを観察することは出来ましたが、セッカは鳴いているものの
写真を撮り難くなり、オオヨシキリの囀りも少なくなりました。
秋の渡りが待ち遠しいです。

nice!(11)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年7月初旬の奥日光探鳥 ~その3~  [探鳥]

7月初旬の奥日光探鳥、その3は二日目の朝食を食べ終えてから
出会った鳥達を掲載します。

先ずは百舌。今回観察できたのはこの一羽のみでした。

2016017a.JPG

ノビタキは、雌雄一羽ずつ観察。

2016017b.JPG

2016017c.JPG

例年のこの時期なら、戦場ヶ原でノビタキは多数観察できるはずですが
今年はその数が激減したなと感じます。
どうしてしまったのだろうと思っていると、一匹のニホンザルが先程まで
ノビタキが囀っていた枯れ木に寄り添っていました。

2016017d.JPG

此処は赤沼からそう遠くない戦場ヶ原の湿原。
こうした湿原内に猿が入り込んでいるのは初めて目撃しました。
猿は木に登りますし、ノビタキを始め他の鳥達の巣の卵や雛が
襲われる可能性は十分考えられます。
(ライチョウ雛もニホンザルに襲われていましたし)

湯元温泉付近でも確実に猿は増えていると実感しますし、鹿同様に
増え過ぎてしまった猿対策も必要なのかもしれません。

その後、木道を歩いていると以前ミソサザイを目撃した付近で似たような
囀りが聞こえてきました。でも、ミソッチよりは少々優しい囀りのような・・・。
見上げた木の天辺で鳴いていたのは、ビンズイでした。

2016017e.JPG

ビンズイはなかなか元気な声で囀るのですね。
更に先に進むと、木道沿いの川で鴨が泳いでいます。

2016017f.JPG

オシドリのようですが、冬に見る姿とは異なります。

2016017g.JPG

一瞬雌かなと思ったのですが、これは幼鳥なのでしょうか。
こんな外見のオシドリは初めて見ました。

その後、光徳までバスで行き其方で観察したのはいつもの鳥達。

まずはゴジュウカラ。

2016017h.JPG

キビタキは6月に来た時よりかなりその数が減りました。
ようやく撮影できたのは光徳牧場付近のこの一羽だけ。

2016017i.JPG

盛夏の日差しを浴びたキセキレイが眩しかったです。

2016017j.JPG

今回の奥日光探鳥はこれでおしまいです。
ムシクイ類を観察することは残念ながら出来ませんでしたが
思いがけずアナグマに遭遇したり、夏のオシドリを観察できる等
嬉しい出会いもありました。

彼の地はこれから8月末まで多くの家族連れで賑わうでしょうから
9月になり静かになった頃、また訪れてみたいと思います。
(2016年7月初旬の奥日光探鳥・おわり)

・撮影日:7月10日
nice!(15)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年7月初旬の奥日光探鳥 ~その2~ [探鳥]

7月初旬の奥日光探鳥旅、二日目朝は鳥の囀りで目覚めました。
早朝に温泉に浸かり、熊鈴を付け、宿で作っていただいたお弁当を持って
出発します。

今月に入り熊目撃情報が相次いでおり、早朝等人の少ない時間は特に
注意が必要です。

20160716a.JPG

今日は湯滝から戦場ヶ原へ向かいます。
前回此処に来た時は、コマドリ狙いもあってか早朝から沢山の
カメラマンを見掛けましたが、前日土曜は雨天、また夏鳥飛来のピークが
過ぎたせいか、とても人の少ない静かな日曜朝でした。

そんな中、木道の足元で咲いていたのはショウキランです。

20160716b.JPG

戦場ヶ原では、ハクサンフウロが見頃です。

20160716ll.JPG

アザミも綺麗でした。

20160716f.JPG

ミソサザイも元気に囀ります。

20160716c.JPG

赤い実を美味しそうに食べていたコガラ。

20160716d.JPG

こちらは、アオジの幼鳥でしょうか・・・?

20160716e.JPG

遠くの木の枝で独特の声で鳴いていたのはアカハラのようです。
長い間この場所で囀っていました。

20160716g.JPG

アオジが何か虫を捕らえました。

20160716h.JPG

20160716i.JPG

トンボと目が合ったのでしょうか・・・?

20160716l.JPG

ビンズイが良い所へ出てきてくれました。

20160716j.JPG

20160716k.JPG

そして、ビンズイ、アオジ、更にホオアカの成鳥を目撃したすぐ傍で
小さく鳴いていたのはこの個体。

20160716m.JPG

何かの幼鳥かと思われますが、ホオアカなのかビンズイなのか、それとも
アオジなのか・・・親が近くに来ないかなと待っていましたが、先にこの幼鳥が
飛んで行きました。

20160716n.JPG

人の少ない戦場ヶ原でお弁当を食べ、探鳥を続けます。
(その3へ続く)

・撮影日:7月10日

nice!(9)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
メッセージを送る